最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

ビジネス

リクルートエージェントの口コミ・評判。本気で転職ならここ!

更新日:

はじめに

私は大学を卒業してから17年間、製造メーカの技術部にて働き続けました。

数年前より課長への道が示され、現場での仕事を続けたい私の葛藤が始まりました。

課長になると、現場から離れ、人や製品のマネージメントがメインの仕事になります。

技術者の私にとっては現場が第一で数々の苦労を乗り越えて製品開発を完了させることが大きな喜びでした。

課長職になれば、それはそれで楽しみがあるのかもしれませんが、すでに多くの課長を見てきましたが、技術者の私には全く魅力的にはうつりませんでした。

直属の上司になる部長より、課長になってもしばらくは現場での開発業務に携われるようにすると言われていました。

しかし、部長が代わることになり、新しい部長とも議論しましたが、結果的には現場での開発を継続するのが困難になりました。

そこで「転職」を考え始めたのです。

 

すでに40歳を超えていましたがインターネットで、まだまだ需要がある年齢ということを知り、どこかいいところがあれば転職も考えようと転職活動を始めました。

4つの転職サイトに個人情報と希望する業態、職種などを登録しました。

毎日大量のスカウトメールをいただき、一つ一つ吟味、回答連絡をしていました。

そして、スカウトメールをくれたエージェントの一つがリクルートエージェントでした。

 

最初は多数あるエージェントの一つという感覚でしたが、担当者との連絡を取り合っているうちに、情報量の多さや紹介企業のバリエーションの広さ、こちらの要望に対するレスポンスの速さなどが突出していることに気が付き、リクルートエージェントの担当者と会ってみることにしました。

私自身は、まずはあって話をして信頼できそうな人にお願いしたいと思っていたので、まずは会うことを重要と考えていました。

一応4社のエージェントと面談しましたが、やはり若い社員ながらもわからないことはすぐに調べて折り返し連絡をくれるし、紹介企業数が多く、地方にも強いという点でリクルートエージェントを選ぶことにしました。

 

複数のエージェントを使って平行して転職活動をできるほど器用ではないと思っていたので、紹介企業の多さ、必要ならばこちらの要望する企業に転職枠をとりにいくというたくましい言葉が一番の決め手でした。

リクルートエージェントに決めてからは、ほとんど毎日のように電話での連絡をとりあいました。

紹介してもらった企業に対する質問に対しても翌日には回答をもらえ、そのレスポンスの速さには驚くとともに信頼度が高くなったのです。

 

私には転職エージェントを使うなら「リクルートエージェント」で決まりなのですが、他の方にもアンケートを取ってみましたので、詳しく見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

リクルートエージェントの口コミ・評判

リクルートエージェントの体験者10人にアンケートをとりました。

リクルートエージェントの使い方についてコツも合わせて聞いていますので、登録する際に参考になるでしょう。

 

●ペンネーム: 朝がつらい

求人については、他のマイナビやdodaには無かった名の通っている企業の求人が多く掲載されているかと思います。

また、同じ求人があったとしても、どこよりも先に掲載されいる印象です。

スッタフについては、一番はじめの面談の時にやりたいことを聞いてもらえるのは当然ですが、大学時代や自分の仕事内容などから、いまままで自分が考えていなかった転職先や仕事内容をオススメしてもらえたのが良かっです。

自分がやりたいやおすすめしてくれた仕事内容から外れない、求人のみ連絡をもらえるので、余計な求人を見る手間が省けるところも良かったと感じてます。

その他だと、ほぼ必ず面接前に連絡がきます。

その連絡では面接で聞かれる内容や、先方が重視している内容などを伝えてくれるので、面接対策ができところが良かったと感じてます。

面接後もどのような内容が聞かれてどのように答えたかを確認してくれる。

面接でうまく伝えられなかった内容や聞けなかった内容などを伝えると、先方にることのない求人に対してどの進めをしてくれるからまた、面接前に対策の電話や、面接時にうまく伝えられなかったことを先方に伝えてくれます。

