最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

8月の話題・行事・イベント 二十四節気 季節の話題(夏) 暮らし・生活

立秋・処暑とは。意味や由来は?二十四節気の1つ、日を追うごとに秋の気配…

更新日:

こんにちは。今回は立秋と処暑についてご紹介します。

世間的には夏休み真っ最中という時期で、

街は若者が多くて全体的に浮き足立っている印象がありますね(偏見)。

 

立秋(りっしゅう)とは

二十四節気の13番目、暦の上での秋の始まりです。

日を追うごとに秋の気配を感じるようになる・・・ということです。

 

暑さがピークを迎える反面、

徐々に弱まってくるという意味では間違いではないのかも知れませんが、

やはり暑いものは暑く、秋の気配を感じる余裕もないのが正直なところですね。

 

なお、気象庁では天候経過と1週間先までの見通しをもとに梅雨入りと梅雨明けを発表しています。

梅雨が長引いて、立秋までに梅雨が明けない場合は「梅雨明けなし」ということになるそうです。

東北地方などで「梅雨明けなし」というケースが稀にみられます。

 

立秋の意味・由来・いつ

立秋の意味としては、朝夕が涼しくなり秋の気配が立つ日という意味だそうです。

大暑から約15日後で、8月8日頃からの15日間の期間および、特にその初日をさします。

 

この日から暑中見舞いではなく、残暑見舞いになりますので気をつけましょう。

 

ちょうど、この頃から全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)が開催されるので

結びつけて覚えている人もいるかも知れませんね。

立秋の日にちや詳細はこちら

 

この時期は、こちらの記事がよく読まれています。

「お盆玉」とは?由来や相場は?

新盆(初盆)の時期、お供え物や服装は?香典やお布施の金額は?

土用とは?土用の丑の日のうなぎを食べる日だけと思ってないですか!?

蚊に刺されたらなぜかゆい?かゆみを止める、抑える方法や対策は?

夏日と真夏日、猛暑日と酷暑日 、熱帯夜の違いって何?

子供と踊ろう!子ども向けの盆踊り曲とは!

 

SPONSORED LINK
 

処暑(しょしょ)とは

二十四節気の14番目にあたる、8月後半の時期です。

厳しい暑さがピークを過ぎ、朝夕は涼しい風が吹き、

山間部では早朝に白い朝露があらわれ秋の気配が見え始めます。

萩の花が咲き、穀物が実る頃でもあります。

 

空には入道雲と巻雲や鰯雲が一緒に見えることがあり、

こうした夏の暑気と秋の冷気が入り交じった空のことを

「行合いの空(ゆきあいのそら)」といいます。

 

二つの季節を同時に感じることができ、

風情のある空として見る人の目を楽しませてくれます。

 

処暑には秋祭りが開催されるようになる他、夕涼みなど納涼行事が行われますが、

夕涼みは江戸時代から屋形船に乗ったり、

河原を利用して床を設けた河原床など様々な工夫を凝らして楽しまれてきたようです。

また、この時期から本格的な台風のシーズンに入ってきます。

 

処暑の意味・由来・いつ

処暑は暑さが和らぐという意味です。

立秋から15日後で、8月23日頃からの15日間の期間および特にその初日をさします。

処暑の日にちや詳細はこちら

 

この時期は、こちらの記事がよく読まれています。

防災の日とは?防災用品におすすめ防災グッズセットと非常食

二百十日とはいつ?意味や由来は

重陽の節句とはいつ?菊の節句の食べ物は?

秋の七草とは秋の花の代表!覚え方は?

社日とはいつ?意味や由来は?

彼岸とはいつ?彼岸の意味や由来は。

中秋の名月はいつ?由来や食べ物は

 

次の二十四節気はこちら

白露・秋分とはいつ?

 

「二十四節気とは?意味や使い方、二十四節気一覧」

http://netwadai.com/blog/post-1054/

 

ということで、立秋および処暑について簡単に説明しました。

立秋などと言っても日本ではむしろ最も暑い時期にあたりますので、夏バテや食中毒に注意しましょう。

スポンサードリンク

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-8月の話題・行事・イベント, 二十四節気, 季節の話題(夏), 暮らし・生活

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.