最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

02109年イベント 1月の話題・行事・イベント 出雲大社行事・イベント 季節の話題(冬)

出雲大社初詣2019年混雑予想と参拝者数。期間と時間、駐車場は

更新日:

ご利益祈願!お正月の出雲大社は?

出雲大社といえば皆さんもご存知のように、日本でも長い歴史を持つ伝統ある神社とされていますよね。

特に出雲大社は10月の神無月の頃は全国の神様が出雲大社に集まるとされており、全国の神様の御利益ご縁を授かることができる場所ともされています。

 

そのような神聖的な神社の出雲大社ですが、そのような様々なご利益を授かろうと全国から参拝に訪れる人が多いです。

日本では特に普段の日常生活では神社に参拝をしに行くことは少ないと思いますが、お正月の初詣や受験、何かお願いしたいことがあれば神様にお願い、祈願するために訪れる人も多いと思います。

 

その中でも出雲大社に一番人が訪れるといっても過言ではないのがやはり「初詣」です。

初詣といったら大晦日をはじめ、元旦、三が日、お正月休みまでに各地域の神社に訪れる方が多いですが、全国からわざわざ出雲大社の御利益を授かるために訪れる人もいます。

 

そこでぜひ皆様にも出雲大社の魅力、初詣状況を知っていただきたいので出雲大社の初詣事情についてご紹介したいと思います。

 

出雲大社の御利益はどのようなご利益がある?

まず、初詣の前に出雲大社について少しばかりご紹介したと思います。

出雲大社は日本神話にも登場するほどの歴史ある神社であり、大黒天とされる大国主大神を祭っている神社とされています。

さらには大国主大神だけでなく、因幡の白兎の話も有名かと思います。

 

ご存知のように出雲大社は島根県の出雲市にあります。

この出雲大社ですが、大黒天である大国主大神を祭っているとだけあって、五穀豊穣だけでなく、商売繫盛などのご利益があるとともに、最近ニュースや本でも取り上げられているように、良縁を運ぶ、縁結びの効果が期待できる神社とも知らされています。

 

さらに最近では、縁結びや五穀豊穣だけでなく、出雲大社ならではの神秘的、神聖的な空間、雰囲気からパワースポットの一つとしてや、聖地巡礼地の一つとしても挙げられています。

 

初詣だけでなく、ぜひ出雲大社に訪れることができる方は様々なご利益と共に神聖な雰囲気、オーラを楽しむことができますので、訪れて頂けたらと思います。

 

SPONSORED LINK
 

出雲大社の2019年初詣

では、実際に多くのご利益があるとされる出雲大社の初詣事情についてご紹介したいと思います。

出雲大社の初詣の期間とされているのが大晦日である12月31日をはじめとし、1月5日までが主に「初詣」とされています。

初詣には交通規制があるほど多くの参拝客が訪れるとされ、混雑の時間帯だと、前に進むだけでもかなりの時間を有すほどの人気となっています。

このことからもわかるように、1年の始まりの日を出雲大社で迎えることによって良縁などのご利益を授かろうとする人が多いということが分かります。

 

 

出雲大社での初詣の時間はいつからいつまで?

出雲大社の初詣の時間ですが、出雲大社での初詣の営業時間は次のようになっています。

○12月31日(大晦日)6時半から終日

○1月1日(元旦)0時から20時

○1月2日6時半から20時

○1月3日6時半から20時

○1月4日6時半から20時

○1月5日6時半から20時

上記の通りとなっています。

 

この中でも混みやすい時間はやはりお昼時で、10時過ぎから13時前後まではやはりピークといってもいいほどの混雑状況といっても過言ではありません。

 

実は初詣の時以外の普段の日常でも出雲大社の営業時間は6時半から20時までとなっていますので、大晦日から元旦にかけてだけ長く開いていると覚えておいていただけたらと思います。

 

出雲大社 初詣の参拝者数

出雲大社でのご利益を1年の初めとして初詣に訪れる人が多いですが、出雲大社への初詣の参拝者人数はおよそ60万人と言われています。

 

この60万という数字からもその凄さは分かると思いますが、東京ドームでもおよそ5万5千人、日本武道館でも1万5千人しか入らないため、このことを考えるだけでも物凄い人数が参拝客として訪れているということが分かるかと思います。

 

