最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

02019年イベント 10月の話題・行事・イベント 国民の祝日・休日

体育の日2019月年。意味や由来は。スポーツイベント盛りだくさん。

更新日:

SPONSORED LINK

はじめに

秋の祝日といえば「体育の日」、まさにスポーツの秋にぴったりな祝日です。

スポーツの秋、と言われるのは、秋が運動によって代謝を高めるのに最適な季節だからだそうです。

今回はそんな「体育の日」の由来やイベントなどについてお伝えします。

 

スポンサードリンク

体育の日 2019年はいつ

2019年の10月第2月曜日は、10月14日(祝・月)です。 

スポンサードリンク

体育の日とは

もともとは10月10日でしたが、2000(平成12)年からは10月の第2月曜日にある国民の祝日のひとつです。

「スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう」ことを趣旨としています。

 

体育の日の意味や由来

1961(昭和36)年スポーツ振興法ができ10月に「スポーツの日」が定められていました。

 

1964(昭和39)年、東京オリンピックが行われると、その輝かしい成果とその感動を記念し、東京オリンピック開会式が行われた10月10日に合わせ、名称も「スポーツの日」から「体育の日」と改められ国民の祝日に制定されました。

 

現在は10月10日ではなく、ハッピーマンデー制度により10月の第2月曜日となっています。

 

 

体育の日の行事・イベント

体育の日は各地で大きなイベントが行われます。

オリンピック・パラリンピック、プロアスリートたちの競技を見たり、指導を受けたりできるチャンスです。

 

毎年行われているイベントを8つピックアップしてみました。

参加費無料で事前予約が必要な場合が多いのでぜひ早めにポスターやサイトで確認してみてください。

 

スポーツ博覧会・東京

駒沢オリンピック公園と小金井公園の2ヵ所で二日間行われるスポーツ博覧会は、トップアスリートたちだけでなく、お笑い芸人も多数参加、さらにキャラクターショーやポイントラリーと盛り沢山の体験参加型のスポーツフェスティバルです。

 

WE ENJOY SPORTS!!!in 駒沢オリンピック公園総合運動場

人工雪を使った「スポーツ雪合戦」をはじめ、ストライダー(キッズ向けペダルなし自転車)、垂直の壁を登るボルダリング体験と珍しいスポーツとの出会いがあります。

 

東京体育館 スポーツドリーム

東京都渋谷区にある東京体育館で毎年行われるイベントです。

プロのアスリート、オリンピック選手達によるスポーツ教室が行われ、内容もボクシング、シンクロナイズドスイミング、トランポリンなどもあり多彩です。

 

Nスポ!

NHK主催:NHK放送センターと六本木ヒルズアリーナの2ヵ所で開催されました。

トッププレイヤーのパフォーマンスや、オリンピック・パラリンピックの競技の体験、自分の運動能力がわかるスポーツパフォーマンス測定など、見て参加して楽しめるイベントです。

 

スポーツ祭り

会場は味の素ナショナルトレーニングセンター、国立スポーツ科学センター、味の素フィールド西が丘、赤羽スポーツの森公園競技場および周辺の公道、東京都立赤羽商業高等学校。

トップアスリートたちと一緒にスポーツを楽しめるイベントです。

 

アスリートのトークショーや子供たちのダンスパフォーマンス、飲食ブースなど盛り沢山。

参加できる競技の種類が豊富でフェンシング、ウエイトリフィング、ライフル・ピストル射撃体験など普段気軽にできないものも。

 

辰巳スポーツフェスティバル

東京辰巳国際水泳場で毎年開催されるイベント。

元日本代表選手による競泳デモや競泳・水球・シンクロナイズドスイミングの体験レッスンを中心に楽しいイベントが行われます。

 

キッズ&ジュニア テニスカーニバル

有明テニスの森公園で毎年開催されるテニスイベント。

子供たちにテニスの楽しさを知ってもらうことをテーマに、レベル別にインストラクターが指導してくれます。

 

武道・スポーツフェスティバル.in東京武道館

場所が東京武道館ということだけあり武道に特化したイベントです。

武道演武の発表会や、合気道・太極拳・弓道・柔道・少林寺拳法・剣道などの初めての武道体験から経験者向け公開指導まであります。

 

上記でご紹介したものは2016年の内容を参考にしています。

 

各地の市民体育館や区民体育館、競技場、プールなどでも、無料開放やイベントが行われるので、ぜひお近くの施設のお知らせや公共のパンフレットなど早めにご覧ください。

 

スポーツと体育

スポーツと体育の違い、考えたことありますか?

「体育の日」のイベントで”体育”がつくイベント名は、意外にもそう多くありません。

そして、「体育の日」も名前が変わるかもしれないのです。

 

もともとスポーツという英語を日本で初めて使われたのは、意外にも「釣り」でした。

 

その後、様々なスポーツが日本に紹介される中、翻訳語として使われたのが”遊戯”でしたが、富国強兵の時代に入り、兵士の訓練や男子学生の身体の鍛錬に体操や水泳を扱う言葉として”遊戯”が不適切だったため、”体育”という言葉が使われるようになりました。

 

つまり”体育”は、英語でフィジカル・エデュケーションという、どちらかというと強制的にやらされる身体教育であり、スポーツとは同意語ではありません。

 

多くのスポーツは娯楽から始まり、文化や時代背景も含みながら発展し成熟されていきました。

 

そのようにスポーツは体育という教育的な面だけでなく、知識を豊かにする知育として、また豊かな人間に成長するための徳育としての側面も持ち合わせています。

 

2011(平成23)年、スポーツ振興法が改正されスポーツ基本法になり、学校教育の体育のみならず広くスポーツの価値が見直され、スポーツによる豊かな社会づくりが目標と定められました。

 

スポーツ立国の実現を目標に、現在の”体育”という名称も徐々に”スポーツ”へと変わっています。

日本体育協会  → 日本スポーツ協会

  (英訳はJapan Sports Association.)早ければ2017年6月の承認。

 

国民体育大会(国体) → 将来的に”スポーツ”を名称に盛り込む構想

  (英訳はNational Sports Festival)

 

日本体育大学の英語名も変更になっています

Nippon college of physical educatin → Nippon Sport Science University

            (体育)

 

「体育の日」 → 「スポーツの日」

2016(平成28)年超党派のスポーツ議員連盟が、「『体育の日』を『スポーツの日』とするためのプロジェクトチーム」を設置しました。

2017(平成29)年、改正案を国会に提出する見込みとなっています。

 

もしこの法案が通れば、国民の祝日としては初めてのカタカナ名での祝日となります。

 

50年以上「体育の日」で通っていたので、いまさらという気運もでるでしょうが、オリンピックの開会式の日が由来の日だけに、2020年の東京オリンピックを前に変更するのも有りなのかもしれません。

 

まとめ

「体育の日」の由来は、オリンピックの開会式と知らず、10月10日が晴れの特異日だから、と子供の頃思っていました。

でも今回調べてみると、晴れの特異日ではなく、10月としては2番目に晴れが多い日という程度だったようです。

 

「スポーツの日」と名称が変更するかどうかも気になりますが、個人的には日本のスポーツの発展の大きな役割を果たした東京オリンピックを忘れないために10月10日に固定したほうが意義があるのではと思います。

 

今年の体育の日を含めた三連休、雨が降らないことを祈って、ぜひ有意義なスポーツの秋を楽しんでください。

 

日本の祝日2020年カレンダー・国民の祝日・休日一覧表

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-02019年イベント, 10月の話題・行事・イベント, 国民の祝日・休日

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.