最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

10月の話題・行事・イベント 今日は何の日・記念日

ボスの日とはいつ?意味や由来は。アメリカとの感覚の違いも

投稿日:

SPONSORED LINK

「10月16日  ボスの日」

■はじめに

「ボス」という言葉は、どうも日本の風土とは合わない気がします。

社長、上司というよりも、「暗黒街のボス」といった首領、親分のイメージが強くて、あまりいい印象がないのは、ギャング、任侠映画のせいでしょうか。

 

スポンサードリンク

ボスの日とは

毎年の10月16日は、職場の従業員たちが上司を称え、感謝の気持ちを表す「ボスの日」です。

この習慣はアメリカで始まって、世界中に広がっていると言いますが、筆者は聞いたことがありませんね。

10月16日が休日に当たる年は、直近の就業日になるとかで、融通が利くというか、なにがなんでも感謝され、感謝し、感謝させられ、感謝せねばならぬ(くどいっ!)日なんですね。

 

ボスの日の意味と由来

事の起こりは1958(昭和33)年、パトリシア・ベイ・ハロキスなるアメリカ人女性が、会社を経営する父親と部下の間がギクシャクしていることを解決するための名案として、この「ボスの日」制定を米商工会議所に持ち込んだことです。

こうした雇用側と労働者との不穏な空気はどこにでもあったようで、この父親思いの提案が多くの支持を集めて「ボスの日」誕生となりました。

彼女は若い社員たちが上司の任務を理解せず、感謝もしていないと考えていたようで、客観的な公平判断に疑義もあって、話を持ち込んだのが労働組合だったら、果たして「ボスの日」が認められたかどうか…。

この10月16日は、彼女の父親の誕生日なんです。

 

アメリカでは「ボスの日」にカードに添えて、プレゼントをしたり食事に招待するようです。

プレゼントを渡すと聞いて、そんな商機を見逃すはずもなく、日本のデパート業界が1988(昭和63)年から日本版「ボスの日」を実施していますが、この日にプレゼントをもらっている上司を見たことがありません。

もっとも個人で堂々とプレゼントするのは憚られるので、こっそりと手渡しているのかもしれませんが。

中元、歳暮同様、社長とか専務クラスになると、「諸般の事情」からこういう日は無視しにくいですね。

 

実態はどうあれ、この日が有名になると、上司と部下の関係では、バレンタインのように恋の駆け引きなんて微笑ましさはないので、かえって人間関係に悲惨な結果も招きかねませんね。

アメリカ人のようなフランクさを持たない日本人には「ボスの日」はムリのような気がしています。

 

■ボスの日のイベント

サントリーの缶コーヒー「BOSS」とコラボして、「上司と部下でハッピーBOSSライフ!」とかいう浮かれたイベントでもあるのかと思いましたが、まるっきりそんなお祭り騒ぎのカケラもありません。

それどころか、働き方改革が叫ばれる中、部下のマネジメントに悩む管理職が増えていることから、毎年のこの日は「ボスの日フォーラム」として、ボスの本音調査報告や専門家の講演、パネルディスカッションなどが開催されています。

やっぱり、アメリカとは違う!

 

スポンサードリンク

■ボスの日の雑学

▽イクボスプロジェクト

「イクボス」とは、男性の従業員や部下の育児参加を支援するために、育児休暇取得を促すなど、仕事との両立に理解を示す経営者、上司のことで、「イクメン」から派生した言葉ですね。

イクボスは育児参加の目配りだけにとどまらず、イクメンのキャリアや、その間の組織運営、業績なども考えなければならないので、高度な管理スキル、人間力が要求されます。

2015年には広島県知事が都道府県知事として、また海上自衛隊呉地方総監が自衛隊幹部として、それぞれ初の「イクボス宣言」をしています。

 

▽理想の上司

2018年、角川アスキー総合研究所が、TwitterやLINEを利用している男女319人を対象として、「ボスの日」に関するリサーチをしました。

それによると「ボスの日」を知っている人は5.6%しかなく、実際に感謝の気持ちを伝えたのはわずか0.6%で、やっぱりという結果でした。

また、上司を恨んでいる人は10%で、57%が感謝しているとの回答ですから、「ボスの日」の浸透度が高まれば、デパート業界もニンマリできそうです。

 

「好きな上司のタイプは」という質問には、35.4%が「信頼してついていける人」と回答、「考え方、仕事のやり方に共感できる人」が11.9%、次いで「的確な指示、アドバイス」「偉そうにしない、気さく」といった予想通りの回答が並んでいます。

「飲みに誘ってくれる」が0.6%、「自宅で手料理をふるまってくれる」はゼロだったことから、どうやら社を一歩出たら「お付き合いはカンベン」という本音がうかがえますね。

定番の質問「理想のボスにピッタリな俳優は」の結果は、信頼、優しくなどのキーワード6部門で西島秀俊が1位を獲得しています。

 

■最後に

バンゾウ、ベン、ペター、カク、ネッシン……何だかわかりますか?

これは東京・高尾山サル園の歴代ボス猿の名前です。

バンゾウは仲間を守るため野犬と闘い「殉職」、ネッシンは子守りをする優しく面倒見のいいボスだそうです。

 

他にもおもしろい記念日がたくさんあります!

今日は何の日?毎日が記念日カレンダー

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-10月の話題・行事・イベント, 今日は何の日・記念日

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.