まとめると、手厚いフォローと求人内容の点で利用していて良かったと感じてます。

 

◆リクルートエージェントの使い方のコツ

基本的に手厚いフォローをしてくれるので、例えば、契約社員での求人でも正社員の求人は無いかや、その他の仕事内容の求人は無いかなどの確認で連絡を入れてます。

また、自分が気になった求人に対してどれぐらい応募しているかを確認しています。

その他リクナビNEXTとも同じリクルートで提携しているので、リクナビNEXTで気になった求人などもエージェントに確認してます。

気になったことは、気を使わずどんどん聞くことが良いと思います。

●ペンネーム: ピピロン

リクルートエージェントを利用してみてよかった点は、サポート面での手厚さだと思います。

担当のキャリアコンサルタントの方に、希望する職種や、待遇面などについて、細かく伝えることにより、キャリアコンサルタントの方が希望に合った求人を厳選して紹介してくれるので、一から求人をみていかなければならないということがなく、特に、仕事をしながらの転職活動でもありましたので、すごく助かりましたし、仕事をしながらでもスムーズに転職活動ができたので、利用して良かったです。

また、私の担当のキャリアコンサルタントの方は、知識も豊富な方でしたので、求人票には載っていない情報というものを教えてくれました。

そのおかげで、会社の雰囲気などもなんとなくですが、イメージできたりしましたので良かったです。

また、面接においてのテクニックなどについて教えてもらうこともできましたので、不安なく面接に向かうことができましたのですごく助かりました。

リクルートエージェントは、求人の質も良かったと思います。

ですので、この会社良さそうだなという会社が何社も出てきましたので、面接も、気持ち的にすごく楽に臨むことができたので、内定も早くもらえました。

 

◆リクルートエージェントの使い方のコツ

リクルートエージェントを使う際のコツについて、何といってもキャリアコンサルタントと密に連絡を取ることだと思います。

キャリアコンサルタントに何回連絡しようが、料金はかからないわけですので、いかにキャリアコンサルタントの方と連絡を取り合って、自分の希望する会社に巡り会うのかということがカギになってくると思いますので、うまくキャリアコンサルタントとコミュニケーションを取るようにしていくことが、コツだと思います。

●ペンネーム: あい

まず、最初のキャリアカウンセリングがとても丁寧でした。

私の場合、電話でのカウンセリングだったので簡単に済まされるのではないかという不安がありましたが、そのようなことは全くなく、1時間30分程度の時間をかけて行ってくれました。

高校時代のエピソードまで堀りさげて聞いてくれ、聞かれたときは答えに困りましたが、それまでの人生を振り返ることができ、その後の転職活動に大いに役に立ちました。

初めての転職活動だったこともあり、自分ではカバーしきれなかったキャリアの棚卸や自己分析をしやすくしてくれ、このキャリアカウンセリングがなかったら転職は成功していなかったかもしれないと思えるほど、内容の濃いものでした。

また、転職について疑問や不安だらけでしたが、こちらの質問にもすべて丁寧に答えてくれ、不安を取り除いてくれました。

更に、求人数が圧倒的に多いところもよかったです。

条件を妥協したくなかったので、リクルートエージェントのもつ大手ならではの求人数はとても魅力的でした。

私の希望職種が少し特殊だったこともあり、他のエージェントではなかなか希望にあった求人を提案してもらえないこともあったので、幅広い求人に対応していることはリクルートエージェントの強みだと思いました。

 

