最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

六曜

赤口とはどんな日?意味や読み方、凶日にやって良いこと悪いこと

更新日:

SPONSORED LINK

六曜と言えば耳にしたことがあるかもしれませんが、実際どのような意味があったり、やって良いことや悪いことなど本当のことを知っている人はなかなかいません。

 

特に六曜の中でも「大安」「仏滅」「友引」などはすごく有名ですがいろいろな説があってどれが本当かあまり分かりませんよね。

 

さらに六曜で大安や仏滅、友引とは違った「先勝」「先負」「赤口」はさらにあまり意味を知っている人が少ないです。

 

そんな6曜ですが、特に冠婚葬祭によって様々な意味があったりします。

 

ぜひ皆さんにも詳しく知っていただきたいので「六曜の赤口」についての本来の意味、やって良いことと悪いことについてご紹介していきます。

 

スポンサードリンク

赤口とは

赤口の読み方

六曜といえばよくカレンダーに書いてあるので見かけたりすることがあると思いますが、「大安」「仏滅」「友引」は読み方を知っている人が多いと思います。

 

ただその一方「先勝「先負」もありますが、一番読み方が難しいのが「赤口」だと思います。

 

漢字だけ見ると「せきぐち」や「あかぐち」、「せきこう」などと考えれると思いますが、「赤口」の正しい読み方は「しゃっこう」又は「しゃっくです。

どちらかというと前者の「しゃっこう」を使うケースが多いのでぜひ覚えておいてください。

 

赤口の意味

六曜のうち「大安」や「仏滅」は意味を知っていても「赤口」の意味を知っている人はなかなかいないです。

やはり読み方を知っている人も少ないので赤口の意味を知っている人も少ないです。

 

「赤口」は6曜の中でも限りなく凶日の日とされています。

というのも赤口は仏滅に次いで凶日、不吉とされる日です。

 

さらに「赤口」という名前の中に「赤」とあるように赤を連想させる「火」「血」などといった「火事」「傷、怪我」に注意するべき日です。

 

このことからわかるように「赤口」は「とても不吉な日」です。

 

ただもう一つ赤口の特徴があり、赤口は正午を挟んだ前後1時間「11時から13時」までは「吉」となるのが大きな特徴です。

 

しかし置き換えて言えば「11時から13時」以外の時間帯は「不吉」なためやはり注意が必要です。

 

スポンサードリンク

赤口の日のやって良いこと悪いこと

次は具体的に「赤口の日」においてどのようなことがやって良いのか、悪いのかについてご紹介していきます。

 

赤口の日のお宮参り

お宮参りといえばお子さんやご両親にとって、かなり大切な行事の一つに数えられるとされます。

ただこのお宮参りが実際六曜の一つ「赤口」がどのように関係しているかというと、正直なところあまり関係ないと言っても過言ではないです。

 

というのも気にする人は赤口は不吉な日とされているので避けたほうがいいですが、どちらかというとお宮参りは赤ちゃんやママさんの体調にあわして行くべきです。

 

さらに六曜の赤口や体調を気にかけるだけでなく、晴れの日に行くのがおすすめです。

 

赤口のお祝い

赤口のお祝いについては先ほども触れたように、気にする人は極力避けたほうが良いです。

 

ただし赤口の特徴でもある11時から13時の間は「吉日」となるので、この時間帯に終わるお祝い事だったらしていいと思います。

 

自分にとってどうしても大切な日が「赤口」の場合はこの「11時から13時」に物事、お祝いをすることをお勧めします。

 

赤口の日の引越し  

赤口の日の引っ越しも極力避けたほうが良いです。

 

というのも赤口の意味の所でご紹介したように「火」や「血」を連想、関連させる物事は極力避けたほうがよく、引っ越しなどは特に火事などを連想させやすいので、赤口の日以外をお勧めします。

 

しかし日ごろのスケジュールなどもあると思いますので、どうしても赤口の日に引っ越しをしないといけない場合は、事前にあらかたの荷物の運搬は済ませるようにしましょう。

 

このようにすることによって、少しでも不吉なことは回避できると思います。

 

赤口の日の結婚式と入籍

赤口の日の結婚式と入籍はどちらでもいいです。

 

なぜかというと、最近の人は昔の人に比べて六曜などの縁起事、ゲン担ぎなどに対してあまり関心が強くなく、どちらかというと自分達の「大切な日」ということを強く意識する人が多いです。

 

さらに最近では結婚式場でも「大安」や「友引」、「先勝」とは違って「仏滅」や「赤口」が避けられてスケジュールが空くことがあるので、この「仏滅」や「赤口」の時に結婚式を開く人は割引などがあったりと、あまり気にしない人たちにとってはメリットとなることもあります。

 

このことから赤口の日の結婚式と入籍については、縁起事やゲン担ぎの意識加減によって、するかしないかを決めたらいいと考えられます。

 

赤口の日の葬儀・葬式・通夜

赤口の日の葬儀、葬式、お通夜はさほど問題ありません。

 

この6曜について意識が高い方が葬儀、葬式、お通夜を避けるべき時は「友引」です。

 

そのため急なことで日程を決めたりするのは難しいかもしれませんが、友引さえ避けたらどの六曜でも葬儀、葬式、お通夜をしても大丈夫だと思います。

 

赤口の日の納車

赤口の日の納車は、引っ越しの時と同様に極力お勧めはしません。

 

納車とあって、車は事故につながる可能性があるので、血を連想させるものに近いです。

 

そのため、もしスケジュールで違う日でもずらせれる場合は、ずらすことをお勧めします。

 

ただ赤口や六曜についてあまり意識しない人は、もちろん赤口の日に納車しても大丈夫です。

 

 

このように六曜の「赤口」は、本来の意味を知るとどのような事に気を付けるべきかわかると思います。

 

六曜の中でも仏滅だけが不吉な日と思っている人が多いですが、実は赤口もあまりよくはないので、ゲン担ぎ・縁起事などで気にされる方は注意してカレンダーなどを見て、日にち・時間設定をするようにしてください。

 

その他の六曜や、六曜カレンダーはこちら

→ 大安とはどんな日

→ 赤口とはどんな日

→ 先勝とはどんな日

→ 友引とはどんな日

→ 先負とはどんな日

→ 仏滅とはどんな日

六曜とは?2019年の大安・先勝・友引・先負・仏滅・赤口

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-六曜

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.