最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

不動産

チャットお部屋探しのイエプラはここがすごい!悪い評判は気にするな

更新日:

お部屋探しをしたことがある人にはわかると思いますが、時間が十分ある時でないとお部屋を見つけるのってなかなか難しいです。

 

不動産屋に行って物件資料を見せてもらい、気になった物件を見に連れて行ってもらうというのが、本来手っ取り早い探し方なのですが、仕事をしているとなかなかその時間がとれないのです。

 

前もって不動産屋に予約をしておいて、土日などの休みに物件紹介をしてもらえばいいのですが、それまでに物件資料を見たり、良い物件を紹介してもらいたいのが心情ではないでしょうか。

 

仕事が終わって夜の8時~9時ぐらいに不動産屋の横を通っても閉まっており、やきもちした気分になります。

夜遅くまでやっている不動産屋というのはそんなに多くありません。

 

だって、自分が不動産の営業マンだったらどうですか?

そんな遅くまで働きたくないですよね!

 

しかしそんな中、夜でも物件を紹介してもらえるという画期的な不動産屋があるのです。

 

それがチャット不動産の「イエプラ」です。

このイエプラの何がすごいって、深夜の0時までお部屋探しの相談ができるという、不動産業界ではありえない、いや、自分だったらやりたくない営業スタイルなのです!

 

スポンサードリンク

イエプラとは?メリットは

イエプラとは深夜0時までチャットで物件紹介のやりとりができ、希望条件を入力したら60秒以内にお部屋を紹介するというありえないシステムなのです。

このチャット自体は無料で使え、気になった物件があれば、店舗に行かなくても現地で待ち合わせができ、物件を実際に見ることができるのです。

 

普通なら、電話や来店でお客の希望条件を聞いて、物件検索をして紹介、気になった物件があったら実際にお部屋を見せるために連れて回る、といった流れになります。


少なくとも私が働いていた不動産賃貸業者の周りでは、聞いたことのないようなサービスです。

不動産賃貸業界もここまで来たかという驚きがあります。

 

スポンサードリンク

イエプラは怪しい?

では、このようなイエプラの紹介システムは本当に可能なのでしょうか?

実際できているので可能なのですが、イエプラを怪しいと思うのはお門違いです。

 

まずこのような深夜0時まで対応するのは、物件検索用のオペレーターがいるはずです。

お客が物件希望条件を入力して送信したら、ウェブ検索と同じで、データベースから条件に合った物件が自動で表示されるようにできます。

 

それをオペレーターがチャットにて紹介すれば、時間も短縮して紹介できるからくりのできあがりです。

 

やること自体は難しくないのですが、それに対応するためにチャット対応用のオペレーターを、深夜0時まで対応できるように配置しなくはなりません。

そのようなスタッフを雇うこと自体が、この不動産賃貸業界では画期的です。

 

このチャットでお客が気になった物件を紹介してもらいたくなったら、次は現地の不動産賃貸営業マンにバトンパスです。

お客の情報と紹介する物件を営業マンと共有し、お客との待ち合わせ場所を決め、後は本来の賃貸紹介の流れと同じになります。

 

こうやって考えてみれば、ごく自然な流れで、まったくもって怪しいことではありません。

むしろこの新しい仕組みを作り出したことに感心します!

 

何で無料でチャットお部屋探しができるのか?

このチャットで物件を探してもらえるサービスですが、それ自体は無料で受けられるサービスです。

これは当たり前といえば当たり前なのです。

 

そもそも不動産賃貸業者は、お客から仲介手数料しかもらえないように決まりがあります。

このチャットサービス自体は、あくまでも仲介業務の一つで、契約成立するまでお金をもらうことができません。

 

どれだけ物件を紹介してもらおうが、入居するお部屋の契約が済むまでお金を取られる心配がないのは、他の不動産屋と同じなので安心してください。

おとり物件はないのか?

お客がおとり物件と思うのは2つのパターンがあります。

 

1. 本当に悪意があって、ない物件をわざと広告やWebで紹介している場合

2. 本当に空いていた(空き予定)物件が、問い合わせ後に決まってしまっていた場合

です。

 

1.は不動産屋として論外ですが、実際におとり物件を広告に載せるメリットはあまりありません。

というのも、広告はとても高く、そんな無駄な物件紹介に広告枠を使ってしまうのは割りがあいません。

また、その物件を問い合わせてきたお客の落胆ぶりはものすごく、逆に他の物件を紹介し辛くなってしまいます。

 

2.のように、問い合わせ時にすでに物件が決まっていることはよくあります。

というのも、問い合わせたお客が気になる物件は他の人も気になります。

 

また、物件自体はほぼどの不動産屋でも紹介できるので、ライバル店がさっさと入居者を決めてしまうことが多々あるのです。

お部屋探しは早い者勝ちですので、こればかりは仕方ありません。

 

このようなことで、おとり物件を出していると、勘違いされている場合があるのです。

 

ではイエプラはどうかというと、おとり物件を紹介するメリットがありません。

そもそも、チャットで気になった物件を紹介し、物件を実際に見てもらう段取りを組み、お部屋の契約までもっていかないといけません。

 

契約までもっていかないと仲介手数料は発生しないのに、そこにおとり物件を紹介してもただの無駄足になってしまいます。

SPONSORED LINK

 

ただ、チャットで紹介した物件が、現地営業マンが紹介する時にはすでに決まってしまったということはあるでしょう。

 

見に行きたい物件がすでに決まっていたお客の失望感は、物件契約までの道のりを遠ざけてしまいますので、賃貸営業マンとしては避けたいところです。

 

良い物件ほど早く決まってしまうのは、不動産業界の常識ですので(広告出す前に決まってしまうなんてしょっちゅうです)、それを「おとり物件だ!」と騒がれても、おかしな話ではないでしょうか。

 

イエプラの「最悪」という口コミは信用できるのか?

