最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

1月の話題・行事・イベント 今日は何の日・記念日

藪入りとはいつ?意味や由来、藪入りの語源とは

投稿日:

▪はじめに

みなさんは「藪入り」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

俳句の季語や落語の演題にもなっているのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、藪入りとは現代の年末年始やお盆の帰省の元となったかつての風習のことです。

今回はこの藪入りについて詳しくご紹介していきましょう。

 

スポンサードリンク

藪入りとは

藪入りは毎年1月16日にあります。

藪入りとは、江戸時代に広まった風習で、都市部の商家などで働いていた住み込みの丁稚や女中、嫁いだ嫁が実家に帰ることができる休日のことです。

 

藪入りは年に2度あり、旧暦の1月16日と旧暦の7月16日がその日に当たり、7月の藪入りは「後(のち)の藪入り」とも呼ばれています。

また、藪入りは地域によって呼び方が違っていて、関西では「6」の付く日に帰省することから「六入り」、鹿児島地方では親に会いに行くことから「親見参(おやげんぞ)」という呼び方も使われるそうです。

 

▪意味

藪入りとは、かつて商家に住み込みで働いていた奉公人や他家に嫁いでいった嫁が実家に帰ることを許された休日の始めの日(旧暦の1月16日と7月16日)のことを指します。

藪入りの休日は、1月と7月それぞれ3日間でした。

しかし戦後は、働き方が大きく変わったことや週休制が定着したことなどから藪入りの習慣はなくなり、正月休みや盆休みの帰省へと変更されていきました。

 

▪由来

藪入りの日が1月16日と7月16日になったのは、旧暦の1月15日が小正月、旧暦の7月15日がお盆という重要な祭日で、この2日に奉公先や嫁ぎ先で小正月やお盆の行事を済ませ、翌日に実家での行事に参加できるように設けられた休日が由来とされています。

 

▪イベント

藪入りに関するイベントは、残念ながら見つけることができませんでした。

 

スポンサードリンク

藪入りの雑学

<藪入りの語源とは?>

「藪入り」の語源は、奉公人が実家に帰るという意味の「宿入り」が訛ったものという説や、都会から藪の深い田舎に帰ることからついたという説などがありますが、はっきりとはしていません。

藪入りの日である「16日」という数字が八と二をかけていることから「八(や)二(ぶ)」と呼ばれるようになったという説もありますが、江戸っ子らしい発想で面白いですよね。

 

江戸時代から昭和初期ごろまでは、10歳前後の子供が商家に奉公に上がることはよくある事でした。

将来商売人になるための修行であったり、子供の多い家庭の口減らしであったりと理由は様々だったようです。

奉公人となった子供は住み込みで働きながら、読み書きやそろばんを習ったり家事全般や行儀作法などを身につけたりもしていました。

商家で働く奉公人は、働き始めて最初の数年間(3年~9年)は里心がついたらいけないという理由から家に帰ることができなかったそうです。

そんな奉公人が初めて実家に帰れる日は「初登り」と呼ばれていました。

何年も我慢して頑張ってきたのですから、初登り以降の実家に帰れる年2回の藪入りは、行事を行う以上にとても大切な休日でした。

 

また、藪入りのときには実家が遠かったり家庭の事情があったりして実家に帰らない奉公人もいましたが、芝居を見たり買い物をしたりして休日を楽しんでいたそうです。

 

<藪入りのときには主人から「お仕着せ」が与えられていた>

奉公人たちが楽しみにしていた藪入りのときには、奉公先の主人から着物や履物などが支給されていました。

これを「お仕着せ」といいます。

お仕着せとは、もともと平安時代の貴族が使用人に支給していたお揃いの着物のことで、平安時代以降も武家や商家で続けられた風習です。

 

江戸時代には商家の主人が藪入りのときにお仕着せとして夏服や冬服を主人が奉公人に支給していました。

当時では当たり前の習慣で、現在に置き換えるならば企業が季節に合わせた制服を支給するのと同じような感じです。

 

商家によっては着物代としてお金を渡すところもあったようで、これも「お仕着せ」と呼ばれていました。(現在だとボーナスのようなものといえます)

