最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

花言葉・誕生花

ギンバイカの花言葉。結婚式のブーケに使われる愛を象徴するの花

更新日:

1年中、深い緑で潤いがある葉をしげらせるギンバイカ。

香りの強い真っ白な花を、ブライダルブーケで見たことがある人も多いかもしれません。

そんなギンバイカは古くから「愛」のシンボルとして、ヨーロッパで親しまれてきました。

 

ギンバイカとは

ギンバイカは地中海沿岸やヨーロッパの南西部を原産とする、高さ1~3mの木です。

暑さに強いですが、寒さには弱いため、寒冷地で育てる場合は防寒対策が必要です。

ギンバイカの葉は、押し揉むと良い香りがし、この香りはコアラの食料として知られているユーカリの葉の香りに似ています。

5月から6月に開花する花も良い香りがあり、葉や花の香りが強いため、葉は「マートル」という名前でハーブとして有名です。

秋の終わりには、香り高い、黒紫色の実をつけます。

食べることできますが、苦みがあるため、乾燥させてスパイスに利用されることが多いようです。

他にも、葉や実の香りを活かし、ポプリとしても楽しまれています。
 

ギンバイカの名前の由来

ギンバイカは、漢字で「銀梅花」と表記されます。

名前の由来は、白い花が梅の花に見えたこと、さらに花から良い香りがすることから、梅のような花ということで、ギンバイカと名づけられました。

 

ギンバイカには、他にも複数の名前を持っています。

和名はギンコウバイ(銀香梅)、イワイノキ(祝いの木)。

ギンコウバイとい名前も、由来はギンバイカと同じで梅に似ているからです。

また、イワイノキという名前は、結婚式のブーケや飾りとして、この花が用いられることから、名づけられています。

 

学名は「Myrtus communis」で、「Myrtus」はギンバイカ属という意味を持っています。

英語では「Myrtle(マートル)」、ドイツ語は「ミュルテ(Myrte)」と呼ばれており、学名の「Myrtus」から由来しているそうです。 

 

ギンバイカが誕生花となる日にち

2月7日、2月9日、9月21日

 

ギンバイカの花言葉

ギンバイカは、「愛」「愛のささやき」「高貴な美しさ」などの花言葉をもっています。

また、西洋の花言葉は「amour(愛)」、「verdadero amor(真実の愛)」、「Wir werden bald heiraten(もうすぐ結婚します)」です。

古代の地中海沿岸やヨーロッパでは、真っ白な花を咲かせるギンバイカが、「繁栄」や「成功」などを象徴する花木として、親しまれていました。

「繁栄」は子孫繁栄を意味し、子宝に恵まれる男女の「愛」をイメージできるものです。

このことから、ギンバイカは「愛」の印象が強く、花言葉にも「愛」が多く使われているのでしょう。

 

ギンバイカの色別の花言葉

ギンバイカの花は、白い花のみで色別の花言葉はないようです。

 

ギンバイカの怖い花言葉

ギンバイカは結婚式のブーケにも使われるような、「愛」を印象付ける花です。

ネガティブなイメージや怖い印象の花言葉はないようです。

 

ギンバイカの歴史

原産の地中海沿岸やヨーロッパでは、古くから愛を象徴する花として親しまれてきたギンバイカ。

その歴史はとても古いです。

例えば、紀元前4000年から紀元前3100年に、守護神として崇拝されていたイナンナ女神。

この女神は、愛や美、戦い、金星、豊穣の女神として知られており、聖花はギンバイカと言われています。

ギリシャ神話の女神で、愛と美の女神とされていた、アプロディーテー。

女神アプロディーテーもまた、聖花の1つにギンバイカがあります。

 

このように、ギンバイカは古くから愛や美と深い関係が合ったのです。

結婚式に欠かせない花として、ギンバイカが広まったのは、ヴィクトリア女王といわれています。

ヴィクトリア女王が、ブライダルブーケに使用したことで、結婚式の花の定番となりました。

 

ギンバイカは「愛」の花として、紹介しましたが、「不死」「復活」「勝利」を象徴する花ともされています。

「不死」「復活」「勝利」を印象付けるのは、ギンバイカが年中潤いがある緑の葉をしげらせ、刈り込みをしても枯れる事がないことが理由でしょう。

 

「愛」の花言葉をたくさんもつ、ギンバイカ。

真っ白で美しい花が、愛をイメージするのにピッタリです。

見た目からは想像できない、「不死」「復活」などを象徴しているとは、意外ですね。

→ 花言葉 誕生花月別一覧

→ 花言葉 五十音順一覧まとめ

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-花言葉・誕生花

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.