最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

貴族階級・称号

子爵(ししゃく)とは?意味や英語の読み方。漫画「黒執事」にも登場

更新日:

子爵(ししゃく)と言えば、一度は聞いたことがあるかもございませんが、五爵(ごしゃく)、五等爵(ごとうしゃく)の中の貴族の称号の一つとされています。

 

この五爵は有名な貴族の称号で、侯爵や伯爵などがよく耳にすると思います。

 

しかし、このような貴族の称号を耳にしても、実際に公爵や伯爵、子爵などがあるけどどれがどのように偉かったり、どのような順番が上なのか下なのかを分かっている人が少ないです。

 

ただ、内容を分かればこの区別はついたりしますので、ぜひ皆さんにも知っていただくため、貴族の称号の一つ「子爵」についてご紹介していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

子爵とは?意味や由来

子爵とは先ほどもご紹介しましたが名誉ある貴族の称号の一つとされ、五爵、五等爵の一つとされています。

 

この五爵は爵位(貴族の称号の序列化)順に並べると「公爵」「侯爵」「伯爵」「子爵」「男爵」の順番になり、左に行くほど上級貴族とされています。

 

この順番からわかるように「子爵」は五爵の第4位とされ、伯爵より下で、男爵より上とされています。

 

子爵といった五爵は世襲(せしゅう)によって引き継がれ、財産や名誉、権力や地位といったものは子々孫々へと受け継がれていきます。

 

基本的にこの五爵は公爵、侯爵、伯爵(宮中伯、城中伯)は上級階級で伯爵、子爵、男爵は下級階級とされていますが、「子爵」であってもやはり貴族と言えるほど名誉ある称号です。

 

というのもヨーロッパの貴族で「子爵」の称号を爵位された場合はヴァイカウント(Viscount)が充てられ、「副伯」というポジションが付きます。

 

さらにこの子爵は第4位といっても伯爵領土の4分の1程度の国、土地を領地しており、日本でいうところの町や村のほどの面積の土地を領地としている長の印ともされています。

 

しかし、のちに絶対王政後この五爵は貴族の称号をさらに明確化させるために細分化した、目的もあるとされています。

 

スポンサードリンク

イギリスでの英語の読み方(男性の時、女性の時)

先ほど五爵について触れましたが、「子爵」は英国内、英国外ともに読み方は決まっていますが、注意するところは五爵の中の「侯爵」と「伯爵」は実は英国内か英国外かによって読み方が変わります。

 

子爵は意味や由来の時に少しご紹介しましたが、英語読みでViscount(ヴァイカウント)と読みます。

 

ちなみに女性の時の子爵の事は「女子爵」配偶者が子爵である場合は「子爵婦人」と呼ばれますが、英語読みでviscountess(ヴァイカウンテス)と読みます。

 

その他の外国での子爵の読み方(男性の時、女性の時)     

英語圏内では子爵はViscount(ヴァイカウント)、女子爵はviscountess(ヴァイカウンテス)と読みますが、ドイツやフランスにいくと読み方が変わるのでご紹介していきます。

SPONSORED LINK

 

英語:「子爵」Viscount(ヴァイカウント)、「女子爵」viscountess(ヴァイカウンテス)

ドイツ語:「子爵」Vizegraf(ヴィゼグラーフ)、「女子爵」Vizegräfin(ヴィゼグラーフィン)

フランス語:「子爵」vicomte (ヴィコント)、「女子爵」Vicomtesse (ヴィコンテス)

イタリア語:「子爵」visconte(コンテ)、「女子爵」Contéssa(コンテッサ)

 

上記のように国によっては様々な読み方があるのでぜひ覚えて頂けたらと思います。

 

ちなみにドイツ語で子爵はVizegraf(ヴィゼグラーフ)、女子爵はVizegräfin(ヴィゼグラーフィン)とご紹介しましたがVizeは(副)という意味合いを持っており、Vizeを外したGraf(グラーフ)だと子爵の一つ上の階級、「伯爵」になります。

 

子爵の有名な人物(歴史上や現在)

子爵の歴史上で一番有名なのがイングランドのジョン・ボーモントです。

 

子爵自体は爵位、五爵の中で一番最後に作られたとされ、ヘンリー6世が1440年にジョン・ボーモントに襲号したことがはじまりとされています。

 

現存する子爵としてはイングランドの貴族ヘレフォード子爵やスコットランド貴族フォークランド子爵アーバスノット子爵などが有名です。

 

ちなみに日本の貴族とされる華族のなかで子爵の爵位を世襲しているのは第10代文部大臣の井上毅や元帥陸軍大将とされる上原勇作、第19代内務大臣の末松謙澄などがいます。

 

子爵の有名な漫画や映画などのキャラは

子爵が登場する有名な漫画は「黒執事」です。

 

最近の漫画ではありますが、英国紳士や貴族の公爵や伯爵、子爵といった名誉称号をうけた貴族たちが登場するとともに、貴族がこのような立ち振る舞いで気品あるものだったのだろうと思わせてくれる無いようにもなっています。

 

黒執事の中で子爵として登場するのは「ドルイット子爵」で濃厚なキャラとなっていますが、読んでいて楽しめます。

 

さらにロボットアニメの金字塔「マジンガーZ」にもこの子爵は登場し、ピグマン子爵として出てきます。

 

さらに映画では、ドイツ制作の不思議な指環をめぐった物語の「ヴェリタス」などが有名です。

 

このように爵位の中でも子爵は第4位ですが貴族とあって、やはりどの作品でも気品あふれる立ち振る舞いを演出されています。

 

さらに伯爵の副ともあって領土も治めている子爵もいるので、やはり大変名誉ある貴族の称号ということが伺えます。

貴族階級の爵位とは?順位や違いは。日本とイギリス(英国)で比較

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-貴族階級・称号

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.