商家によっては藪入りで実家に帰る子に、お仕着せとして着物と一緒にお菓子などのお土産や小遣いを持たせてくれるところもあったようで、奉公に出ていた子供たちはお土産を手にきれいな着物を着て実家に帰れるのは、さぞかし嬉しかったことでしょうね。

 

しかし、この「お仕着せ」という言葉は、昭和中期ごろから「お仕着せがましい=上の立場から一方的に押し付けられる」というあまりよい意味ではない言葉として使われるようになりました。

これは、主人から渡されていたお仕着せが主人のお古だったり自分の好みではなかったりといった不満から生まれたとされています。

お仕着せは奉公人のために主人が行い奉公人にとっても喜ばしいことだったでしょうに、なんとも皮肉なものですね。

 

▪まとめ

子供のころ、正月とお盆に帰省するのはどうしてなのか疑問に思うことがありましたが、藪入りが元になっているということが分かり納得しました。

落語の「藪入り」の中で父親が3年ぶりに奉公先から帰ってくる息子に色々なごちそうを食べさせてやりたい、色々な観光地に連れて行ってやりたいと心躍らせて息子の帰りを待っているという場面がありますが、藪入りは奉公に上がった子供だけでなく、親にとっても待ち遠しい特別な休暇だったのです。

1月16日は何の日?誕生日の有名人や星座、花言葉・運勢・性格は

 

他にもおもしろい記念日がたくさんあります!

今日は何の日?毎日が記念日カレンダー

 

▪はじめに

みなさんは「藪入り」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

俳句の季語や落語の演題にもなっているのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、藪入りとは現代の年末年始やお盆の帰省の元となったかつての風習のことです。

今回はこの藪入りについて詳しくご紹介していきましょう。

 

藪入りとは

藪入りは毎年1月16日にあります。

藪入りとは、江戸時代に広まった風習で、都市部の商家などで働いていた住み込みの丁稚や女中、嫁いだ嫁が実家に帰ることができる休日のことです。

 

藪入りは年に2度あり、旧暦の1月16日と旧暦の7月16日がその日に当たり、7月の藪入りは「後(のち)の藪入り」とも呼ばれています。

また、藪入りは地域によって呼び方が違っていて、関西では「6」の付く日に帰省することから「六入り」、鹿児島地方では親に会いに行くことから「親見参(おやげんぞ)」という呼び方も使われるそうです。

 

▪意味

藪入りとは、かつて商家に住み込みで働いていた奉公人や他家に嫁いでいった嫁が実家に帰ることを許された休日の始めの日(旧暦の1月16日と7月16日)のことを指します。

藪入りの休日は、1月と7月それぞれ3日間でした。

しかし戦後は、働き方が大きく変わったことや週休制が定着したことなどから藪入りの習慣はなくなり、正月休みや盆休みの帰省へと変更されていきました。

 

▪由来

藪入りの日が1月16日と7月16日になったのは、旧暦の1月15日が小正月、旧暦の7月15日がお盆という重要な祭日で、この2日に奉公先や嫁ぎ先で小正月やお盆の行事を済ませ、翌日に実家での行事に参加できるように設けられた休日が由来とされています。

 

▪イベント

藪入りに関するイベントは、残念ながら見つけることができませんでした。

 

藪入りの雑学

<藪入りの語源とは?>

「藪入り」の語源は、奉公人が実家に帰るという意味の「宿入り」が訛ったものという説や、都会から藪の深い田舎に帰ることからついたという説などがありますが、はっきりとはしていません。

藪入りの日である「16日」という数字が八と二をかけていることから「八(や)二(ぶ)」と呼ばれるようになったという説もありますが、江戸っ子らしい発想で面白いですよね。

 

江戸時代から昭和初期ごろまでは、10歳前後の子供が商家に奉公に上がることはよくある事でした。

将来商売人になるための修行であったり、子供の多い家庭の口減らしであったりと理由は様々だったようです。

奉公人となった子供は住み込みで働きながら、読み書きやそろばんを習ったり家事全般や行儀作法などを身につけたりもしていました。

商家で働く奉公人は、働き始めて最初の数年間(3年~9年)は里心がついたらいけないという理由から家に帰ることができなかったそうです。

そんな奉公人が初めて実家に帰れる日は「初登り」と呼ばれていました。

何年も我慢して頑張ってきたのですから、初登り以降の実家に帰れる年2回の藪入りは、行事を行う以上にとても大切な休日でした。

 

