最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

花言葉・誕生花

センニチコウ(千日紅)の花言葉。ピンクや赤など色別の花言葉はない?

投稿日:

ぼんぼりのような丸い花をつけるセンニチコウ。

仏壇などに備えられることや、フラワーアレンジメントで利用されることが多いです。

長く楽しめる特徴が、花の名前や花言葉の由来となっていました。

 

センニチコウ(千日紅)とは

熱帯地方、なかでもパナマやグアテマラといった地域が原産の花です。

熱帯で生息するため、暑さには強いです。

花が見られるのは5月から11月ごろで、長い間花が咲き続けます。

花の背丈は低いもので15㎝、高いものでは70㎝程度です。

長く伸びた茎の先に、ぼんぼりのような丸い花をつけます。

花色は白やピンク、赤、黄色などの暖色系から、暗めの紫色まで多様です。

葉っぱや茎には、すこし粗い毛が生えます。

センニチコウは、品種によって香りがあるものもあります。

日本では仏壇に飾られる切り花として良く知られていますが、フラワーアレンジメントやドライフラワーなどで、楽しまれることが多いです。

 

センニチコウ(千日紅)の名前の由来

「千日紅(センニチコウ)」という名前は、花を長く楽しめるという特徴に由来します。

センニチコウが日本に伝えられる前に、長期間咲く花としされていたのが、「百日紅(サルスベリ)」です。

この「サルスベリ」よりも、さらに長く花が咲き続けることから名づけられました。

別名には「千日草(センニチソウ)」ともつけられています。

 

西洋名は「globe amaranth(グローブ アマランス)」や「bachelor’s button(バーチャラーズ ボタン)」です。

「globe」には、球体という意味があります。
また、「amaranth」には、ヒユ科の植物という意味があることから、「globe amaranth」となりました。

「bachelor」は、独身や独身男性といった意味で、花を利用した恋占いが由来で名前がつけられています。

男性の胸ポケットに花を刺し、恋する女性に会い、花が枯れるかどうかで占うそうです。

これが総じて、「bachelor’s button」と呼ばれるようになりました。

 

センニチコウが誕生花となる日にち

8月14日、8月20日、8月26日、8月30日、9月22日、10月10日

 

センニチコウの花言葉

「色あせぬ恋」「永遠の恋」「不老不死」「不朽」「重宝」などが花言葉です。

西洋の花言葉には「unfading love(色あせぬ恋)」、「immortality(不滅)」などがつけられています。

これらの花言葉は、長い間花が咲き続けることに由来します。

また、ドライフラワーなどに加工しても、色あせることはありません。

いつまでも変わらない姿から、花言葉がつけられました。

「重宝」という花言葉は、ドライフラワーやフラワーアレンジメント、切り花など、どんなことにも多様できることが由来です。

 

センニチコウの色別の花言葉

暖色系の花色が多いセンニチコウ。

花色は多いですが、色別の花言葉はつけられていないようです。

 

センニチコウの怖い花言葉

長い間花が見られ、その特徴に由来した花言葉が多くつけられています。

そんなセンニチコウには、怖い印象の花言葉はつけられていません。

 

センニチコウに似ている花

真ん丸なボタンのような花が特徴で、100種以上の品種があるセンニチコウ。 

近縁種には、「キバナセンニチコウ」という花があります。

元々は名前の通り、黄色やオレンジ色の花色でしたが、品種改良で、赤やピンクなどの花色もつくられました。

「センニチコウ」との違いは、草丈が高いことです。

花言葉は、センニチコウと同じです。

 

同じヒユ科の植物でセロシアという花も、よく似ています。

2つの大きな違いは、花が縦に長いことです。

花の手触りはよく似ており、乾燥しています。

セロシアもドライフラワーなどによく利用される花です。

「おしゃれ」や「情愛」などの花言葉がつけられています。

 

花の名前の由来と関係している「百日紅(サルスベリ)」。
見た目は、全く似ていません。

しかし、センニチコウのように、長い間花を観察できる花木です。

サルスベリには「愛嬌」や「雄弁」といった花言葉がつけられています。

 

センニチコウは、長い間可愛らしい花が楽しめます。

花束などでプレゼントしてもいいですが、半永久的楽しめるドライフラワーやプリザーブドフラワーなどを贈るのも良いですね。

→ 花言葉 誕生花月別一覧

→ 花言葉 五十音順一覧まとめ

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-花言葉・誕生花

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.