最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

暮らし・生活 雑学・豆知識・疑問解決

ゴキブリ対策・駆除の最強の方法は!黒いあいつを倒すにはこれだ

更新日:

ヤツが来た・・・黒くて速くて。

何故か自分の足の下に逃げ込もうとしてくるアイツ。

パニックになるこちらをしり目に逃げ去っていくアイツ。

そうゴキブリです!

 

ゴキブリといえば苦手な人が多いですよね。

特に女性は苦手と感じることも多く、虫が大丈夫な方でもゴキブリは流石にちょっとと感じる方もたくさんいます。

ゴキブリは不衛生な場所に生息しやすく、一匹見ると百匹いると言われているほどです。

 

しかし、ゴキブリは多くの方がご存知のように、生命力が非常に高い生物で、しっかりと駆除しないと死なないだけでなく、そこから何匹も繁殖する可能性が高いです。

そこで実際にゴキブリの駆除・対策方法やゴキブリの生態についてご紹介しますので、苦手な方が多いゴキブリをしっかりと対策していただけたらと思います。

 

スポンサードリンク

       目 次

ゴキブリ対策・駆除方法何がいい?

まず最初は多くの方が気になるゴキブリ対策・駆除方法についてご紹介したいと思います。

このゴキブリ対策・駆除方法をしっかりと行うだけで外部からの侵入や、家の中、屋内に潜んでいるゴキブリを徹底的に駆除することも可能です。

そのため、ゴキブリが苦手な方や、ゴキブリが出て対策に悩んでいる方はぜひご参考にしていただけたらと思います。

 

○ゴキブリ対策・駆除方法の最強の方法

最初にご紹介するのはゴキブリ対策・駆除方法で最強と噂されている方法です。

ゴキブリ対策・駆除として最も有名なのがバルサンやホウ酸団子です。

 

ホウ酸団子はホウ酸と小麦粉、ゴキブリを引き寄せるじゃがいもや玉ねぎ、焼き肉のタレなどを混ぜて手軽に作ることが可能です。

このホウ酸団子はゴキブリに高い効果があると人気であるとともに、バルサンなどは霧状で部屋全体の隅々まで行き届かせることが可能であるので徹底的に駆除が可能です。

もちろん一番いいのは部屋を清潔な状態に保つことや、侵入経路を防ぐことなのですが、ゴキブリで悩んでいる方などはぜひ実施してみていただけたらと思います。

 

ホウ酸団子に含まれる成分と同じものを一番有効な方法で製造し、プロ業者が使うゴキブリ駆除薬が話題になっています。

長期間使用でき、圧倒的な駆除力がある商品ですので、試してみる価値はありますね。

プロ業者仕様:ゴキブリ駆除薬「ゴキちゃんストップ」

 

また同じ会社の商品で、容器に入ったゴキブリ駆除率94.7%をほこるゴキちゃんグッバイプラスというものがあります。

たくさん設置したくて、見た目の青色が気にならないなら、容量の多い経済的な「ゴキちゃんストップ」が、

数個置くぐらいの範囲で、室内に置くなら、ケース入りの「ゴキちゃんグッバイプラス」がおすすめです。

効果は同じですので、自分の用途に合って法を選ぶといいでしょう。

→ゴキちゃんグッバイプラスはコチラ!

 

○ゴキブリ対策・駆除方法 【ハーブ】

次は実際に各分野・方法別のおすすめのゴキブリ対策・駆除方法をご紹介したいと思います。

ゴキブリ対策・駆除方法として人気が高いものとしてハーブが挙げられます。

ハーブが効果的なことをご存じない方は意外に感じる方も多いのですが、ハーブ・ハッカなどの刺激成分・メントール成分はゴキブリなどの害虫にとってかなり苦手な成分であります。

そのため、ゴキブリだけでなく、ハエなどにも効果があると言われており、ハーブやハッカを育てているだけでも全然違うと言われているほどです。

虫よけに聞くと話題のミラクルニーム:楽天

 

ハーブのアロマオイルを焚くのももちろんですが、ハーブ成分が豊富なオイルを重曹などに含ませてゴキブリが好みそうなややジメッとして温かい冷蔵庫の下や、部屋の隅に設置するだけでもゴキブリは逃げていくと言われています。