イエプラには良い口コミもあれば、悪い口コミもあります。

当然人によって受け取り方が違いますので、悪い印象を持ってしまうのは仕方のないことでしょう。

 

イエプラについて不満足というお客は5%ほどとのこと。

では95%は納得できるのなら、十分しっかりした対応ができているのではないでしょうか。

 

それでも悪い口コミは気になるものです。

ではどのような内容なのでしょうか。

ちょっと辛口で、切っていきたいと思います。

 

デメリット1:入居予定日が半年以上などの場合は相手しない

不動産賃貸営業マンから言わせてもらいますが、当たり前です・・・。

半年以上空いているのに、今空いている物件を紹介してどうなるのでしょうか?

いざ住みたい時に空いているとでも。

 

「また引越しが近くなった時に来てくださいね」で終わってしまいます。

このような苦情が通ってしまうのなら、不動産賃貸業界は壊滅ですね。

 

デメリット2:物件探し、内見、契約と対応する人が変わる

先ほど説明した通り、これを一人の営業マンが全て対応してみてください。

午前から深夜0時まで対応し、休みなしで働けと・・・?

それこそ超ブラックではないでしょうか。

 

深夜0時まで対応するオペレーターと、現地を案内する営業マン、そして契約の前には重要事項説明書を「宅地建物取引主任者」が説明する義務があります。

 

むしろ自然な流れなのですが・・・。

 

ただ、

物件紹介の人が良くなかった

営業の人が良くなかった

という意見をフォローすれば、相手によって良い悪いはあるでしょう。

 

どの不動産屋でも同じですが、営業マンの当たりはずれはあります。

ベテランから新任まで営業して来ますし、対応が悪い人が当たったら印象も最悪でしょう。

 

賃貸営業マンをフォローするなら、お客によって対応を変えざる負えないこともあります。

実際にお部屋を貸せないような人もいますし、事務所の前でお弁当を食べて、そのゴミをわざと散らかしていくようなお客もいましたらからね・・・。

 

そういう意味では、お客も営業マンも合う合わないがあるのは当然といえるでしょう。

 

デメリット3:自分で物件を探すことはできない

ん?

物件を紹介してもらうシステムなのでは?

 

不動産屋さんに行ったことないのかな・・・。

普通の不動産屋でも、営業マンが紹介するので、自分で探すことはないのでは。

 

賃貸情報誌やネット検索と誤解があるのか、よくわかならい口コミです。

 

デメリット4:物件の内見を進めてきてしつこい

内見というのは実際にお部屋の中を見てもらうことなのですが、不動産賃貸業界なら当たり前です。

どんなにパソコンや紙資料で物件を紹介しても、一度見てもらうのが一番わかりやすいです。

 

資料ではわかならない情報を、五感で感じてもらえる機会なので、内見はおすすめします。

 

他の不動産屋がしないことならわかりますが、これはどうなのでしょうか。

 

デメリット5:対応エリアが少ない

まあこれは仕方ないでしょう。

東京都
神奈川県
埼玉県
千葉県
大阪府
兵庫県
京都府
奈良県

が対応エリアとなっていますが、その全てが紹介可能ではなく、対応外のエリアもあります。

上記8都道府県の中心都市部だけになります。

 

それは営業所がそこにしかないので仕方ありません。

例えば、奈良と言っても、奈良市以外の遠くの町の物件を紹介してくれと言われたらどうでしょう?

自動車で往復何時間かけて紹介しに行くのか・・・ということになりかないので、普通の不動産屋でもお断りでしょう。

 

これを解決していくには、営業支店を全国に増やしていくイエプラ加盟店を増やしていくといった取り組みが必要になります。

現在対応エリア外の人には申し訳ないです。

→ 対応エリアはこちらの「よくある質問」から

こうやってみますと、悪い口コミってそこまで参考にならない場合が多いのです。

イエプラの使い方

使い方は簡単で、5ステップ!

  1. メールとパスワードを入力して、無料会員登録
  2. 物件の希望条件を入力(後で条件変更することができます)
  3. ラインのようなチャットでやりとり(ラインに慣れている人は簡単)
  4. 「見学予約」ボタン・チャットで伝える・電話するの3パターンで見学予約
  5. 実際にお部屋を見せてもらい、気に入ったら契約

 

イエプラのお得なキャンペーン

イエプラではキャンペーンを実施。

イエプラから内覧見学をすると、amazonギフトカード1,000円プレゼントしてもえるのです。

 

う~ん。不動産賃貸業界もこんな風に変わっていくのですね。

 

 

お部屋を内見して、契約するといった流れは他の不動産屋と変わらないので、

仕事などで夜しか時間が空いていない方

内見の前にしっかり物件を紹介してほしい方

チャットに慣れている方

次の対応エリアでお部屋を探している方

東京都
神奈川県
埼玉県
千葉県
大阪府
兵庫県
京都府
奈良県

でしたら、イエプラを使うのはありでしょう!

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-不動産

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.