◆リクルートエージェントの使い方のコツ

大手で力のあるエージェントなので、転職する際にはまず登録しておくとよいと思います。

求人数が多いので、他のエージェントに登録しながら求人数をカバーするという使い方がよいと思います。

また、大手だからこそ幅広い求職者を相手にしています。

確認事項などのメールや電話などの対応は、向こうからこまめに聞いてきてくれたりはしませんので、遠慮せずに自ら積極的に質問していく姿勢が大切だと思います。

面接対策にも強いので、ぜひ利用してみてください。

●ペンネーム: アラタ

良かった点はアドバイザーの方がしっかりしていて頼れる方だったことです。

私はハキハキした女性の方に対応して頂きましたが、こまめに連絡を下さり、信頼できる方でした。

HPを読んで応募企業の社風がどんな感じか気になったので質問したところ、即相手企業に聞いてくださってすぐに回答頂けました。

結果的には最終面接通過した企業にお断りする形になってしまったのですが、押し売りや文句を言われることもなく、きちんと対応頂けました。

電話&メールでフォローして頂けるので、仕事中電話に出れない時はメールで対応、後で掛け直す、など臨機応変に対応頂けて、私の場合は比較的密に連絡頂けていたかなと思います。

転職活動は始めてみないとわからないことも多く、また先が見えない状況も続きがちですが、そんな時こそアドバイザーの方の存在は想像以上に大きいです。

孤独な作業になりがちな転職活動も、アドバイザーの方次第で途中で心折れずに続けることが出来ます。

結果的に転職することになっても、やっぱりもう少し今の職場で経験を積むことになっても、アドバイザーの方の助言やフォローは今後の自分の仕事人生にも役立つので、今回私は良いアドバイザーの方に当たって良かったなと感じています。

機会があれば同じ方にもう一度お願いしたいです。

また大手ということで、求人数も多く、大手企業の求人も多数ありました。

私はアプリをダウンロードして使用していましたが、使い心地は中々良かったです。

 

◆リクルートエージェントの使い方のコツ

とにかくアドバイザーの方と密に連絡を取ることです。

相手の方も人間なので、連絡も中々取れない利用者より、連絡が密でしっかり対応できる利用者の方がより親身に対応したくなるでしょう。

ちょっとした確認事項や、困ったことなどあれば、まずは質問されることをおすすめします。

企業と利用者は直接やりとりはできないので、いかに間に入ってくれるアドバイザーに動いてもらうかが鍵になります。

なんでもかんでも頼りっぱなしは良くないですが、最低限しっかりとした信頼関係を築く方が転職活動もよりスムーズに進むのは明白です。

●ペンネーム: リクルートエージェントいい

リクルートエージェント利用してみて私が良かったと思ったのはここは求人の数が多いだけでなく、自分のプロフィールを企業がどれだけ興味を持って見てくれたが分かるようになっているのが良いと思いました。

それによって自分のプロフィールの書き方が悪くない事も確認できて便利で良いと思いました。

また、リクルートエージェントにある求人が私の経歴とマッチングしているかもこれでわかるというのも便利で良かったです。

さらに、ここを使って良かったと思ったのがスタッフの対応が思った以上に良いと感じたというのがありました。

自分がどういう希望を持っているかもしっかり聞いてくれたので安心して相談できました。

さすが転職サイトの大手という印象を受けました。あまり評判が良くないサイトを利用するとかなり嫌な態度をされる事もあったのですが、リクルートエージェントはそういう事もなくて良かったです。

しかもここは求人が多いだけでなく非公開求人も自分で探せるようになっているのが良いと思いました。

他の転職サイトでも非公開になっている求人がありますが自分で見れなかったりと意外と不便に感じる事が多かったのですが

リクルートエージェントは自分で自由に見れるのが良かったです。

 