ハーブがない場合はハッカ油でも代用可能なので、挑戦しやすい点もかなり魅力的と言われています。

ただし、注意していただきたいのがハーブはゴキブリが苦手なものというだけで、すべてのゴキブリに効くというわけではないので、他の方法と合わせて対策を行うのが好ましいと言えます。

 

○ゴキブリ対策・駆除方法 【業者に依頼】

次にご紹介するのは業者に依頼するという方法です。

先程ゴキブリに対する最強の方法についてご紹介しましたが、自分で行う方法以外での点を考えるとこの「業者に依頼する」というものが最も効果的と言っても過言ではないです、

やはり業者はゴキブリに対するプロでもあるので、徹底した駆除を行ってくれます。

 

ゴキブリの駆除を行ってくれる業者で最も有名なのが「ダスキン」です。

ダスキンではゴキブリ駆除・対策を行い・定期的にメンテナンス・点検を行ってくれます。

しかし、年間4万5千円前後とややお高めではあるので、定期的にしっかり自分で対策を行うのが好ましいです。

一度ゴキブリが出て大量に出る場合はこの業者に依頼するのが好ましいのですが、一度対策を行ってもらうとそこから清潔な状態を維持して侵入を防ぐのがおすすめです。

→ ダスキンのゴキブリ駆除サービス

 

○ゴキブリ対策・駆除方法 【アロマ】

次にご紹介するのはアロマです。

これは途中でもご紹介しましたが、ハーブやハッカなどのメントール成分が含まれているアロマはゴキブリなどの害虫は苦手とされています。

アロマの中でもクローブやシナモン・ミントが特に苦手なのですが、レモングラスやラベンダーの香りも苦手なゴキブリは多いとされています。

 

このアロマはさきほどご紹介したペットを買っているご家庭の方でも実施することができやすいだけでなく、来客時などにもゴキブリ対策としてアロマを焚いているなどと思われにくいので、部屋全体をいい香りで包みながらゴキブリ対策が行えるという一石二鳥のおすすめの方法です。

ゴキブリ対策で購入する人が多く、レビューや口コミでも話題になっているのが、こちらのエッセンシャルオイルです。

 

○ゴキブリ対策・駆除方法 【バルサン】

次にご紹介するおすすめの方法はバルサンです。

バルサンは最強のゴキブリ対策のところでも上げましたがかなり効果があると人気が高いアイテムでもあります。

バルサンは噴霧上で部屋全体をしっかりと殺虫効果がある霧を行き届かせることが可能なので、部屋全体をしっかりとゴキブリ対策ができると効果的です。

バルサンは一昔前では効果が高いものの匂いや火災報知器に反応してしまい、なかなか使えるご家庭が少なかった状態でしたが、最近ではバルサンの進化もしっかりとしているので火災報知器に反応しない、換気するだけで成分がしっかりと外に逃げて効果があるバルサンがたくさん登場しています。

値段もリーズナブルになっているものばかりなので、まだバルサンを試したことがない方は是非バルサンを試していただけたらと思います。

バルサン:楽天

○ゴキブリ対策・駆除方法 【スプレー】

次にご紹介するのはスプレーです。

このゴキブリ対策としてスプレーを使っている人も多いのですが、スプレーは対策というよりもどちらかというと駆除に向いているアイテムです。

特に泡で包み込んで動きを封じるスプレーなどは重宝するという口コミも多く、その場で固めて捨てることが可能であるので、効き目をしっかりと感じることが可能です。

他のスプレーだと逃げてしまったあとに効いているのか効いていないのかいまいち判断しづらいですが、泡スプレーだと見た目からも簡単にわかるのでおすすめです。

さらに、スプレータイプでも今でバルサンのスプレータイプも存在するだけでなく、ゴキジェットが特に有名です。

このスプレータイプはどちらともしっかりとゴキブリに強い影響力を与えてくれるので、駆除にはうってつけです。

アウトドア時にも活躍してくれるので、外出するときなどにも持っている人もいるほどです。

 

○ゴキブリ対策・駆除方法 【アルコールスプレー】

次にご紹介するのはアルコールスプレーです。

アルコールスプレーは効果があると耳にしたことがある方もいるかも知れませんが、アルコールスプレーはゴキブリは正直なところあまり効き目はありません

これはなぜかというと、害虫などはアルコールを吹きかけることによって体についている油分をのけて溺死させることができるイメージが有るのですが、ゴキブリにはこれは通用しません。