また、藪入りのときには実家が遠かったり家庭の事情があったりして実家に帰らない奉公人もいましたが、芝居を見たり買い物をしたりして休日を楽しんでいたそうです。

 

<藪入りのときには主人から「お仕着せ」が与えられていた>

奉公人たちが楽しみにしていた藪入りのときには、奉公先の主人から着物や履物などが支給されていました。

これを「お仕着せ」といいます。

お仕着せとは、もともと平安時代の貴族が使用人に支給していたお揃いの着物のことで、平安時代以降も武家や商家で続けられた風習です。

 

江戸時代には商家の主人が藪入りのときにお仕着せとして夏服や冬服を主人が奉公人に支給していました。

当時では当たり前の習慣で、現在に置き換えるならば企業が季節に合わせた制服を支給するのと同じような感じです。

 

商家によっては着物代としてお金を渡すところもあったようで、これも「お仕着せ」と呼ばれていました。(現在だとボーナスのようなものといえます)

商家によっては藪入りで実家に帰る子に、お仕着せとして着物と一緒にお菓子などのお土産や小遣いを持たせてくれるところもあったようで、奉公に出ていた子供たちはお土産を手にきれいな着物を着て実家に帰れるのは、さぞかし嬉しかったことでしょうね。

 

しかし、この「お仕着せ」という言葉は、昭和中期ごろから「お仕着せがましい=上の立場から一方的に押し付けられる」というあまりよい意味ではない言葉として使われるようになりました。

これは、主人から渡されていたお仕着せが主人のお古だったり自分の好みではなかったりといった不満から生まれたとされています。

お仕着せは奉公人のために主人が行い奉公人にとっても喜ばしいことだったでしょうに、なんとも皮肉なものですね。

 

▪まとめ

子供のころ、正月とお盆に帰省するのはどうしてなのか疑問に思うことがありましたが、藪入りが元になっているということが分かり納得しました。

落語の「藪入り」の中で父親が3年ぶりに奉公先から帰ってくる息子に色々なごちそうを食べさせてやりたい、色々な観光地に連れて行ってやりたいと心躍らせて息子の帰りを待っているという場面がありますが、藪入りは奉公に上がった子供だけでなく、親にとっても待ち遠しい特別な休暇だったのです。

1月16日は何の日?誕生日の有名人や星座、花言葉・運勢・性格は

 

他にもおもしろい記念日がたくさんあります!

今日は何の日?毎日が記念日カレンダー

 

▪はじめに

みなさんは「藪入り」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

俳句の季語や落語の演題にもなっているのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、藪入りとは現代の年末年始やお盆の帰省の元となったかつての風習のことです。

今回はこの藪入りについて詳しくご紹介していきましょう。

 

藪入りとは

藪入りは毎年1月16日にあります。

藪入りとは、江戸時代に広まった風習で、都市部の商家などで働いていた住み込みの丁稚や女中、嫁いだ嫁が実家に帰ることができる休日のことです。

 

藪入りは年に2度あり、旧暦の1月16日と旧暦の7月16日がその日に当たり、7月の藪入りは「後(のち)の藪入り」とも呼ばれています。

また、藪入りは地域によって呼び方が違っていて、関西では「6」の付く日に帰省することから「六入り」、鹿児島地方では親に会いに行くことから「親見参(おやげんぞ)」という呼び方も使われるそうです。

 

▪意味

藪入りとは、かつて商家に住み込みで働いていた奉公人や他家に嫁いでいった嫁が実家に帰ることを許された休日の始めの日(旧暦の1月16日と7月16日)のことを指します。

藪入りの休日は、1月と7月それぞれ3日間でした。

しかし戦後は、働き方が大きく変わったことや週休制が定着したことなどから藪入りの習慣はなくなり、正月休みや盆休みの帰省へと変更されていきました。

 