◆リクルートエージェントの使い方のコツ

リクルートエージェントの使い方のコツは自分が転職で焦ってしまって精神的に参ってしまった時に使うのがおすすめです。

そうすれば面談で自分の転職の悩みもしっかり聞いてもらえるので、転職が上手くいかないと感じている時に使うのがおすすめです。

転職が上手くいかなくて転職の苦労を知っている人に自分の悩みをしっかり聞いてもらうのために使うのがおすすめです。

それで転職の成功率も上がるのでもっと落ち着いて転職活動をしたいと思った時に悩みを聞いてもらうくらいの気持ちで利用するのがコツです。

●ペンネーム: 就職のさなだ

先に地元の職安を数回利用したのですが、在職中だとなかなか通えず、やっと行けたところで有用な情報が得られずストレスが溜まっていました。

待たされるばかりで何も得ず帰る日々を振り返ってこれではダメだと想いました。

そこでパソコンで調べたらリクルートエージェントの存在を知ることができました。

私が転職活動で一番厄介と想っていたのは転職活動を行う時間の確保です。

在職中だった当時、リクルートエージェントのサポートを受けて、仕事以外の少ない時間でも転職活動にあてることができました。

わざわざ職安に出向きというあの移動時間をかけずに転職活動できるのは一番助かることでした。

スタッフは利用者一人ひとりを手厚くサポートしてくれます。

志望する職種に合わせて、転職サポートのプロの中でも、その職種に明るい方が担当してくれます。

専門知識を持っている人からのアドバイスであれば安心出来ます。

就職活動が久しぶりとなるので、意外なことに履歴書の作成や面接での受け答えをどうすれば良いか忘れていることがありました。

就職活動で基本となるそういった過程もリクルートエージェントで復習出来ます。

面接での受け答えについては、過去に実際に出た質問を上げるなどして丁寧に教えてくれました。

頼もしい優良サービスだと想います。

 

◆リクルートエージェントの使い方のコツ

リクルートエージェントは業界一の非公開求人を有しているサイトだと言われています。

これはインターネットで広く開示されていない情報です。

サイトに登録し、利用する過程でその人に公開されることがあります。

一般人では知りえないお得な求人情報を、リクルートエージェントを通じてだけ知ることが出来る。

これがまさにこのサイトの持つ強みと言えます。

非公開求人は積極的に活用していったほうがよいです。求人の数も多いです。

●ペンネーム: bebe

求人はある程度の量がありました、またサイト自体も比較的使いやすかったと思います。

求人に関しては、サイト上にたくさん求人を紹介してもらい、自分が気になる求人に対して応募するといったスタイルですが、大手企業や大手のグループ会社、大手の子会社といったレベルの求人も比較的あり、良質な求人であったと思います。

SPONSORED LINK

また実際に、気になる求人に応募して、書類選考も通過して、1次面接となった際には、企業の希望日と私の希望日を親切にマッチングしてもらいました。

(自分担当のエージェントではなく、その企業担当の別の担当の方?と思われる)

また、面接後にはアンケートのようなものがメールで送付されてきて、面接後の印象についての答えるといったものがあり、自身が本当に行きたい企業に関しては、リクルートエージェント担当者が企業の担当者に対して、即日プッシュしてくれるのもありがたかったです。

また、その後企業からの連絡などもリクルートエージェントの企業担当の方から、密に連絡があり、不安な気持ちも和らぎました。

サイトに関しては他のサイトと比較しても使いやすく、面接時でのポイントや書類選考の書き方や身だしなみといったコラム的なもの分かりやすく解説があり、参考になりました。

 

◆リクルートエージェントの使い方のコツ

エージェントの人によるのかも知れませんが、私の担当の場合は、最初の担当があまり印象が良くありませんでした。

電話での対話を行い、希望の職種を伝えたろころ、未経験で希望の条件は難しいとの一点張りででした。

私は転職活動が初めてでしたので、色々と話を伺いたかったのですが、そのような対応でしたので、リクルートエージェントをメインで使う気持ちにはなれず、他のサイトとの併用をして、転職活動を行いました。

