最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

7月の話題・行事・イベント 今日は何の日・記念日

洗濯機の日とはいつ?意味や由来、洗濯機の誕生と歴史は

更新日:

▪はじめに

洗濯機は、現代の生活においてなくてはならない家電の1つです。

家事の負担を大きく軽減し、現在も進化し続ける洗濯機の記念日は、水を多く使う8月にあります。

そこで今回は、洗濯機に関する記念日や雑学などについて調べてみました。

 

洗濯機の日とは

洗濯機の日は、毎年8月1日にあります。

洗濯機の日は、洗濯機が水を使う家電ということで「水の日」という記念日に因んで制定された記念日です。

この記念日をどの団体が制定したかは、残念ながら分かりませんでした。

 

▪意味

洗濯機の日が制定された意味や目的は、残念ながら分かりませんでした。

 

▪由来

洗濯機の日は、8月が1番多く水を使うことから、「水の日」に由来して制定された記念日です。

 

▪イベント

洗濯機の日に関するイベントは、残念ながら見つけることができませんでした。

 

洗濯機の雑学

<洗濯機はいつ誕生したの?>

現代の私たちの生活に欠かせない洗濯機ですが、誕生したのはいつ頃なのでしょうか?

 

かつて洗濯は、川などの水辺近くにある岩に衣類を叩きつけたり布を手でこすったり足で踏んだりして行っていました。

このような洗濯方法がとても重労働であったことや、ヨーロッパを中心にペストなどの伝染病が流行し熱湯の中に洗濯物を入れて棒でかき回す方法が行われるようになったものの、やけどをする人が続出したことなどから、17世紀ごろのドイツなどで、横向きにした樽にハンドルを付け、中に洗濯物を入れて蓋をし、ハンドルを回して中身を攪拌(かくはん)させる手動式の洗濯器具が誕生しました。

これが洗濯機のはじまりとされています。

 

その後も洗濯機はどんどん進化していき、脱水機能の付いた洗濯機やガソリンエンジンを使った洗濯機などが次々と作られ、1908年(明治41年)にアメリカのアルバ・ジョン・フィッシャー(Alva John Fisher)によって世界初の機械式洗濯機が発明され、シカゴのハレー・マシン社によって販売されるようになりました。

ハレー・マシン社の電気洗濯機は円筒状の洗濯槽を回転させることによって洗濯物をたたき洗いするタイプのもので「Thor(ソアー)」というブランドで販売され、1922年(大正11年)に三井物産がこの洗濯機を輸入し日本でも販売されるようになります。

日本では、1930年(昭和5年)にハレー・マシン社や攪拌式電気洗濯機を開発したGE社の技術をもとに、芝浦製作所(現在のTOSHIBA(東芝))が日本製の攪拌式電気洗濯機を開発し、販売されるようになりました。

その後もイギリスのフーバー社が小型の噴流式洗濯機や二層洗濯機を開発し、洗濯機はどんどん進化していきます。

日本でも、海外製の洗濯機をもとに日本の各電器メーカーが日本流の電気洗濯機を開発・販売し、1950年代には白黒テレビ・冷蔵庫とともに「三種の神器」というキャッチコピーで売り出され、その後徐々に一般家庭に普及していきました。

 

<洗濯機の買い替えの目安とは?>

洗濯は毎日のように行うので、洗濯機がいきなり壊れてしまったらとても困りますよね。

とはいえ、安いものではないのでそう簡単には買い替えができないのも現実です。

そこでここでは、洗濯機の買い替えの目安を紹介していきます。

 

大きな目安は、洗濯機の寿命です。

洗濯機の寿命は、6年から8年が一般的だといわれています。

購入してから6年くらいたつと、トラブルが発生しやすくなってきます。

 

洗濯機は寿命が近づくと次のような異常が見られるようになります。

 

洗濯中にストップしてしまう

洗濯機に内蔵されているコンピューターが故障して、誤ってエラーを出してしまい起こる異常です。

 

洗濯中にガタガタといった大きな音が出る

モーターに異常がある場合にガタガタとした大きな音が出ます。

音が出ても動きますが、そのまま使い続けるといきなり動かなくなることがあります。

 

脱水や給水ができない

脱水できないのは、洗濯機の部品が長年使ったことで破損している可能性があります。

また、給水できないのは、給水フィルターの詰まりや凍結、なんらかの原因で緊急止水弁が作動していることなどが原因のことであることもありますが、これらの原因の対処法を試してみても改善しない場合は、洗濯機が壊れている可能性があります。

これらの異常は部品交換をすることで修理も可能ですが、洗濯機はどんどん新しい型のものが作られていくので、6年以上たつとメーカーに部品のストックが無くなって修理できなくなることもあるようです。

ですから、6年以上使っていて調子が悪くなってきたものなら、買い替えをおすすめします。

 

▪まとめ

洗濯機が誕生したことによって、家事をする人の負担がとても軽くなりました。

私も何度か手で洗濯をしたことがありますが、靴下を洗うだけでも結構大変で、ジーパンなど大きなものになると体力的にとても負担がかかります。

洗濯機の日には、洗濯機を発明し、現在も新しいものを作ってくれている人たちに感謝したいです。

8月1日は何の日?誕生日の有名人や星座、花言葉・運勢・性格は

 

他にもおもしろい記念日がたくさんあります!

今日は何の日?毎日が記念日カレンダー

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-7月の話題・行事・イベント, 今日は何の日・記念日

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.