最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

4月の話題・行事・イベント 今日は何の日・記念日

拾得物の日とはいつ?意味や由来。東京・銀座で一億円拾得事件が

投稿日:

■はじめに

年度が切り替わりゴールデンウィークを控える4月から5月に入る頃には、新しい環境にも慣れ授業や仕事も起動に乗り始める時期ですよね。

緊張などから解放されると共に、うっかり落とし物をしてしまった経験があるという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな4月の後半には、拾得物の日という記念日があります。

 

スポンサードリンク

拾得物の日とは

拾得物の日は毎年4月25日にあります。

1980年(昭和55年)のこの日に東京・銀座で一億円拾得事件が起きたことにより、拾得物の日が制定されました。

現在に至るまで、落とし主は不明のままとのことです。

 

■意味

拾得物の日は、落とし物をした人だけでなく拾得した人に対しても正しい認識を持ってもらいたいという意味合いがあります。

落とし物をして困るのは落とし主であることは想像がつきますが、内容によっては拾得者の人生に大きく関わってくるという教訓を伝える日でもあるんですね。

そのため、落とし物についての保管期間や扱いについての法律もあります。

拾得物の日の由来も含めて照会していきます。

 

■由来

1980年4月25日に一般人が1億円を拾ったことから、拾得物の日はこの日に制定されました。

拾ったのは会社員の男性で、銀座の道路脇で風呂敷に包まれた1億円を見つけ警察に届け出ました。

 

その後、落とし主が現れなかったため6ヶ月(旧遺失物法に基づきます)の届け出期間を経て、同年11月に全額の所有権を取得し1億円を受け取りました。

そのうち所得税法による一時所得として約3,400万円を納付したので、実際に手元に残ったのは6,600万円ほどになりました。

 

このことが全国で報道され、男性は脅迫を受けたり手紙や電話が殺到するようになり、警備員を雇ったり会社を退職することになります。

そして受け取りの日には、日課の早朝ジョギングを装い防弾チョッキを着て自宅を出発したのだそうです。

 

その翌年に男性はトラックの運転手へ転職し、2年後には拾得した1億円の一部を使ってマンションを購入したとのこと。

大金を手に入れたとしても生きた心地がしなかったのでしょうね。

そして、自分の身を守るためにマンション購入へ至ったのかもしれません。

 

■イベント

紛失防止デバイス「MAMORIO」をご存じでしょうか。

落とし物といえば鍵、財布、バッグなどが定番ですが、落としたくないものにタグやシール型のMAMORIOを付けておくとスマートフォンで管理できるというもの。

 

2012年設立のMAMORIO株式会社が提供する見守りシステムで、手元から離れた時のアラート機能や他のユーザーとすれ違うことでどこにあるか特定ができます。

また、鉄道会社や商業施設などに「MAMORIO Spot」が設置されると、そこにMAMORIOが届いた通知がアプリで確認でき、紛失したものが見付けやすくなります。

 

毎年来場者が90万人を越える隅田川花火大会でも2017年にMAMORIO Spotを設置し、会場や近隣の区役所などでクーポン付きのうちわが配布されました。

2018年3月~4月には、200を越える鉄道・バス路線への導入となった記念にMAMORIOを半額で購入できるキャンペーンが行われたり、映画「スマホを落としただけなのに」とのタイアップイベント、年末には3周年記念のプレゼントキャンペーンなどが行われました。

 

現在もMAMORIO Spotは拡大を続け2018年中に550路線を突破したとのことで、今後も様々なキャンペーンが行われるかもしれません。

ご購入を検討される場合には、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

スポンサードリンク

拾得物の雑学

拾得物の日にちなんだ雑学をご紹介します。

 

□拾得物の保管期間

現在の遺失物法(2007年12月施行)によると、警察に届けられてからの保管期間は3ヶ月となっていて、拾い主へ落とし物の権利が移るのはその期間が過ぎてからになります。

ただし、公共交通機関では特例が認められていて、傘など安価で大量の保管となるものは2週間を過ぎると処分することが出来るのだそうです。

気付いたら早めに届け出るようにしましょう。

 

□拾い主のものにならない落とし物

警察での保管期限が過ぎても運転免許証、カード類、携帯電話などの個人情報となるものは拾い主のものにはならないことになっています。

 

■まとめ

拾得物の日についてご紹介させて頂きました。

警察の預かり品はインターネットの「落とし物検索」から探すこともでき、落とし物を見つけやすい世の中になってきていると思います。

毎年4月25日拾得物の日には、改めて持ち物や個人情報の管理をチェックしてみたり、拾得物の取り扱いについて考えることも大切かもしれません。

 

他にもおもしろい記念日がたくさんあります!

今日は何の日?毎日が記念日カレンダー

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-4月の話題・行事・イベント, 今日は何の日・記念日

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.