もちろん、親身になってくれる方もいると思うので、エージェントの自身のマッチングの問題であると思います。

そのため、転職活動を行う際は、複数のサイトを使うことをオススメします。

リクルートエージェントで本当に気になる求人のみ応募するといった使い方など良いとこどりが良いかと思いました。

●ペンネーム: サンゴ

リクルートエージェントを利用して良かったのは、やはり知名度の高さもあり、内容が充実していたところです。

案件数が多いので、希望条件を細かく設定しても、いくつか当てはまる案件が必ずといっていいほどあります。

その中からさらに比較してより良い職場を選べるので安心です。

それに、定期的に情報も更新されます。

急いで職探しをしているわけではないのなら、ある程度の期間をかけてじっくりと職探しをするのもいいでしょう。

私は3ヵ月かけてじっくり探すことに決めていたので、割と丁寧に一つ一つの案件を見て比較することができました。

というのも、次の職場はすぐに辞めたくありませんし、できればずっと勤められるようなところにしたかったからです。

なるべく妥協することなく、ピッタリ希望に合うような職場を見つけることができました。

サポート体制も整っており、問い合わせをしてもすぐに回答してもらえます。

そんなところも安心できて良かったです。

実際に利用してみて見つけた職場は居心地が良く、今のところ、このまま長く勤められるような気がしています。

周りの友人や知人にも安心してこちらのサイトを勧めることができると思うくらい、使い勝手が良く信頼できるサイトだと思いました。

 

◆リクルートエージェントの使い方のコツ

リクルートエージェントだけに限らないかもしれませんが、この手のサイトを利用するのなら、情報の更新頻度を最初にチェックすることが大事だと思います。

例えば、毎週何曜日に更新されるというところなら、その曜日だけサイトをチェックすればいいのです。

もちろん最新情報を見逃したくない人は、毎日決まった時間にサイトをチェックしましょう。

ちなみに私は朝起きてすぐにチェックしていました。そのため割と最新の情報をいち早く入手できたように思います。

●ペンネーム: 釣りキチさん

リクルートエージェントを利用して良かったと思うことは「アドバイザーのフォロー体制」と「求人の質」です。

初の転職活動というこどあり、転職に対する取り組み方や履歴書・職務経歴書などの書類作成に不安をもっていました。

担当のアドバイザーから、転職活動の進め方や私の経歴から高い評価を得やすい業界・職種など的確なアドバイスがあり、転職活動に対する自信をつけることができました。

履歴書・職務経歴書は一つ一つ丁寧に添削してもらい、当初私が作成したものよりも、はるかに質の高いものに仕上がりました。

アドバイザーのフォローによって、転職活動をするうえで土台が出来上がったように思います。

次に、「求人の質」は転職サイトなどと比較すると質が高く、まんぞくできるものでした。

リクルートエージェント独自にもっている非公開求人は、大手企業や有名企業などが複数あり、いくら転職サイトを探したところで、見つけることができない求人でした。

それだけ企業からの信頼と実績があるからこそ、リクルートエージェントに依頼することに直結していると思います。

実績がある分、その企業用の模擬面接を実施してくれるため、転職希望者にとっては非常にありがたいものだと感じました。

 

◆リクルートエージェントの使い方のコツ

リクルートエージェントの使い方のコツは、下手に嘘やかっこをつけないことです。

リクルートエージェントに対しては、ありのままの自分を知ってもらうことが、転職活動を成功に導くものだと思います。

背伸びして良く見せる必要は全くなく、退職理由や転職先に対する希望条件などを正直に伝えることが大切になります。

アドバイザーとの信頼関係を構築できないと、思うように転職活動は進みません。

正直にありのままに伝えることにより、アドバイザーとの信頼関係に繋がりると思います。

●ペンネーム: ぽぽた

私はリクルートエージェントを通して希望の企業に転職することができました。

良かったことは、相手企業の間に入ってくれることで、日程調整や面接アドバイス等をしてくれたところです。

在職しながらの転職活動でしたので、日中は企業からの電話に出られないのですが、エージェントは仕事終わりでも対応してくれることが多く、大変助かりました。

また、事前に企業の面接で想定される質問を教えて頂き、添削も行ってもらいました。これは相手企業の人事担当とつながりのあるエージェントだからこそ行って頂けるサポートだと思います。