 

アルコール濃度が高いものを吹きかけるとたしかにゴキブリの動きが止まることが多いのですが、これは違う理由にあります。

アルコールスプレーでゴキブリの動きが止まる・鈍くなるのは高い濃度のアルコールを吹き付けることによってアルコールが蒸発する際にゴキブリの体温までも奪うためです。

そのため、動きは確かに鈍くなるのですが、死にかけになるというものではありません。

 

さらに、高い濃度のアルコールスプレーだからこそ効果があるもので、そこそこ程度のアルコールでは動きを鈍らせることも出来づらいです。

そのため、アルコールスプレーはあまり効き目がないと言えます。

アルコールスプレーを作るよりも、途中でもご紹介したハッカ油やミントを入れたミント水などでスプレーを作ったほうが効果が出やすいのでおすすめです。

 

○ゴキブリ対策・駆除方法 【アパート・マンション】

次にご紹介するのはアパート・マンションについてです。

アパートやマンションだと火災報知器などがしっかりと付いている所も多いので、何かと対策グッズを使うのが難しい場合があります。

高層マンションの上の階だとなかなかゴキブリは出にくいのですが、1階や2階だと出る場合が多いです。

特に1階は飲食店で、2階から住宅というようなタイプだとゴキブリがとても出やすいです。

 

このようなアパートやマンションでできるゴキブリ対策はアロマやホウ酸団子がやはりおすすめです。

周りに迷惑をかける事なく対策を行うことが可能でもあるので、アパートやマンションで対策を行う場合はアロマやホウ酸団子で対策を行うようにしましょう。

 

○ゴキブリ対策・駆除方法 にはペットに気を付けて

ペットと言ってもペットがゴキブリ退治してくれるというわけではなく、どちらかというとゴキブリ対策をした際に誤ってペットが食べてしまう、口にしてしまう危険性についてです。

ホウ酸団子系は誤って口にしてしまう危険性があるので、ペットを買っているご家庭などではホウ酸団子よりブラックキャップやゴキブリホイホイを手の届かない場所に設置してあげるのが好ましいと言えます。

 

スポンサードリンク

ゴキブリホイホイ

次にご紹介するのはゴキブリホイホイについてです。

ゴキブリホイホイはゴキブリ対策・駆除アイテムとして多くの人がご存知だと思います。

しっかり仕組みを把握していれば正しい位置に設置することができるので効果を感じやすいです。

次は実際にゴキブリホイホイの仕組みや効果についてご紹介していきますので、ゴキブリホイホイを買おうか迷っている方などはぜひご参考いただけたらと思います。

SPONSORED LINK

○ゴキブリホイホイ効果あるの?

ゴキブリホイホイの効果があるかないかについては状況によって異なると言えます。

これはどういうことかというと、ゴキブリもやはり生きるために餌場を見つけて住み着くのですが、ゴキブリの餌場がたくさんある場所では効果が薄くなりやすいです。

というのも、後述で仕組みもご紹介するのですが、ゴキブリホイホイに引っかかるゴキブリも確かにいるのですが、他に餌場があるとわざわざ罠のところに行くという可能性も低いです。

そのため、しっかりと衛生管理を行っているのにも関わらず、出るような場合は効果があるのですが、普段からあまり手入れができていない場所などは餌の山場でもあるので効果が出にくいです。

 

○ゴキブリホイホイの成分とは?

次はゴキブリホイホイの成分についてご紹介したいと思います。

ゴキブリホイホイの成分は誘引成分がつけられている罠です。

ゴキブリが好きな匂いの成分を取り付け、その周りにゴキブリの動きを捉える粘着成分をつけていることによってゴキブリを捕まえるものとなっています。

 

○ゴキブリホイホイの値段はいくら?

ゴキブリホイホイのお値段は最近ではリーズナブルとなっています。

ゴキブリホイホイは5枚セットが2つついているお得セットでも600円程度です。

そのため、大量に設置してもあまり意味はないのですが、定期的に交換することによって効果が出やすく、お財布にも優しいのでおすすめです。

 

○ゴキブリホイホイの仕組みは?

