最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

雑学・豆知識・疑問解決

水の賞味期限はいつまで?ペットボトルも開封後は要注意!

投稿日:

皆さんは水を普段どのくらい飲んでいますか?

人間の体はほとんどが水分でできているのですが、水を飲むことは極めて大切な行動でもあります。

しかし、そのような大切な水でも今ではペットボトルで市販されている場合や浄水器などを使用してよりきれいな状態にする人もいますよね。

もちろん水道水をそのまま愛飲する人もいるのですが、このようなペットボトルを始めとした水には賞味期限が存在します。

賞味期限が切れた水を長く飲み続けるとお腹を壊す可能性も存在しますので、水の賞味期限はいつまでなのかご紹介してきたいと思います。

 

スポンサードリンク

水の賞味期限はどれくらい?

まず最初は一般的な水の賞味期限についてご紹介したいと思います。

賞味期限と言えば名前からもわかるように、「ここまでは美味しく飲むことができますよ」という味が保証されているラインなのですが、この賞味期限は水にも存在します。

この点についてはあまりご存じない方も多いのですが、やはりすべての食品関係は時間と共に劣化するものや、外の気温・温度変化によって劣化するものがほとんどです。

もちろんこれは当然水にも反映され、水もちょっとした影響で変化を起こすので、常温でおいている水は特に変化が大きく傷みやすいです。

そのため、常温で水をおいておく際には賞味期限はおよそ1日程度であると考えるのが好ましいです。

 

容器などに移して冷蔵庫保管をする方も多いのですが、このような場合は2日から5日までには飲み終えるのが好ましいです。

もちろん賞味期限ではあるので、この期限がすぎると必ずしも体調を崩すというわけではないので、ご注意ください。

スポンサードリンク

ペットボトルの水の賞味期限はどれくらい?

次はペットボトルについてです。

ペットボトルについては開封しているか・開封していないかが大きく重要となります。

というのも、ペットボトルを開封していなければ外からの影響は比較的受けにくいですよね。

もちろん温度変化が激しい場所に常温放置しておくと未開封であっても傷む可能性が高いです。

 

ペットボトルの水はやはり洗練度合いが関係してくるのですが、備蓄用のペットボトルの水であれば未開封だと5年近く賞味期限があるものも存在します。

一般的なペットボトルの水であれば500mlであればおよそ1年ほど、1.5lや2lサイズであればおよそ2年ほどの賞味期限があります。

 

ただし、ここで注意していただきたいのがペットボトルの賞味期限記載です。

というのも、賞味期限の長いものは自分の手のもとに入る・購入した日が賞味期限と考える人が多いです。

そのため、水は油断してしまいがちなのですが、市販のペットボトルの水は賞味期限が記載されていることが多いです。

 

このことからもわかるように、ペットボトルの水を愛飲する際にはペットボトルに記載されている日付を意識しましょう。

できればペットボトルで水を購入する際に、用意されていた環境のとおりに保存すると比較的傷みにくいです。

例えばコンビニなどで冷蔵されていた水であればなるべく早い時間で冷蔵庫に入れて温度変化を少なくして保存してあげるのが好ましいです。

 

水道水にも賞味期限はある?

次は水道水の賞味期限についてご紹介したいと思います。

水道水もやはり賞味期限が存在するのですが、やはりペットボトルのときと比べて期間は短いです。

残留塩素などの関係や保管場所などの影響も大きく受けやすいのですが、一般的な水道水の賞味期限は夏場だと3日程度・冬であれば10日程度です。

これはやはり温度変化が大きく関係しているのですが、どちらも冷暗所で保管した場合の目安となっています。

夏場でも容器に詰めて冷蔵庫で保存した場合は5日ほどは持ちますのでご安心ください。

 

水にも賞味期限があるのはなぜ?