面接が終わった後も、企業の感触を教えて頂いたりと、不安を解消して下さりました。

採用前は条件の確認がなかなかしずらいところがあるのですが、エージェントを通して質問をすることができました。

また、採用後、入社する直前まで、面倒を見て下さるところに感動しました。

入社前の連絡がなかなか来なかった時も、エージェントを通して企業に確認を取って頂きました。

このように、応募者と企業の間にワンクッション入ってもらうことで、転職活動をスムーズに終えることができました。

初め転職活動はハードルが高かったのですが、このように最初から最後までサポートして頂けるサービスを利用して本当によかったと思います。

 

◆リクルートエージェントの使い方のコツ

最初の面談の時に希望条件をエージェントにお話するとそれに合った求人を紹介してくれるのですが、何回か紹介してもらって少し違うなと思った場合は、すぐに相談しなおして条件変更を行ったほうがいいと思います。

私もはじめ希望していた条件でなかなか面接までいかず、担当エージェントに相談をしたのですが、自分の能力と企業が求める人材にミスマッチがあることがわかりました。

書類が通らないということはミスマッチが起きている可能性が高いので、早めに条件の見直しを行うことが大切だと思います。

 

スポンサードリンク

リクルートエージェントとは

リクルートといえば、ほとんどの人が聞いたことのある企業だと思いますが、その中で転職をサポートしてくれるのがリクルートエージェントです。

経験豊富なスタッフがサポートしてくれるので、自分だけで活動するよりも効率的に自分にあった企業を紹介してもらうことができます。

求人数の多さだけでなく転職支援実績がNo.1のサポートが特徴的です。

 

リクルートエージェントの求人数

2019年3月24日に更新されたリクルートエージェントの公式HPによると、求人数は、265,319件でそのうち非公開求人が209,592件となっています。

 

リクルートエージェントのオファーとは

リクルートエージェントのオファーはほかのエージェントと変わりません。

転職サイトに登録するもしくは、直接リクルートエージェントに登録すると、希望条件にあった企業の紹介メール(スカウトメール)がきます。

あくまでもスカウトメールはエージェントと求職者をつなぐ一つのきっかけであり、紹介された企業以外にも多数の求人をもっているので、紹介された企業に満足ができなくてもそこでオファーを断るのではなく、メールもしくは電話でのやりとりを通してより希望と合致するオファーを受けることが可能になります。

最初のスカウトメールでオファーを断ってしまうとそこから先の紹介を受けることができないので注意が必要です。

 

リクルートエージェントのサポート期間

リクルートエージェントのサポート期間は3ヶ月となっています。

3ヶ月を超えたからといって、すぐに打ち切られるわけではなく、進んでいる案件があれば、継続してサポートしてもらうことができます。

サポート期間の基準をつくっておかないと、転職エージェントは転職して内定、就職してようやく報酬が発生するので、いつまでも転職が決まらない場合は、サポートが打ち切られる可能性があると考えたほうが良いでしょう。

 

リクルートエージェントの電話時間はどのくらい

リクルートエージェントに限らず、電話時間は求職者側でコントロールすることが可能です。

前職に在籍のまま転職活動を行う場合、短時間の電話ならば受けることが可能でも長時間になるとまずい場合もあります。

その場合は、事前に連絡しておき、本日は10分くらいならば時間を取れますというように具体的な時間を伝えておくと、その時間にあわせて電話時間を調整してもらうことができます。

リクルートエージェントで電話がこないこともある?

基本的には電話でのやりとりの方がスムーズに進むため、電話連絡が多いですが、担当者や求職者の状況によっては、スカウトメールに引き続き、メールでのやりとりで進める場合もあります。

しかし、その場で決めたいことがあってもメールだと返信待ちでさらに返信内容で質問などがあれば、それに回答するためにさらに時間がかかってしまいます。

時間に余裕がある場合は、電話ではなくメールでのやりとりも行われますが、スピードが要求される場合は電話連絡が圧倒的に有利になります。

求職者から電話は困ると連絡をいれるとメール対応は可能ですが、スピードという点で不利になることも認識しておきましょう。

 