ゴキブリホイホイの仕組みについて次はご紹介します。

このゴキブリホイホイの仕組みは途中でも少し触れているのですが、ゴキブリの好む匂いをゴキブリホイホイの中で何点か設置し、その周りに凸凹の粘着成分のトラップを仕掛けるという仕組みです。

ゴキブリはやや暖かく、暗いところを好むので、箱状になっているゴキブリホイホイは住みやすい住処としてゴキブリが判断しやすいです。

さらに、ゴキブリは目が見えず、明暗ぐらいしかわからないので餌などは匂いで探知します。

そのような匂いで誘って動かないようにさせるので、仕組みとしてはかなり理のかなったトラップとなっています。

 

○ゴキブリホイホイにかからないのはなぜ?

ゴキブリホイホイをいざ購入してみたのにも関わらず、効果が出ないと悩む人もいます。

これは途中でも触れましたが他にも餌場が多い場合に特に言えます。

餌場が多いと仕組みでもご紹介したようにわざわざその餌場・罠に行かなくても生きることができますよね。

そのため、ゴキブリホイホイをおいてもゴミなど衛生状況をしっかりと管理できていないと効果が出にくいです。

 

○ゴキブリホイホイの誘引剤はだめ?

次はゴキブリホイホイの誘引剤についてご紹介したいと思います。

ゴキブリホイホイの誘引剤によってゴキブリを寄せ付けるのですが、これは逆効果になる場合があります。

というのも、ゴキブリがいないのにも関わらず、出るのが嫌だからと言ってゴキブリホイホイを設置する人もいると思います。

しかし、これは外部からゴキブリに餌があるとマークしているようなものです。

しっかりとした場所に設置しないとゴキブリホイホイの効果は半減してしまいやすいので、正しい位置に置くことが求められます。

 

ゴキブリ卵について

ゴキブリホイホイやゴキブリ駆除・対策方法についてご紹介しましたが、次は実際にゴキブリの卵についてご紹介したいと思います。

ゴキブリの卵があるということはそこにゴキブリが何匹も生息している可能性があるということを示しているものでもあります。

そのため、ゴキブリの卵がある場合はしっかりと駆除してゴキブリ対策を行うようにしましょう。

小豆ぐらいのサイズのこの卵を見つけたら要注意!

 

○ゴキブリの卵の大きさはどのくらい?

ゴキブリの卵を見たことがない方はわからないかもしれませんが、ゴキブリの卵はおよそ鉛筆の芯程度の大きさで、まるで小豆のようなサイズです。

数ミリ程度ではあるのですが、この卵が孵化することによって早く成長し、ゴキブリが大量に繁殖するというものとなっています。

文字を書くときの鉛筆の芯程度の黒く細長いものを見つけた際にはゴキブリの卵である可能性が高いので要注意が必要です。

 

○ゴキブリ卵鞘とは?

次にご紹介するのは卵鞘です。

卵鞘はご存じない方もいるかも知れませんが、一般的にゴキブリの卵と言われるのがこの卵鞘です。

卵鞘と書いて「らんしょう」と読むのですが、ゴキブリは一つ一つ卵を生んで繁殖させるのではなく、鞘のような卵を作り、その中に数十匹のゴキブリの卵が含まれています。

そのため、さきほどご紹介した小豆程度のゴキブリの卵鞘を見つけた際には繁殖したら何匹もゴキブリが生まれることがにあります。

そのため、卵鞘を見かけた際には何匹も生まれている可能性もあるのでしっかりと対策・駆除を行うのが好ましいです。

 

○ゴキブリの卵の退治方法は?

ゴキブリの卵・卵鞘についてご紹介しましたが、このゴキブリの卵鞘を見つけた際には退治・駆除方法が最も大切と言えます。

というのも、実はゴキブリの卵鞘はとても丈夫で、殺虫剤を全く通さないような作りとなっています。

そのため、ゴキブリの卵鞘を見つけたからと言って殺虫剤を振ってもほぼ無効化ということが言えます。

 

ましてや、一番最悪なのがゴキブリの卵を潰すという行為です。

ゴキブリの卵鞘を潰すということはその衝撃でゴキブリの卵をぶちまけるということと全く一緒のことです。

そのため、ゴキブリの卵鞘を見つけた際にはできれば業者に依頼して駆除してもらうのが好ましいです。

自分で対策して中から卵が出てしまったら最も悲惨な状況にあります。

そのため、できれば卵鞘を見つけた場合は業者に依頼するようにしましょう。

 

○ゴキブリの卵の場所はどこにあることが多い?

