最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

花言葉・誕生花

スノーフレークの花言葉。毒性から怖いイメージがあるも、美しい花

更新日:

春先に、白くかわいらしい花を咲かせるスノーフレーク。

寒さに強い花で、初心者でも扱いやすいため、ガーデニングなどで人気です。

見た目のままの花言葉がついているスノーフレークですが、毒があり扱いに注意が必要な花でもあります。 

 

スノーフレークとは

スノーフレークは、3月から5月に白い花を咲かせます。

花の形は、鈴のような形で、純白のドレスのように見え素敵です。

花の見た目はスズランに似ているとも言われています。

中央ヨーロッパや地中海沿岸の地域が原産で、寒さに強い多年草の花です。

一般的には、秋に球根を植え、年を越し、2月ごろに葉っぱが生えます。

開花期の3月頃になると、1つの茎に複数個の花が開きます。

開花期が終わる5月には、花が枯れ休眠するのが特徴です。

その後、また翌年に花を咲かせます。

 

スノーフレークはヒガンバナ科スノーフレーク属の植物で、ヒガンバナと同じように毒を持っています。

スイセンと同じで、葉っぱの形がニラに似ており、間違って食べられ食中毒を起こした事例が報告されています。

葉っぱを食べてしまった場合には、嘔吐、下痢、頭痛などの症状があらわれるため、注意が必要です。

 

スノーフレークの名前の由来

スノーフレークは西洋名で、「summer snowflake」と表記されます。

スノーフレークとは、「雪片」や「雪の結晶」などと言った意味です。

花の見た目が、雪のように白く、舞い落ちてくる雪の結晶のように見えたのかもしれませんね。

 

スノーフレークは他にも、「大待雪草(オオマツユキソウ)」とよばれます。

これは、雪が溶けるのを待ってから、花が開花することに由来します。

また、マツユキソウというスノーフレークによく似た花があり、その花よりも大きかったことから、「オオマツユキソウ」となったそうです。

 

スノーフレークの和名は「鈴蘭水仙(スズランスイセン)」です。

「スノーフレークの花はスズランのようである」と言われるように、とてもよく似ています。

そして、葉っぱは、ニラやスイセンに酷似しています。

そのことから、「スズランスイセン」という花の名前になったそうです。

 

スノーフレークは、「Leucojum aestivum(レウコユム アスティバウム)」とうい学名がつけられています。

「Leucojum」は、「leukos(レウコス)」と「ion(イオン)」というギリシャ語が合わさりできた単語です。
意味は「白いスミレ」で、スノーフレークの花の香りが、スミレのような甘い香りがしたことに由来します。

「aestivum」は「夏の」という意味です。

スノーフレークの西洋名にも「summer」とつくように、雪のような白い花が、春から初夏にかけて咲くことからつけられたのでしょう。

 

スノーフレークが誕生花となる日にち

1月28日、2月12日、2月24日、5月30日、6月22日

 

スノーフレークの花言葉

「皆をひきつける魅力」「純潔」「純粋」「汚れなき心」といった花言葉がつけられています。

西洋の花言葉も、「純粋さ」、「無垢」などです。

これらの花言葉は、スノーフレークの花の白さとかわいらしい形の花から由来しています。

花嫁のドレスのような形をしているため、「純潔」や「純粋」といった花言葉がよく合いますね。

 

スノーフレークの色別の花言葉

スノーフレークの花色は白のみです。

そのため、花色別の花言葉はありません。

 

スノーフレークの怖い花言葉

スノーフレークの花言葉は、「無垢」や「汚れなき心」といった、見た目を象徴するような物ばかりです。

そんなスノーフレークには、怖いイメージを与える花言葉はありません。

毒があるので、怖い印象があるのかもしれませんね。

 

スノーフレークの雑学 

スノーフレークには、ヒガンバナと同じく、毒を有しています。

球根や葉っぱの部分に毒をがあり、食べると、中毒症状があらわれます。

そんなスノーフレークですが、最近では球根に含まれる毒を、薬や美容の応用が期待されています。

 

スノーフレークには、いくつかの種類があります。

雪が溶けた後に開花期をむかえるスノーフレークが一般的です。

しかし、雪がまだ残る2月から3月に開花期をむかえるスプリングスノーフレークや、秋に開花するアキザキスノーフレークなどの品種があります。

どちらのスノーフレークも花色は白で、花言葉もスノーフレークと同じです。

 

花嫁のドレスをほうふつとさせる、形をしたスノーフレーク。

純白に緑色の模様がアクセントになり、とても美しいです。

花言葉は、「純粋」や「皆をひきつける心」といった、贈り物としても喜ばれそうなものばかりです。

しかし、球根や葉っぱに毒があるため、取り扱いには十分に注意しましょう。

→ 花言葉 誕生花月別一覧

→ 花言葉 五十音順一覧まとめ

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-花言葉・誕生花

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.