水の賞味期限の目安についてご紹介しましたが、水になぜ賞味期限が存在するのかについてご紹介したいと思います。

水は途中でもご紹介しましたが、温度変化によって傷むことが多いです。

特に水道水などは塩素などが消毒作用として働いてくれるのですが、常温、高温の状況で温度変化が起こると塩素が消えてしまい、雑菌の繁殖が始まります。

 

食品は腐敗して菌が繁殖し、腐っていくのですが、水は塩素が消えて菌が繁殖していくような形になります。

そのため、賞味期限が過ぎてしまうと水でも菌が繁殖しやすい環境にあるという認識でいるとわかりやすいかと思います。

温度変化が多く起こることによって水の成分も崩れてしまい、傷んでしまうので、痛みやすい状況になることが多いです。

 

水の賞味期限切れ・半年でも飲める?

次は賞味期限切れになってしまった場合についてご紹介します。

先程もご紹介したように水の賞味期限切れは菌が繁殖している可能性もあります。

もちろんあくまで賞味期限なので、消費期限とは異なり必ず飲んではいけないというラインではないのですが、それでも長く賞味期限が切れたものを飲むのはおすすめできません。

 

水でも半年切れた賞味期限のものもあると思いますが、保存環境によって大きく異なります。

常温放置のものや水道水からでの保存の場合は極力避けるようにしましょう。

ペットボトルで未開封のものであればかろうじて大丈夫なのではないのかという程度です。

そのため、極力飲まずに新しいものを用意することをおすすめします。

 

水の賞味期限切れ・1~2年でも飲める?

次は半年を超えた1年から2年程度の水についてご紹介します。

こちらもやはり先ほども挙げたように極力飲まないことをおすすめします。

飲んだからと言ってすぐに体調が崩れるというものではありませんが、やはり多飲し過ぎると体調に影響を及ぼす可能性があります。

そのため、できればこちらも新しいものを用意して飲むのを控えるのが好ましいです。

 

ペットボトルの開封後の菌の繁殖は早い?

次はペットボトルの開封後についてご紹介していきたいと思います。

ペットボトルは未開封であると保存期間が長いのですが、一度開封してしまうと菌に触れる可能性があるので賞味期限は短くなります。

もちろんこれは飲んでいる・飲んでいないどちらにしても同じなのですが、密封によって影響を受けにくい状態にしていたので、一度開封してしまうと他の水とあまり変わらない状況になります。

その影響もあってペットボトルの開封後は菌の繁殖が比較的早いので、できれば開封後は1週間以内には飲み切るようにしましょう。

口を付けた場合などは雑菌が増えやすいですので、その日のうちに飲み切った方がよいでしょう。

 

ペットボトルの水は開封後常温だとどれくらいもつ?

ペットボトルの水を開封すると傷みが早くなることをご紹介しましたが、ペットボトルを開封すると常温でどのくらいでもつのか気になる方も多いと思います。

ペットボトルを開封した後は保存環境が大切なのですが、常温で置いている場合だと2日から3日以内に飲み切ることが好ましいです。

常温は一番外の影響を受けやすいので、できるだけ常温での管理は避けるのが好ましいです。

 

ペットボトルの水は開封後冷蔵庫だとどれくらいもつ?

次はペットボトルの水でも冷蔵庫保管についてご紹介します。

冷蔵庫だと温度管理がしっかりとしている場合が多いので、温度変化を受けづらく、傷みにくいです。

しかし、一度開封してしまうと菌が繁殖しやすい環境を作ってもいるので、できれば5日から7日以内に飲むことが好ましいです。

 

賞味期限切れの水の使い道や利用方法は何がある?

最後は賞味期限が切れてしまった場合の水の使い道や利用方法についてご紹介したいと思います。

賞味期限が切れてしまった水をたくさん持っていると迷ってしまいがちなのですが、賞味期限が切れたお水などは食器を洗う際の漬け水や洗濯機の水として使うのが一番好ましいです。

飲食用として使用する場合にはしっかりと煮沸してから使用しないと菌が繁殖している可能性があります。

しっかりと煮沸して菌を消滅させるようにしましょう。

 

「まとめ」水も賞味期限が存在

今回は水の賞味期限についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

水にも賞味期限が存在しできるだけ期限内に飲み切るのが好ましいです。

水はほとんどの方が飲むと思いますが、より健康な状態で居続けるためにも品質がいい水を摂取するようにしましょう。

 

長くもつ水なら保存水!

→ 保存水とは!5年から20年もつ、防災時に活躍してくれる貴重な水

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-雑学・豆知識・疑問解決

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.