ゴキブリの卵は暖かい場所や部屋の隅・段差などにある場合が多いです。

やはりゴキブリの強い生命力からか、なかなか人につきにくい場所に卵鞘を作ることが多いです。

そのため、ちょっとした場所にも卵鞘がある可能性は十分にあるので注意しましょう。

 

○ゴキブリの卵を潰すのはNG!

このゴキブリの卵を潰すという点は先程も触れましたが、最も避けるべき行為です。

卵鞘はとても丈夫で壊れにくいので、簡単にはつぶれにくいのですが、激しくやるとぶちまける可能性が極めて高いです。

最悪の状態を間逃れるためにも潰さないようにしましょう。

 

○ゴキブリの卵どこに産む

次はゴキブリの卵はどこに産むことが多いのかについてご紹介します。

ゴキブリの卵は部屋の隅や暖かい場所にあることが多いとご紹介しましたが、具体的には冷蔵庫の下や電子レンジの裏側、テレビ台の隙間やブレイカーなどに産む可能性が極めて高いです。

そのため、このような箇所を日頃から重点的に掃除するとゴキブリが生息しにくいです。

 

○ゴキブリの卵孵化期間はどのくらい?

次はゴキブリの孵化期間についてご紹介したいと思います。

ゴキブリの孵化期間はかなり短いです。

卵が産まれてからおよそ30日程度で孵化します。

さらに、具体的に言えば60日程度で成虫になり、成虫になると10日程度で卵を産むので、かなり早いサイクルで新しい卵が誕生します。

このことからもわかるように、ゴキブリの孵化期間は短いので、早めの対処を行うようにしましょう。

 

ゴキブリの種類

ゴキブリの卵についてご紹介しましたが、次はゴキブリの種類についてご紹介したいと思います。

 

○ゴキブリの種類 数はどのくらい?

ゴキブリの種類は実はかなり多く、世界中の観点で見るとおよそ3500種類以上いるとされています。

しかし、自宅などに住み着くようなゴキブリの種類は実際にはそのうちのわずか数種類です。

特に見かけることが多いのが、「チャバネゴキブリ」「クロゴキブリ」「ワモンゴキブリ」が多いです。

 

○ゴキブリの種類 家は?

ゴキブリの種類の家についてご紹介しますが、ゴキブリは主に暖かい場所に生息することが多いです。

そのため、ゴキブリのどの種類も比較的暖かい環境下を探して、巣を作ることが多いです。

途中でもご紹介した冷蔵庫の下や電子レンジの裏・テレビ台などはゴキブリにとって天国のようなものなので、このような場所は要注意が必要と言えます。

 

○ゴキブリの種類 赤いのは?

ゴキブリの種類で極稀に赤い種類を見かける場合もあると思います。

ゴキブリの赤い状態は幼虫の段階であることを指しています。

成虫に変わることによって茶色や黒に成長するのですが、赤色の場合はまだ他にも幼虫がいる可能性があるのでしっかりと駆除するのが好ましいです。

 

○ゴキブリの種類 丸いのもいる?

ゴキブリの種類で丸いのも見かけたことがあると思います。

ゴキブリで丸いようなフォルムをしているのはクロゴキブリである場合が多いです。

ただし、ゴキブリが丸い状態もどちらかというと幼虫であることが多いので、注意するようにしましょう。

 

○ゴキブリの種類 小さいのも多い!

ゴキブリの種類では小さいものもたくさんいます。

もちろんゴキブリでも個体差が存在し、ゴキブリの種類では小さいものが多いです。

しかし、ご家庭などでも見かけることが多い小さい種類はやはり幼虫であることがほとんどです。

しっかりと駆除するようにしましょう。

 

○ゴキブリの種類 幼虫は?