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーの特徴・評価

リクルートエージェントキャリアアドバイザーの特徴として、企業への交渉力の高さがあげられます。

年収アップをはじめとする就労条件に関する交渉が強く、求職者の期待にこたえてくれます。

また、エネルギッシュなアドバイザーが多く、積極的に提案をしてもらえるので、自分が知らなかった企業など幅広い情報を得ることができます。

 

リクルートエージェントで面談してみた感想

転職活動は求職者にとって一大イベントです。

そのイベントを託せるのかどうか、電話での会話だけではアドバイザーがどのような人かわからないのでまずは、エージェントの事務所にいって、エージェントの雰囲気、また担当してくれるキャリアアドバイザーがどんな人かを確認することをおすすめします。

キャリアアドバイザー側もあったことのない人よりあったことのある人の方が求人との合致度をイメージしやすくなるというメリットもあります。

 

リクルートエージェントの面談の時の服装は何がいい

エージェントでの面談の際の服装は常識的な範囲でなんでも良いです。

スーツで決めていく必要はありません。

シャツとジーンズなどラフな格好でかまいませんが、ジャージやサンダルなどあまりにラフすぎるとキャリアアドバイザーへの印象が悪くなるので注意しましょう。

 

リクルートエージェントの面談はキャンセルできる?

面談を予定していても別の都合が入ったりしたときには、キャンセルをすることができます。

企業の面接の場合は、極力避けた方が良いですが、エージェントの場合はあまり気にすることはありません。

しかし、キャリアアドバイザーも人間なので、遊びのためにキャンセルとなるとその人への印象を悪くしてしまいます。

例えば、現職の急な仕事が入ったなど、普通に考えて納得ができる理由をつけたほうが良いでしょう。

 

リクルートエージェントは面談なしの登録だけでできるのか?

リクルートエージェントは面談なしでも企業紹介をうけることができます。

しかし、エージェントが力をいれようと考えている場合は、自社の面談ブースへの誘いがきます。

例えば電話で面談しましょう、面談は不要ですと言われたら、十分なサポートを受けることができない可能性が高いので他のエージェントにうつるなどを考えたほうが良いです。

 

リクルートエージェントの利用がおすすめな人

リクルートエージェントの特徴として、求人の量が多いだけでなく、質も高く幅広い業種、職種から選ぶことができます。

そのため、どのような職種の人でもほかの業界、職種に挑戦したいと考えている人にも幅広い選択肢を提供してくれるのでおすすめです。

技術系など専門的な職種に対しても多数の求人をもっているため、職種の制限がありません。技術系など世間一般にあまり多くない職種の人にも求人情報がでてくるので、自分の職種では求人を見つけるのが難しいと感じている人にもおすすめです。

また、転職大手のリクルートならではの企業に対する交渉力をもっているため、企業に対して希望・要望が多い人にもおすすめです。

 

リクルートエージェントを上手に使うポイント

リクルートエージェントは求人数の多さと企業に対する交渉力の高さに定評があります。

面談して、転職に対するやる気を見せれば、アドバイザーは積極的に情報をだしてくれます。もらった情報に対して自分の希望を伝えれば、期待にこたえてもらえます。

転職をするにあたっての一番の不安は、受け入れてもらえる企業があるかどうかだと思います。

その点では求人数が膨大にあるリクルートエージェントに登録することで、現時点での自分の状況を把握することができます。

その結果、自分にあった企業が見つからなくても、自分の好む企業があればそれを伝えることで求人をとってきてもらうこともできます。

まずは自分の希望と合致した企業を探すという転職の第一段階では最も頼りになるエージェントだと言えます。

当然アドバイザーによって、違いはありますが転職に必要なエネルギーをわけてもらえることも多く、質問にも親身になってこたえてもらえるので、初めての転職でも気にせずなんでも質問をすることができ、不安を減らしつつ転職活動ができるので、困ったことや疑問がうまれたらいつでも質問をして納得ができる転職を実現しましょう!

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-ビジネス

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.