最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

9月の話題・行事・イベント 季節の話題(秋) 年中行事

9月の行事・イベント。福岡の放生会もおすすめです。

更新日:

厳しい夏の暑さから解放され、少しずつ涼しくなって秋へと変わっていく9月。

秋といえば食欲の秋ですが、どんなイベントがあるか調べてみました。

 

スポンサードリンク

9月の行事・イベント

9月1日 防災の日

1923年に発生した、関東大震災以降、毎年9月1日は『防災の日』と制定されました。

 

近年では2011年に起こった東日本大震災以降、更に防災に対する意識が高まり、企業や学校でもこの日に訓練を実施している光景を多く見かける様になりました。

 

また、9月は台風が非常に多いこともこの日が『防災の日』とされている理由の1つです。

 

普段どんなに仕事や家事や勉強を頑張っていても、震災で命を落としてしまう、もしくは後遺症が残る様な怪我をしてしまえば貴方にとって大きな損失となります。

 

『防災の日』は自身の防災対策を見つめなおし、準備や知識が不足している点に対する対策をしましょう。

防災の日についての詳細はこちら

 

9月9日 重陽の節句

この日は五節句の1つ、『重陽の節句』です。

この日はどの様な日かご存知の方は意外と少ないかもしれませんね。

 

この日は菊を使い、長寿を祈ることから菊の節句とも言われています。

古代より奇数は演技が良く、偶数は演技が悪いと考えられてきました。

 

現代ではどちらかというと奇数の方が、縁起が悪い数値が多い印象がありますが、当時は逆だったのですね。

この縁起の良い奇数が重なる日にお祝いやお祓いをしていたそうです。

 

中でも最も大きな奇数が重なる『重陽の節句』は他の五節句よりも重宝されていたそうです。

重陽の節句についての詳細はこちら

 

敬老の日

この日は社会に貢献してきた老人を敬愛し、長寿を願う為の日です。

2002年までは9月15日が『敬老の日』でしたが、2003年からは9月の第3月曜日とされました。

 

そもそもこの『敬老の日』は兵庫県で、ご老人たちの知恵を借りて村おこしを試みた敬老会という会が『敬老の日』の始まりと言われています。

おじいちゃんやおばあちゃんはいつも私たちに優しく接してくれます。

 

この『敬老の日』くらいはおじいちゃんやおばあちゃんに普段の感謝を伝え、長寿を祈ってあげましょう!

敬老の日についての詳細はこちら

 

秋分の日

3月の春分の日とこの『秋分の日』はどんな日なのか、既にご存知ですよね?

そうです、昼と夜の時間が同じ時間になる日が春分の日と『秋分の日』です。

 

2017年の『秋分の日』には1つ珍しいことがあります。

皆さんはこの記事を読んだとき少し違和感を覚えませんでしたか?

 

私の認識で『秋分の日』は9月23日だと思っていました。

実は昼と夜が同じ時間ということにポイントがあるのです。

 

昼と夜の時間は地球と太陽の位置に関係があるのは周知の通りですが、正確にいうと1年は365日と6時間程度です。

 

この6時間を調整する為に4年に1度うるう年を設定し、調整しているのですが、毎年少しずつずれてしまっているのです。

 

9月23日が『秋分の日』となるのは33年振りとなるそうです。

秋分の日についての詳細はこちら

 

9月26日頃 彼岸明け

私は20歳を過ぎるまで、お彼岸の意味が良く理解できていませんでした。

皆さんはお彼岸というと何を想像しますか?

 

大抵の方はお彼岸と聞いて、お墓参りという想像は容易に出来ると思います。

意外かもしれませんが、お彼岸にお墓参りをするのは世界で日本だけの風習です。

 

親族が他界して、初めて迎えるお彼岸を初彼岸というのも日本だけの風習だったのですね。

このお彼岸の時期にお墓参りをする際にはお墓の仏壇を清掃し、お花やお団子をお供えします。

 

お彼岸から少し話は逸れてしまいますが、皆さんはぼたもちやおはぎをお供えしたことはありますよね?

ぼたもちとおはぎは全く同一の食べ物なのですが、春にはぼたもちと呼ばれ、秋にはおはぎと呼ばれます。

秋におはぎと呼ばれるのは萩野季節に食すことがきているそうです。

 

お彼岸にお墓参りに行く際には旬の果物やお酒などをお供えするのが一般的です。

折角お墓参りに行くのですから、故人の好物を思い出し、それをお供えにするのも非常に良いのではないでしょうか?

