最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

3月の話題・行事・イベント 五節句 子育て・子供 季節の話題(冬) 季節の話題(春) 年中行事

雛人形の由来や価格・収納方法・意味・処分方法などの紹介。

更新日:

日本の四季を彩る行事といえばいくつもありますが、

春となれば桃の節句、雛祭りが代表的ですね。

桃の節句:上巳(じょうし)の節句とはいつ?意味や由来は?

 

雛祭りといえば雛人形なくして語れません。

そこで今回は雛人形についてのあれこれを調べてみました。

 

雛人形の由来

そもそも雛祭りは、五節句のひとつで中国から伝わった行事です。

元々中国では3月の最初の巳の日に水で体を清めて役を払う風習がありました。

 

この風習が日本に古代からあった人形(ヒトガタ)に厄を移す風習と一体化し、

平安時代には祈祷師がこの人形をなでて厄を移し

供物をそなえて水に流す祭りが行われていました。

 

この頃、「ひいな遊び」という紙の人形と家具に見立てて作ったおもちゃをつかったままごとが

上流階級の女子で流行っていたそうで、これらが一緒くたになって後の雛祭りとなったようです。

 

その後も変遷し、室町時代になる頃には3月3日が雛祭りの日と定まり、

さらに江戸時代には雛祭りが庶民にも広がっていきました。

 

肝心の雛人形、江戸時代初期には内裏と雛の一対のみだったものが、

江戸中期になると段飾りがあらわれるようになり、

三人官女などの他の人形や道具類も増えていきました。

 

江戸時代は雛祭りは宮中行事にもなっていましたし、幕府の大奥でも行われていたらしく、

豪華さを競うようになっていてまさしく雛人形の過渡期であったようです。

 

雛人形の価格帯

ではこの雛人形、そろえるのにどのくらいの金額が必要なのでしょうか。

ひな人形セット(楽天)

もちろんピンからキリまでありますが。

 

一般的には5~10万円程度だそうです。

親王飾りでは7~8万、

収納飾りの5人タイプでは10~15万円くらいを考えたらいいとのことです。

 

人形そのものの作りも考慮しはじめると20万円以上になっていきます。

人形の顔、スペースなどで選ぶことになると思いますが、そこは予算と合わせて考えていきましょう。

 

毎年少しずつそろえていくという裏技的な手法もあるそうです。

 

収納方法

次は雛人形の収納について紹介します。

 

収納のポイントとしては、まず人形の顔に直接手を触れないようにしましょう。

手の脂や指紋がついてしまわないように気をつけてください。

 

しまう順序としては、最初に人形を出した順番を逆にしていけば大丈夫です。

 

つまり、初めて飾った時の順番をどこかに記録しておいた方がいいということですね。

 

では実際の作業を説明します。

まず最初に、毛ばたきなどで人形についたほこりを落とします。

 

次に、人形の持ち物を無くさないようにまとめて袋等に入れておきましょう。

段ごとに小分けにしておくと、次に飾る時に便利です。

人形本体は綿や柔らかい布で包んでしまいます。

髪や着物を乱さないように包んであげましょう。

 

最後に、箱に収めるときは隙間に柔らかい紙を丸めて詰めて、

動かした時に箱の中で人形同士がぶつかったりしないようにしましょう。

 

防虫剤は店で指定されたものを使うか、人形専用とされているものを使用し、

直接人形に触れないようにしましょう。

 

収納場所としては乾燥しすぎたり、湿気の多い場所は避け、

風通しがよく寒暖の差が少なく直射日光の当たらない場所・・・

押し入れ上段や天袋などがいいでしょう。

 

 

雛祭りが終わったらもちろんすぐに片付けるのですが、

天気の悪い日は湿気が多いのでカビの原因になります。

雛祭り後の、晴れて乾燥した日にしまいましょう。

 

よく雛人形をしまい忘れると行き遅れるなどと言われますが、迷信です。

「用が済んだものはすぐに片付ける」という躾の話だという説もありますので、

あまり気にしなくて大丈夫でしょう。

SPONSORED LINK
 

処分方法

最後に雛人形の供養方法をご紹介します。

別段特別なことはなく、普通の人形の供養と同様、寺社で供養していただきましょう。

 

専門的に人形供養をされている寺社もありますが、

自分が入っている寺社で供養してもらえるようです。

 

何か疑問点などがあれば人形店に問い合わせれば答えてもらえるそうです。

役目を終えられた雛人形は手厚く供養してあげてください。

 

 

 

ということで雛人形の意味や収納方法、処分方法までご紹介しました。

 

現代では雛人形もかなり様変わりし、

キャラクターものの雛人形やヘアスタイルまでも現代風のものまであるそうです。

 

しかし雛人形は子供の成長を願って飾るものであることは変わらないと思いますので、

お子さん同様しっかり面倒をみてあげてください。

 

五節句については

人日(じんじつ)の節句とは?意味や由来は?

上巳(じょうし)の節句とはいつ?意味や由来は?

端午(たんご)の節句とはいつ?意味や由来は?

七夕(しちせき)の節句とはいつ?意味や由来は?

重陽(ちょうよう)の節句とはいつ?由来や食べ物は

節句にまつわる事項

春の七草とは?覚え方は?春の七草粥を食べる日はいつ?七草の意味や由来や種類

雛人形の由来や価格・収納方法・意味・処分方法

ひな祭りとはいつ?ひなまつりの食べ物や意味・由来は?

初節句、男の子女の子はいつ?お祝いの相場の金額は?

鯉のぼりを出す時期、しまう時期は?由来や吹流しの意味は?

スポンサードリンク

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-3月の話題・行事・イベント, 五節句, 子育て・子供, 季節の話題(冬), 季節の話題(春), 年中行事

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.