ゴキブリの幼虫は小さいです。

そのため、しっかりと見ていないと見逃してしまいがちなのですが、ゴキブリの幼虫を見かけた際にはたくさん繁殖している可能性が極めて高いです。

さらに、途中でもご紹介したように、ゴキブリの幼虫は比較的赤い場合が多いので、赤色の見かけない物を目にした場合は幼虫である可能性もあるので、注意しましょう。

 

ゴキブリ 幼虫・赤ちゃん

ゴキブリの卵や種類についてご紹介しましたが、次はゴキブリの赤ちゃん・幼虫についてご紹介したいと思います。

ゴキブリの赤ちゃんは一体見かけるだけでも要注意なので、しっかりと駆除してください。

 

○ゴキブリの幼虫の駆除方法は?

ゴキブリの幼虫を見かけた際のおすすめの駆除方法はやはりバルサンなどが挙げられます。

最近ではゴキブリに効果的と言われているブラックキャップなども特に人気で、人目につきにくいのも魅力的とされています。

成虫のときと変わらない方法で駆除するのが好ましいので、しっかりと対策を施すのがおすすめです。

 

○ゴキブリの幼虫 白いゴキブリもいる?

ゴキブリについて調べる人も多いと思いますが、白いゴキブリは存在しません。

白い場合はゴキブリが脱皮したての状態のときに見かけた可能性が高いです。

逆に言えば白いゴキブリを見かけた際にはまだ産まれたばかりのゴキブリがいるということでもあるので、大量に発生している可能性が極めて高いです。

 

○ゴキブリの幼虫は外から来る?

ゴキブリの幼虫はどのような場所から侵入してくるのか気になる人も多いです。

ゴキブリの幼虫と言えど無から有は生じないので、外から来ている可能性が極めて高いです。

特に窓やお風呂場の換気扇などから侵入してくるということも多いです。

このようなゴキブリの幼虫であっても外部から侵入することがほとんどなので、注意するのが好ましいです。

 

○ゴキブリ 幼虫の種類は?

ゴキブリの幼虫の種類はあまりないです。

というのも、ゴキブリの種類はたくさんあるのですが、同じ種類だからといって幼虫では違う種類になるというものではないからです。

さらに、日本でほとんど見るようなゴキブリはチャバネゴキブリかクロゴキブリである場合がほとんどなので、幼虫の見かける種類はほぼ一定と言っても過言ではないです。

 

○ゴキブリ 幼虫の特徴は?

次はゴキブリの幼虫の特徴についてご紹介したいと思います。

ゴキブリの幼虫の特徴について小さくて動きが早いのがやはり特徴的と言えます。

さらに、途中でもご紹介しましたが、ゴキブリの成長速度が早いのも特徴的です。

2ヶ月から3ヶ月程度の早い期間で成虫になるので、幼虫の段階でも成虫と判断してもいいほどです。

 

○ゴキブリの幼虫にバルサンは効果あるの?

ゴキブリの幼虫にバルサンは効くのか気になる人も多いですが、幼虫にもしっかりとバルサンは効きます。

卵鞘の状態だとあまり効果はないのですが、幼虫の段階だと鞘の外から出てきているので効果抜群です。

そのため、バルサンを焚くのはかなりおすすめです。

 

○ゴキブリの幼虫が大量発生したらどうすればいい?

次にご紹介するのは大量発生した場合です。

ゴキブリが大量発生した場合はやはり業者に依頼するのが好ましいです。

ゴキブリの幼虫を一匹見かけたら大量にいる可能性は極めて高く、ましてやそれが大量に見た場合はその倍以上いると考えても間違いないです。

そのため、ゴキブリの幼虫が大量に出てしまった場合は業者に依頼して一度綺麗な状態にしてもらうようにしましょう。

 

○ゴキブリ 幼虫にブラックキャップは効く?

最後に幼虫にブラックキャップは効くのかどうかについてご紹介します。

ゴキブリの幼虫にもブラックキャップは効きます。

実際に飲食店でもブラックキャップを使っていましたが、幼虫も捕まえることができました。

しかし、場所によってもブラックキャップが効かないものもあるので、設置する位置が最も重要と言えます。

そのため、できるだけゴキブリが好む場所にブラックキャップを設置するようにしましょう。

 

「まとめ」ゴキブリ対策をしっかりと!

今回はゴキブリ対策についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

ゴキブリは多くの方が苦手だと思いますが、対策方法はいたってシンプルです。

心配な方は一度業者に頼んで綺麗にしてもらってから清潔な状態を維持するとほぼ見かけないようになるのでおすすめです。

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-暮らし・生活, 雑学・豆知識・疑問解決

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.