最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

花言葉・誕生花

オンシジュームの花言葉。踊る女性の蘭のように可憐な花

更新日:

美しい姿のオンシジューム。

その姿は、踊っている女性の姿を連想させます。

 

オンシジュームとは

オンシジュームはラン科オンシジウム属で、中央アメリカや南アメリカが原産の多年草です。

草丈は15~30cm程度で、開花時期が4月~6月、9月~10月、12月~1月と幅広く、花の色もピンクやオレンジ、レッド、ホワイトなど様々です。

 

オンシジュームの名前の由来

オンシジュームにはラン科の植物に見られる唇弁の基部にこぶがあることから、「Oncidium(小さなこぶ)」という学名がつけられました。

また、オンシジュームの花がスカートを広げて踊っているように見えることから、英語で「Dancing lady orchid(踊る女性の蘭)」と呼ばれています。

他にも、舞い飛ぶ蝶を意味した「Butterfly orchid(蝶の蘭)」と呼ばれています。

オンシジュームの花の独特な姿から様々な呼び名があり、「ダンシングガール(Dancing Girl)」「ダンシングバレリーナ(Dancing Ballerina)」「スズメラン(雀蘭)」「ムレスズメラン(群雀蘭)」などもあります。

 

オンシジュームが誕生花となる日にち

1月15日、11月5日、11月28日

 

オンシジュームの花言葉

オンシジューム全般のの花言葉は「可憐」「一緒に踊って」です。

「Dancing lady orchid(踊る女性の蘭)」と呼ばれる、可憐な舞い姿の通りの花言葉ですね。

 

他にも「つぼみのままでいて」「清楚」「印象的」「野心的な愛」「協調」「気立てのよさ」「遊び心」などがあります。

踊っている際にスカートがひらひらと舞う姿から「遊び心」という花言葉がつけられたようです。

 

オンシジュームの色別の花言葉

オンシジュームには色別の花言葉はないようです。

 

オンシジュームの怖い花言葉

オンシジュームの花言葉には怖い意味はないようですが、オンシジュームはラン科であり、蘭についてのギリシャ神話があります。

ギリシャ神話では「オルキスの生まれ変わり」が蘭と言われています。

オルキスは山羊脚のサテュロスを父に、妖精のニンフを母にもつ半妖半獣の精霊です。

 

オルキスは父に似て酒や女が好きで、女性を追いかけまわしていました。

酒の神ディオニュソスの祝祭日の時、酔っ払ったオルキスは女司祭に手をだそうとします。

周りの神々はオルキスを止め、女司祭も無事でしたが、神々の怒りを買ったオルキスは体をバラバラにされてしまいます。

父サテュロスは天神々にオルキスの救いを乞います。

すると、体の一つ一つが美しいランへと姿をかえていったのです。

 

ギリシャ神話では、花に姿を変えるお話がよくありますが、バラバラになった体が花になるのは怖いですね。

そして、また欲に溺れた男性が登場でした。

 

→ 花言葉 誕生花月別一覧

→ 花言葉 五十音順一覧まとめ

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-花言葉・誕生花

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.