最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

11月の話題・行事・イベント 今日は何の日・記念日 季節の話題(冬)

カメラの日とはいつ?由来や意味は。イベントやカメラに関する豆知識

更新日:

「カメラの日」という記念日をご存じでしょうか?

日本でもCM等でよく知られたカメラメーカーはいくつか存在しますが、記念日があることはあまり知られていなのではないでしょうか?

以下にてご紹介していきます。

 

スポンサードリンク

カメラの日とはいつ?意味や由来は?

「カメラの日」は毎年11月30日の記念日です。

「カメラの日」は、1977年11月30日に小西六写真工業(現コニカミノルタ)が、世界初のオートフォーカス(AF)カメラ「コニカC35AF」を発売したのを記念して制定されました。

 

コニカは「ジャスピン(ジャストピント)コニカ」の愛称でこのカメラを大きく宣伝し、それまでカメラを扱うのを躊躇していた女性層にこのシステムが大きく受け入れられました。

このカメラは2年間で100万台を生産したほど人気がありました。

 

当該カメラが発売される以前は、暗すぎる写真・明るすぎる写真、またはピンボケの写真を防止するのは素人の技術では難しく、この自動焦点カメラが登場したことで様々な問題が解消されていきました。

 

カメラの日のイベント

インターネット等でカメラに関する情報を検索してみると、カメラ本体の情報から撮り方、イベントに関する様々な情報を得ることができます。

趣味としても市民権を得たカメラにとっては当然かもしれません。

最近ではカメラよりスマホで気軽に撮影している光景をみかけますが、画像は素人目からだとわからないほど綺麗で鮮明です。

 

現在ではスマホを含めたくさんのカメラユーザーが存在し、用途も多様化していますので、カメラの日に特定のイベントが行われているわけではなく、年中通して様々な場所でイベントが行われているようです。

その中でも最大規模のものをご紹介しておきます。

 

「CP+ CAMERA&PHOTO IMAGING SHOW」

現代的なイベント名で目を引きます。

 

カメラ・映像に関する総合イベントですが、メーカー関係者等によるカメラにまつわる講演・実演がメインとなります。

初心者向けではないかもしれませんが、かなりディープな世界を覗けるのではないでしょうか?

スマホ等モバイル端末から本格的なものへ移行したい方、またモバイル端末の楽しみ方を知りたい方等新たなチャレンジをしたい方にもおすすめです。

http://www.cpplus.jp/

 

スポンサードリンク

カメラに関する豆知識

オートフォーカスとは

カメラの焦点を、センサー・制御系・モーター等を利用して自動的に合わせるシステムのこと。

近年販売されているコンパクトカメラや一眼レフカメラのほとんどに装備されています。

また、携帯電話やスマートフォンカメラにも搭載されていることが多いです。

 

ビッグカメラ名前の由来

「Bic」というのはバリ島のスラング(俗語)です。

「大きい(Big)」の意味を持つ一方、ただ大きいだけでなく中身を伴った大きさ、という意味もあるそうで、「小さくてもダイヤモンドのような企業になりたい」という希望が込められているそうです。

 

ヨドバシカメラ名前の由来

「淀橋」は創業地の地名。現在の東京新宿西口付近。

1974年(昭和49年)10月に現在の社名に改称しました。(創業時:藤沢写真商会)

 

名前の由来については誰もが気になっていることかと思い記載しました(笑)。

以上「カメラの日」についてでした。

 

他にもおもしろい記念日がたくさんあります!

今日は何の日?毎日が記念日カレンダー

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-11月の話題・行事・イベント, 今日は何の日・記念日, 季節の話題(冬)

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.