最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

02018年イベント 10月の話題・行事・イベント お祭り 季節の話題(秋)

新居浜太鼓祭り2018年の日程は?見所はかきくらべ・鉢合わせ!四国三大祭り

更新日:

秋祭りは数あれど、地元の祭り以外のお祭りに参加した事がない・・

というかたも多いのではないでしょうか。

 

日本全国の祭りはそれぞれ個性的で素晴らしいものです。

今年は少し足を伸ばしてみませんか?

本日は愛媛県新居浜市で行われる新居浜太鼓祭りをご紹介します。

 

新居浜太鼓祭りとは

愛媛県新居浜市を代表する秋祭りで、徳島の阿波踊り

高知のよさこい祭りと並び、四国三大祭りとして広く知られる祭りです。

 

毎年10月16日から18日にかけての3日間開催され、

祭りのメインは50台もの金糸銀糸に彩られた絢爛豪華な太鼓台の練り歩きです。

 

新居浜の太鼓台(山車)は巨大で豪華。

高さ約5.4メートル、長さ約11メートル、重さ約2.5トンにもなる太鼓台を

総勢150人ほどの「かき夫」と呼ばれる担ぎ手が担ぎます。

一部地域では10月15日から10月17日、10月第3週に開催する地域もあります。

SPONSORED LINK
 

特徴・見どころ

◎かきくらべ

新居浜太鼓祭りの最大の見どころ、それは「かきくらべ」です。

通常太鼓台は車輪をつけて運行されていますが、

この「かきくらべ」の際は車輪を外し、

重さ約2.5トンの太鼓台を150人のかき夫の力だけで担ぎあげます。

 

「かきくらべ」では太鼓台を天高く担ぎ上げる「さしあげ」や房の割れ方の見事さ、

地面におろさずに担ぎ上げている時間を競うパフォーマンスを行います。

 

新居浜太鼓祭りは男祭りであり、主に男性のみが祭りに参加しますが、

男たちの意地のぶつかり合いが見どころでもあります。

 

◎喧嘩(鉢合わせ)

新居浜太鼓祭りの見せ場でもあり、問題点にもなっているのがこの喧嘩(鉢合わせ)です。

太鼓台同士をぶつけ合う危険な鉢合わせは、近年エスカレートしており、

祭りを盛り上げようとする演出や、一部のかき夫の暴走など、様々な理由で行われています。

 

警察官との衝突や死亡事故などにも発展する鉢合わせは非合法の行為であり、

主催者サイドは「平和運行」をスローガンに掲げ喧嘩行為の排除運動をすすめていますが、

毎年のように鉢合わせ行為は行われ、多くのけが人・逮捕者を出しています。

 

しかし、迫力のある鉢合わせ行為は観客の楽しみでもあり、

祭りを楽しむという観点においては無益とも言えません。

喧嘩とは切り離し、ルールに則った行事として取り組めないか、という声も多く出ています。

 

新居浜太鼓祭り基本情報

開催日時:2018年10月16日・17日・18日

開催場所:愛媛県新居浜市

有料観覧席:有り「一宮の杜ミュージアム」

※16日~18日のみの設定です

前売り券:2,000〜3,000円(税込)

当日券:2,200〜3,300円(税込)

TEL:0897-37-1123

(一宮の杜ミュージアム事務局/日・祝定休)

アクセス:(電車でお越しの場合)

JR予讃線「新居浜」駅より徒歩やく10分

(車でお越しの場合)

松山自動車道新居浜ICより約10分

  • 会場周辺、車両交通規制有り

 

この秋は、勇壮な男たちの祭りを体感しに、新居浜へいらしてみませんか?

スポンサードリンク

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-02018年イベント, 10月の話題・行事・イベント, お祭り, 季節の話題(秋)

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.