最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

2月の話題・行事・イベント 今日は何の日・記念日

月光仮面登場の日とはいつ?意味や由来、イベント。驚異的な視聴率も

更新日:

「2月24日  月光仮面登場の日」

■はじめに

当サイトのファンで、テレビドラマ「月光仮面」をリアルで観たことのある人はいないだろうと思います。

果たして「月光仮面」をうまく伝えることができるか心配です。

 

スポンサードリンク

月光仮面登場の日とは

1958(昭和33)年2月24日、今のTBS系列で国産初の連続ドラマ「月光仮面」のテレビ放送が始まりました。

「どこのだれかは知らないけれど、だれもがみ~んな知っている…」で始まる主題歌を、子どもはもちろん、知らない大人もいませんでしたね。

この放送開始を記念して、どこのだれかは知らないけれど、この日を「月光仮面の日」という記念日にしました。

 

■月光仮面登場の日の意味と由来

あらかじめ告白しておきますが、筆者は相当若くないため、このテレビ番組「月光仮面」をリアルタイムで観たおぼろげな記憶があります。

しかし、完結まで71回も続いた第1部の「どくろ仮面」を観た覚えがないのは、10分間の帯番組(月曜~土曜、18時から)のせいだったかもしれません。

 

以降、第2部の「パラダイ王国の秘宝」から第3部「マンモス・コング」、第4部「幽霊党の逆襲」、第5部「その復讐に手を出すな」までは週1の30分番組になりました。

時間も日曜18時からとなり、第3部の途中で19時からに移動しましたが、これも記憶がありません。

 

しかし、第5部まで観ていたのは間違いなく、そう人気も落ちていないのに、なぜ放送が終わってしまうのか疑問で、祖母に尋ねたことは覚えています。

もっとも、祖母がそんな理由を知るはずもなく、これは後々に聞いた話だろうと思いますが、毎回の冒頭、月光仮面がオートバイに飛び乗るシーンがあり、マネをする人が続出して危険とか、崖から飛び降りるアクションをマネした子どもが死亡したり、骨折したりで、とうとう有害番組とされてしまったことが原因でした。

 

ストーリーの記憶はまるでありませんが、第2部の悪玉の首領「サタンの爪」の般若面を洋風にアレンジしたお面と、キングコングそっくりのマンモスコングは今でもよく覚えています。

東京地区の視聴率は平均で40%、最高が67%という今では考えられない数字ですが、テレビゲームやスマホなんか影も形もない時代で、もう外で遊べない時間の放映だったこともあっての数字ですね。

これほどの人気なので、もちろんマンガ月刊誌(当時はコミックなんて言葉はなかった)、少年キングや少年サンデー、学習雑誌にまで連載され、東映が第6部「悪魔の最後」を映画版として製作しています。

SPONSORED LINK

 

■月光仮面登場の日のイベント

2008(平成20)年、「月光仮面誕生50周年プロジェクト」が実施され、主役やプロデューサーの生前のインタビュー、原作者、監督などが当時の思い出や、製作秘話などを収録した記念本が出版されました。

さらに2018年のポップカルチャー、東京コミコンでも月光仮面の企画が発表されましたが、どちらも話題になったとは言えません。

ヒーローは次から次へと生み出されている今、月光仮面はあまりにも昔でありすぎました。

 

スポンサードリンク

月光仮面登場の日の雑学

▽「憎むな、殺すな、赦しましょう」

今思えば、2丁拳銃の月光仮面は手を撃つことはあっても、悪党を殺しませんでした。

これも後で知ったことですが、作者の宗教観が投影された月光仮面は「憎むな、殺すな、赦しましょう」を理念としていたからなんです。

月光仮面の額の三日月は「今は欠けていても、やがて満ちる」、つまり、「今は悪い心であっても、いつかは善人となる」との意味が込められていたそうですが、そんなことをわかって観ていた子どもなんていませんね。

 

▽かつての驚異的視聴率番組

驚異的な視聴率だった「月光仮面」でしたが、それを凌駕する数字を誇るドラマもたくさんあります。

やはり歴代トップはNHKの朝ドラで1983(昭和58)年の「おしん」62.9%です。

次いで1968(昭和43)年の「旅路」56.9%、1966年「おはなはん」56.4%と続いています。

 

朝ドラ以外のNHKでは1964年の大河ドラマ「赤穂浪士」53%、1988年「武田信玄」49.2%が目立ちます。

民放ではTBSの「ありがとう」と、これも懐かしい米医療ドラマ「ベン・ケーシー」がそれぞれ56.3%、50.6%を記録しています。

 

ドラマ以外に広げてみると、1963年の紅白歌合戦が2度と起こり得ない81.4%、前回の東京五輪女子バレー決勝の日本vsソ連が66.8%、日テレのビートルズ日本公演が56.5%、1972年の連合赤軍浅間山荘事件のNHKニュースが50.8%など、どれも筆者にとっては思い出深い番組でした。

また、日本絡みのサッカーW杯やボクシングタイトルマッチも、軒並み高視聴率でした。

 

■最後に

今回は、筆者の思い出話ばかりに終始してしまいました。

その時その時のヒット曲同様、昔の番組タイトルを眺めていると、子どものころの思い出が次々に甦ってきます。

2月24日は何の日?誕生日の有名人や星座、花言葉・運勢・性格は

 

他にもおもしろい記念日がたくさんあります!

今日は何の日?毎日が記念日カレンダー

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-2月の話題・行事・イベント, 今日は何の日・記念日

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.