最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

10月の話題・行事・イベント 11月の話題・行事・イベント 季節の話題(秋) 暮らし・生活

小春日和とはいつ?春と思っていると、使い方間違ってるかも!?

更新日:

夏も過ぎ、少しずつというよりは割とはっきりと涼しくなってきましたね。

最近は9月でも残暑で暑い日が続き、夏が全然終わらないという印象でしたが今年はずいぶんと涼しくて快適です。

さて、今回はその秋の気候について簡単にまとめてみました。

 

小春日和とは

ではよく聞く「小春日和」とは何なのでしょうか。

 

小春日和というのは春先の気持ちいい天気のことではなく、旧暦でいうところの10月にあたる時期です。

つまりはだいたい11月くらいのことで晩秋の天候を指す言葉なのです。

 

「小春」という単語から春を想像してしまいがちですが、それは違います。

甘い罠ですので気をつけてください。

 

で、実際どのような日和かというと、晩秋から初冬にかけての穏やかな暖かい天候のことです。

 

この時期、日本列島が移動性高気圧におおわれたときに、小春日和のような暖かい日になります。

 

晩秋に冬型の気圧配置の影響で木枯らしが吹いた後、この冬型の気圧配置がゆるむ事で穏やかさ暖かさを実感できるということです。

SPONSORED LINK
 

晩秋とは

小春日和の始まりである晩秋とは何でしょうか。

読んで字の如し、秋の終わり頃のことです。

 

11月から12月初めころのことを指し、

24節では寒露(10月8日頃)から立冬の前日(11月8日頃)までの期間となります。

 

24節気は旧暦なので現在使用されている太陽暦での日にちは毎年変わりますが、だいたいこのくらいの時期ということです。

 

秋晴れとは

小春日和のことはわかりました。

ではこれもよく聞く言葉、「秋晴れ」

これはどのような天候をさすのでしょうか。

 

秋晴れというのは、「秋日和」とも言われる秋特有の澄み切った晴天のこです。

 

日本が移動性高気圧におおわれて、空気が乾燥してとてもさわやかで過ごしやすい状態になるのです。

 

まず、低気圧が通過する際の秋雨が大気中のチリやゴミを落としてくれます。

 

そしてそのあとに入ってくる高気圧によって乾燥した空気が流れ込み、雲の少ないとても澄んだ青空が広がります。

 

ただ残念なことに、移動性高気圧が去るとまたすぐに前線や低気圧が入ってくるので、この晴天も長続きはしません。

 

だいたい3日から4日程度で天気が周期的に変化するということです。

 

 

以上、晩秋、小春日和、秋晴れについて簡単に調べてみました。

 

秋晴れ、小春日和などのこれからの季節、散歩しても気持ちがいいですし、ちょっと良い服を着ての町歩きに繰り出したり、気の置けない仲間とピクニックに出かけたりするのもアリじゃないでしょうか。

 

暑い時期も過ぎましたし、汗をかく心配もなくオシャレし放題ですね。

これからの季節、まさしく秋晴れ・小春日和という

言葉通りの過ごしやすさとなってきますが、何しろ体調を崩さないように注意してください。

 

この時期は、こちらの記事がよく読まれています。

出雲大社が縁結びで有名な理由とは!10月はどうして神無月

晩秋?小春日和?秋晴れとは?意味や時期は

秋の七草とは秋の花の代表!覚え方は?

七五三とは?意味や由来は?男の子と女の子の年齢は何歳?

さつまいもの由来、お菓子や焼き芋にあう種類は?

ボジョレーヌーボーの解禁日!どうして解禁日が11月の第三木曜日

文化の日とはいつ?由来や意味は?意外に知らない「明治節」!?

十六夜とはいつ?意味や由来や読み方は?月待ち講とは?

十三夜の月とはいつ?意味や由来は?栗名月・豆名月の別名も

スポンサードリンク

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-10月の話題・行事・イベント, 11月の話題・行事・イベント, 季節の話題(秋), 暮らし・生活

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.