▪由来

藪入りの日が1月16日と7月16日になったのは、旧暦の1月15日が小正月、旧暦の7月15日がお盆という重要な祭日で、この2日に奉公先や嫁ぎ先で小正月やお盆の行事を済ませ、翌日に実家での行事に参加できるように設けられた休日が由来とされています。

 

▪イベント

藪入りに関するイベントは、残念ながら見つけることができませんでした。

 

藪入りの雑学

<藪入りの語源とは?>

「藪入り」の語源は、奉公人が実家に帰るという意味の「宿入り」が訛ったものという説や、都会から藪の深い田舎に帰ることからついたという説などがありますが、はっきりとはしていません。

藪入りの日である「16日」という数字が八と二をかけていることから「八(や)二(ぶ)」と呼ばれるようになったという説もありますが、江戸っ子らしい発想で面白いですよね。

 

江戸時代から昭和初期ごろまでは、10歳前後の子供が商家に奉公に上がることはよくある事でした。

将来商売人になるための修行であったり、子供の多い家庭の口減らしであったりと理由は様々だったようです。

奉公人となった子供は住み込みで働きながら、読み書きやそろばんを習ったり家事全般や行儀作法などを身につけたりもしていました。

商家で働く奉公人は、働き始めて最初の数年間(3年~9年)は里心がついたらいけないという理由から家に帰ることができなかったそうです。

そんな奉公人が初めて実家に帰れる日は「初登り」と呼ばれていました。

何年も我慢して頑張ってきたのですから、初登り以降の実家に帰れる年2回の藪入りは、行事を行う以上にとても大切な休日でした。

 

また、藪入りのときには実家が遠かったり家庭の事情があったりして実家に帰らない奉公人もいましたが、芝居を見たり買い物をしたりして休日を楽しんでいたそうです。

 

<藪入りのときには主人から「お仕着せ」が与えられていた>

奉公人たちが楽しみにしていた藪入りのときには、奉公先の主人から着物や履物などが支給されていました。

これを「お仕着せ」といいます。

お仕着せとは、もともと平安時代の貴族が使用人に支給していたお揃いの着物のことで、平安時代以降も武家や商家で続けられた風習です。

 

江戸時代には商家の主人が藪入りのときにお仕着せとして夏服や冬服を主人が奉公人に支給していました。

当時では当たり前の習慣で、現在に置き換えるならば企業が季節に合わせた制服を支給するのと同じような感じです。

 

商家によっては着物代としてお金を渡すところもあったようで、これも「お仕着せ」と呼ばれていました。(現在だとボーナスのようなものといえます)

商家によっては藪入りで実家に帰る子に、お仕着せとして着物と一緒にお菓子などのお土産や小遣いを持たせてくれるところもあったようで、奉公に出ていた子供たちはお土産を手にきれいな着物を着て実家に帰れるのは、さぞかし嬉しかったことでしょうね。

 

しかし、この「お仕着せ」という言葉は、昭和中期ごろから「お仕着せがましい=上の立場から一方的に押し付けられる」というあまりよい意味ではない言葉として使われるようになりました。

これは、主人から渡されていたお仕着せが主人のお古だったり自分の好みではなかったりといった不満から生まれたとされています。

お仕着せは奉公人のために主人が行い奉公人にとっても喜ばしいことだったでしょうに、なんとも皮肉なものですね。

 

▪まとめ

子供のころ、正月とお盆に帰省するのはどうしてなのか疑問に思うことがありましたが、藪入りが元になっているということが分かり納得しました。

落語の「藪入り」の中で父親が3年ぶりに奉公先から帰ってくる息子に色々なごちそうを食べさせてやりたい、色々な観光地に連れて行ってやりたいと心躍らせて息子の帰りを待っているという場面がありますが、藪入りは奉公に上がった子供だけでなく、親にとっても待ち遠しい特別な休暇だったのです。

1月16日は何の日?誕生日の有名人や星座、花言葉・運勢・性格は

 

他にもおもしろい記念日がたくさんあります!

今日は何の日?毎日が記念日カレンダー

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-1月の話題・行事・イベント, 今日は何の日・記念日

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.