最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

インフルエンザ 健康・医療 季節の話題(冬)

インフルエンザ予防接種の副作用「副反応」。こんな症状には注意!症状が出たときの対処法

更新日:

寒い日が続いていますが、風邪などお召しになっていないでしょうか?

特にインフルエンザも流行る時期ですので、体調管理にはくれぐれも気をつけて下さい。

 

しかし自分がどれほど気を使っても、ストレスもありますし、図らずも他人様からいただきものをする場合もあります。

 

そんな時を見越して毎年インフルエンザの予防接種を受けるという方もいらっしゃいますね。

逆に、ワクチンの副作用が怖いとおっしゃる方もいます。

 

そこで今回はインフルエンザ予防接種を受けた際の副作用についてご説明します。

 

スポンサードリンク

インフルエンザ予防接種の副作用とは

まず、病気をした時に薬を飲みます。

この時に本来の目的ではない作用が出ることがあります。

これを副作用といいます。

 

しかしワクチンでは、投与物質の化学的な作用を期待するわけではなく、投与した物質に対する免疫反応を目的としています。

 

この場合、免疫付与以外の反応も化学的作用ではなく免疫学的作用によって起こるものが多いとされているため、ワクチンによるこうした作用は「副作用」ではなく「副反応」と呼んでいます。

 

ということで、ここでは副作用ではなく副反応という言葉を使用します。

 

インフルエンザワクチン投与による副反応としては、頻度の高いものとして全身性の反応では発熱や頭痛、悪寒、倦怠感が見られるほか、まれにアレルギー反応(発疹、発赤など)がみられます。

 

接種局所の発赤や腫脹などは接種を受けた人の10~20%に起こるそうですが、これらは通常2~3日で消失します。

 

こうした反応は身体がちゃんと応答しているという証拠ですので、あまり気にしないようにしましょう。

ただし、もちろん注意すべき状況というのはあります。

 

スポンサードリンク

こんな症状には注意

副反応には、全身蕁麻疹やアナフィラキシーといった即時性全身反応、脳炎・脳症、痙攣、運動障害、発疹、39度以上の発熱、局所の腫脹(炎症による腫れで肘を超えるような広範囲にわたるもの)、ギランバレー症候群といったものも見られます。

SPONSORED LINK

 

また、現在のインフルエンザワクチンは鶏卵から作られているので、卵アレルギーの方は注意する必要があります。

 

過去に実際、卵でアナフィラキシーを起こしたことがある人はインフルエンザ予防接種を控えた方がいいでしょう。

 

それでも予防接種を受けたいという人は医師に相談しましょう。

 

ただ、他の重篤な副反応は非常に頻度が低く、平成18年度の予防接種後副反応報告書集計報告を例にすると、

ワクチン接種者1300万人のうち25例の報告があり、頻度としては50万人に1人程度だということです。

(この25例はすべて高齢者で他にも疾病を持つ患者もおり、ワクチン接種との関連性は曖昧)。

 

症状が出たときの対処

しかし、こうした神経症状やアナフィラキシーなどの症状が出た場合は、早く病院にいきましょう。

さすがに一般家庭ではどうすることもできないでしょう。

 

以上、今回はインフルエンザ予防接種による副作用についてご説明しました。

この時期、大事な仕事や受験などでどんなに体調が悪くても休むことができない状況になってしまうことがあると思います。

 

そんなことにならないためのインフルエンザ予防接種、ということではありませんのでくれぐれもご注意を。

 

わずらってしまったらちゃんと休みましょう。

インフルエンザ予防接種は感染を防ぐものではなく、発症や重症化を防ぐためのものです。

予防接種をした上でインフルエンザに罹っても「ワクチン効かなかった」とは思わずに、「ワクチン打ったからこの程度で済んだ」と思うようにましょう。

 

インフルエンザ関連の記事はこちら

インフルエンザの出勤停止期間はどのくらい?学校の出席停止期間は

インフルエンザ対策4方法。免疫力アップ・抗体・ウイルスの除去が肝

インフルエンザ予防接種の副作用「副反応」。こんな症状には注意!

インフルエンザの症状や時期は?予防法には予防接種が有効!

インフルエンザ学級閉鎖基準とは?

風邪に効く食べ物・果物15選。免疫力を上げるのがポイント!

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-インフルエンザ, 健康・医療, 季節の話題(冬)

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.