最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

7月の話題・行事・イベント 今日は何の日・記念日

ハンバーガーの日とはいつ?意味や由来、イベント。マクドナルド来日

更新日:

「7月20日  ハンバーガーの日」

■はじめに

日本のハンバーガーはマクドナルド、通称「マック」を抜きには語れませんが、どういうわけか、関西では「マクド」と呼んでいるそうです。

でも「ビッグマクド」とは言わないですよね。

筆者は関東人なので、「マック」として話を進めて行きます。

 

スポンサードリンク

■ハンバーガーの日とは

1971(昭和46)年7月20日、東京・銀座4丁目交差点、三越1階の中央通りに面した1等地に、テイクアウト専門店として、マクドナルドの日本1号店がオープンしました。

その後、25周年の1996(平成8)年に、マクドナルドがこの日を「ハンバーガーの日」と制定しました。

「マクドナルドの日」としなかったのは、「ハンバーガーとはマックである」という自信を伺わせますね。

 

■ハンバーガーの日の意味と由来

今でこそハンバーガーを知らない人はいませんが、おにぎりと並んで国民的お手軽食として認知されるきっかけは、マクドナルドであることに間違いはありません。

当時のハンバーガーは80円、ビッグマック200円、フィレオフィッシュ100円でしたから、そう安い値段ではありませんでしたが、折しも前年に誕生した歩行者天国と相まって、ハンバーガーをほおばりながら歩く光景が多くのメディアで取り上げられたものです。

ちなみにその年の物価は、牛乳25円、ラーメン110円、週刊誌70円、映画700円ですから、やはりちょっと高めの価格でしたが、しかし現在の価格と比べてみれば、ほとんど値上がりしていませんから、なかなか感心なことです。

 

マックが日本に上陸したのは、貿易会社を経営していた藤田田氏(ふじた・でん、1926~2004)が、米のマックに着目してフランチャイズ権を獲得、子会社の日本マクドナルドを設立したことが始まりで、日本1号店は湘南・茅ヶ崎にすべしという米本社の意向でしたが、藤田氏は流行の発信地で華のある銀座4丁目を強く主張したそうです。

歩行者天国ブームも念頭にあったはずで、マックはこの慧眼のおかげで、以後、他の米資本バーガーを撃退、「日本のマック」として君臨し続けることになりました。

 

たしかにマックは国民的ハンバーガーの先駆けですが、それ以前にも沖縄をはじめ米軍基地周辺の町にはハンバーガーの店はたくさんあって身近な食品でした。

藤田氏のように、安価なチェーン展開を思いつく人はいなかったわけで、残念ながら歴史に残る商機を見逃してしまいました。

SPONSORED LINK

 

■ハンバーガーの日のイベント

マックのHPを見ると、1か月に10~15のキャンペーンや新発売のお知らせで、店舗スタッフのてんやわんやが目に浮かぶようです。

自社で制定した記念日ですが、派手に告知はしないので、この記念日の認知度は高くありませんし、マック独自のイベントも見つかりません。

その代わり、マックに限らずハンバーガー各社でクーポンを発行するようですが、クーポンなんて四六時中あるので、なあ~んだ、ですよね。

 

スポンサードリンク

■ハンバーガーの日の雑学

▽「スーパーサイズ・ミー」

マックの定番ハンバーガーは約250kcal、ビッグマックは約530kcalで、これでもまだバーガー類では低いほうで、他社を含めるとダブルなんとか、チーズなんとかでは400超えが当たり前で、中には800、900といった高カロリーのバーガーも見受けられます。

2004年に「スーパーサイズ・ミー」という映画が日米をはじめ世界各地で公開され、かなりの反響を呼びました。

これは監督自身が1日3回、30日間、マックのファストフードだけを食べ続けたらどうなるか、という実験的ドキュメンタリー映画で、監督は「食文化への警告であって、マックへの批判の意図はない」と言っていますが、反響の大きさに公開後、マックは上映館にスポットCMを入れたり、反論サイトを設けたりと防戦一方になり、一部メニューの変更も余儀なくされました。

 

▽「ハンバーガー帝国のヒミツ」

ハンバーガーの発祥は諸説あってハッキリしませんが、20世紀になってからアメリカで生まれたことは確かなようで、マクドナルド社の今日の隆盛過程をたどった映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」が2017年に公開されました。

ふつうこういう映画には協賛するものですが、創業時のフランチャイズをめぐるトラブルが描かれているせいか、マックは知らん顔でした。

それにしても、アメリカはこういうネガティブな映画でも、実名でバンバン製作するんですね。

文化の違いとは言え、日本は総理大臣も政党も企業も、すべて仮名で腰が引けていますね。

 

■まとめ

ハンバーガーの日の制定がマックなので、マックばかりの話でしたが、いつの間にこんな多くのハンバーガーショップができたのだと驚くほど、多種多様なチェーン展開の今日です。

それぞれに独自性があって、食べ比べてみるのも楽しそうですが、くれぐれもカロリー過多には注意してくださいね。

7月20日は何の日?誕生日の有名人や星座、花言葉・運勢・性格は

 

他にもおもしろい記念日がたくさんあります!

今日は何の日?毎日が記念日カレンダー

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-7月の話題・行事・イベント, 今日は何の日・記念日

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.