SPONSORED LINK

彼岸についての詳細はこちら

 

十五夜

9月と言えば、「お月見」というイメージもありますよね。

十五夜は旧暦行事ですので、9月中旬から10月中旬と毎年異なります。

一般的に、旧暦の8月15日のことを示すので、9月だとは限らないって事ですね。

十五夜についての詳細はこちら 

 

福岡のお出かけスポットについて

涼しくなってきたら、お出かけしたくなりますよね。

福岡に少し詳しいので、福岡でのおすすめスポットを探してみました。

 

9月中旬~ 福岡タワー(福岡市)

先程、お月見の話をしましたが、毎年この時期の福岡タワーでは「餅つきをするウサギ」が福岡タワーのイルミネーションで見られます。

きれいな夜景や月を展望台から見るのも、風流があって良いですね。

 

9月12日~9月18日 放生会(福岡市東区)

一般には「ほうじょうえ」だそうですが、「ほうじょうや」と呼びます。

福岡では有名なお祭り「博多どんたく」「博多祇園山笠」と合わせて、「博多三大祭り」の一つです。

 

無駄な殺生を戒め、大地の実りに感謝する行事で、1000年以上も受け継がれている歴史ある秋祭りです。

筥崎宮という神社で、毎年9月12日から18日の7日間に行われています。

 

参道の1kmに渡って500店以上の露店が、一直線に軒を連ね、100万人以上も観光客が訪れます。

時間帯は午前10時頃~午後9時頃までとなっていますが、身動きがとれないほど、とにかく人が多いので、後片付けがある最終日以外は、遅くまで露店は空いているようです。

 

「おはじき(職人による土製の素焼き)」「チャンポン(ガラス製で音を鳴らすとちゃんぽんという由来から)」が有名で、毎年あっという間に売り切れています。

おはじきは毎年テーマが違っていて、厄をはじくという縁起物だそうです。

 

買うのは難しいですが、境内ではどちらも見る事が出来ます。

見るだけでも楽しいですよ。

露店は、焼き鳥、たこ焼きなど、食べ物系がやはり多いです。

 

「はしまき」がオススメなのですが、全国区ではあまり有名ではないことに驚いた事があります。

お好み焼きを箸で巻いた食べ物になりますが、ご当地ならではの屋台を探してみるのも楽しいと思います。

 

筥崎宮ならでは、「杜日餅(やきもち)」というお餅と、「新しょうが」が有名になります。

食べ物以外では、お化け屋敷、見世物小屋、オートバイショーといった、昭和テイストが残ったままの雰囲気ある小屋もあります。

亀釣りや、ひよこ釣り、うなぎ釣りといったユニークなものや、射的などもあり、境内ではステージでの催し物を見る事が出来て、皆で楽しめるお祭りです。

 

9月21日~9月25日 太宰府市天満宮「神幸式大祭」(太宰府市)

学問の神様、菅原道真公を奉っている太宰府市天満宮の最大のお祭りです。

福岡県の無形民俗文化財に指定されており、毎年、秋分の日の前々日~5日間行われています。

 

お神輿を中心とする総勢約500人の奉仕の人々の大行列があり、神馬だけでなく、神牛も加わり、御本殿から約3km離れた榎社(菅原道真公が左遷されてから亡くなるまでの2年間を過ごした跡地)まで、約2時間半かけて町の中を練り歩きます。

 

最終日の「千灯明」の日に合わせて、数千の灯篭の光で太宰府市を包み、提灯を持って、市内の名所などを散策することも出来るそうです。

幻想的ですね。

太宰府市天満宮は「梅ヶ枝餅」でも有名なので、お土産としてオススメです。

 

あとがき

ここ数年間を思い起こすと、秋があっという間に過ぎ去ってしまっている気がします。

今年はシルバーウィークもなく、連休があまり無いのですが、せっかくの過ごしやすい時期ですし、美味しいものを食べ、秋ならではのイベントを思いっきり楽しみたいと思います。

皆さんも素敵な秋をお過ごし下さい。

 

9月の行事・イベントはまだまだあります!こちらから

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-9月の話題・行事・イベント, 季節の話題(秋), 年中行事

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.