最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

花言葉・誕生花

ランタナの花言葉。和名や誕生花も。実は植えてはいけない花!

投稿日:

沖縄や小笠原諸島など暖かい地域に帰化しているランタナ。

熱帯の植物で暑い地域を好みます。

日に日に花色が変化するのが魅力的な花ですが、世界中で厄介者の花とされ、「植えてはいけない花」とまで言われているそうです。 

 

ランタナとは

熱帯アメリカやブラジル、ウルグアイなどが原産の熱帯植物。

今では世界中に帰化している植物で、日本でも沖縄や小笠原諸島に分布しています。

クマツヅラ科シチヘンゲ属の低木です。

樹高は低いもので30㎝、大きなものになると2m程度にまで成長します。

熱帯植物であるため、暑さには強いですが、寒さに弱いです。

寒さに弱いと言われていますが、繫殖力が強い花で、関東より南の地域では、外でも冬越しできます。

花は5月から10月ごろが見頃です。

花色には白、赤、ピンク、オレンジ、黄色などの暖色系、さらには複色などもあります。

1つの株から複数の花が咲き、外側の花から咲き始め、内側に向かって新しい花が開きます。

外側の花と内側の花で花色が異なるのが特徴。

葉っぱの形が、同じ時期に咲くアジサイによく似ています。

花が華やかで花を楽しめる期間が長いことから、鉢物として販売されることが多いです。

 

ランタナの名前の由来

「Lantana(ランタナ)」という名前は、ラテン語が由来の学名と言われています。

曲がりながら成長する花ではありませんが、曲がるという意味の「Lantara(ランタラ)」に由来するそうです。

この説以外にも、北アメリカやヨーロッパが原産で、レンプクソウ科の低木「Viburnum Lantana(ビバーナム ランタナ)」が由来とも言われています。

ビバーナム ランタナの花に、形が似ているそうです。

日本では花色が外側と内側で違うことから、「七変化(シチヘンゲ)」という和名がつけられています。

 

ランタナが誕生花となる日にち

10月27日、11月9日、11月21日

 

ランタナの花言葉

「協力」「合意」「厳格」と言った花言葉がつけられています。

西洋の花言葉は「rigor(厳格)」です。

1つの株からたくさんの花が咲き、アジサイのように密集して咲くランタナ。

その様子が、お互いを尊重しているように見えるため、「協力」「合意」といった花言葉がつけられました。

たくさんの花が集まってさき、楽しそうな印象を受けるランタナですが、茎にはトゲがあります。

華やかな花からは想像できないことから「厳格」とついたそうです。

 

ランタナの色別の花言葉

暖色系の花色が豊富なランタナ。

複色も多く、外から内に色が変化し、1つの色に決まらないため、色別の花言葉はつけられていないようです。

 

ランタナの怖い花言葉

咲いた花が長い間楽しめ、段々と色が変化するため、日に日に違った顔を見せるランタナ。

心境の変化を見ているようです。

その特性が理由で「心変わり」という、少しネガティブな花言葉がつけられています。

 

ランタナは植えてはいけない花

長い期間花を楽しめ、日に日に変わる花色が魅力的なランタナ。

花壇や鉢植えなどでも、明るい花であることから人気です。

しかし、世界の侵略的外来種ワースト100に選ばれています。

特に原産と同じような気候の熱帯や亜熱帯の地域では、繁殖力が発揮されてしまいます。

日本は冬の寒さが厳しいため、冬越しできず枯れてしまうこともありますが、環境省は「要注意外来種生物リスト」に掲載しているそうです。

 

また、ランタナの果実には有毒物質のランタニンが含まれています。

これは鳥類が食べても無害ですが、ほ乳類が食べると危険です。

誤って口にしてしまうと、腹痛や嘔吐、下痢などの症状が出るので注意しましょう。

茎にはトゲがあるのでむやみに触るのも危険ですね。

 

園芸植物として日本でも流通しているランタナ。

次第に変化する花色が美しく、華やかな花で、長期間楽しむことができます。

その反面、繫殖力が強く丈夫であり、厄介者です。

家庭でランタナの花を楽しみたい人は、しっかりと管理し、こぼれ種で増えないように気を付けましょう。

→ 花言葉 誕生花月別一覧

→ 花言葉 五十音順一覧まとめ

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-花言葉・誕生花

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.