出雲大社 初詣の混雑予想

出雲大社での初詣の混雑予想ですが、先ほどもご紹介したように、元旦や三が日、5日までの間はやはり皆さんが外に出かけやすいお昼時が一番混雑すると思われます。

 

混雑状況「夜」

夜の場合混雑すると考えられるのはやはり大晦日です。

大晦日の間ではお寺に除夜の鐘を家に行く人もいるように夜中に外に出る人も多く、出雲大社にも参拝、初詣のために訪れる人が多いです。

そのため、大晦日の夜や元旦の夜は大変混雑すると思いますが、この期間内に行かれる方は怪我の無いようにご注意ください。

 

混雑状況「早朝」

一方、早朝での出雲大社の混雑状況はほとんどないとされ、6時半などの時間に訪れると、早朝であることからまだあまり人がいないです。

さすがに元旦は他の日よりかは多くの参拝客がいますが、他の時間帯と比べると全然少ない方とされています。

そのため、早起きできる方は出雲大社に初詣しようと考えている場合にはお勧めの時間帯とも言えます。

 

出雲大社 初詣 交通規制

出雲大社では60万人ほどの参拝客が訪れると共に、全国各地から訪れる人が多いため、交通規制がかかります。

 

時間帯で日付、時間帯でご紹介すると次のようになります。

○12月31日(大晦日)20時から翌日4時まで

○1月1日(元旦)9時から16時

○1月2日10時から16時

○1月3日10時から16時

上記の時間帯が交通規制にかかっています。

 

特に一番避けたいところが大晦日で、大晦日に初詣の参拝目的にて車で出雲大社に訪れる人はかなりいます。

そのため、出雲大社付近では交通規制にかかって渋滞になっていることが多く、出雲大社での年越しではなく、車内での年越しをしたという人も多いです。

そのため、どうしても出雲大社で年越しをしたいという人以外は別の時間帯に初詣に訪れることをお勧めします。

 

出雲大社の駐車場

出雲大社での駐車場はもちろん解放されています。

しかし、ご紹介していることからもわかるように、全国から車で来る人も多いため、出雲大社が用意している駐車場でもすぐに満杯になってしまいます。

 

出雲大社での初詣の参拝客を見越して、少し離れた近くの公共施設でもお正月の三が日まで臨時駐車場として開放されています。

臨時駐車場として開放される場所は主に雲州平田駅で325台、大津町駅130台となっています。

 

この他にも多数臨時駐車場が解放されていますので、臨時駐車場もご利用いただけたらと思います。

無料駐車場だけでなく有料駐車場でもいっぱいになっていますのでお越しの際は交通状況、駐車場状況を確認してから訪れることをお勧めします。

出雲大社.島根県出雲市大社町杵築東195

出雲大社 初詣の屋台

出雲大社では初詣の際にはかなりの屋台が並ぶのでグルメな方も多く訪れます。

 

特に出雲大社では初詣の際には行事、お祭りが行われ、大晦日の除夜祭をはじめ、元旦の御飯供祭、3日福迎祭や5日の説教始祭などのお祭り、行事が開かれます。

 

このことからも出雲大社は大盛り上がりとなっており、初詣だけでなく、その雰囲気も堪能することができるのも出雲大社での初詣の楽しみ方の一つとも言えます。

島根県ならではの名産品も食べれますので、ぜひ初詣時の屋台でも満喫していただけたらと思います。

 

こちらの初詣の動画は、出雲大社駅前からの道と、参拝までの流れが映してありますので、出雲大社の混雑具合や雰囲気がわかりやすいです。

 

まとめ:混雑時間を把握して出雲大社へ初詣!

出雲大社での初詣についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

出雲大社では初詣で訪れる人は多くいますが、年末年始とあってまだ外はかなり冷え込む季節となっています。

そのため、出雲大社で初詣に行く際はくれぐれも暖かい格好、服装をして参拝をするようにしてください。

出雲大社が縁結びで有名な理由とは!お守りや参拝方法は

出雲大社のお守りの種類や効果、期間は

出雲大社神在月・神在祭の日程と内容

出雲大社の御朱印帳。種類やオリジナル限定品

 

スポンサードリンク

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-02109年イベント, 1月の話題・行事・イベント, 出雲大社行事・イベント, 季節の話題(冬)

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.