最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

12月の話題・行事・イベント 今日は何の日・記念日

世界人権デー(Human Rights Day)とはいつ?意味や由来、イベントは

更新日:

「12月10日  世界人権デー(Human Rights Day)」

■はじめに

人権の担保は、時の為政者によって大きく左右されているのが現実です。

人権をあからさまに抑圧する国もあれば、目に見えない形で人権を蝕もうとする国も存在します。

 

小さな「理不尽」を見逃すことは「蟻の一穴」になりかねません。

理不尽に対しては声をあげ、闘うことこそが「人権」でもあります。

 

スポンサードリンク

世界人権デーとは

12月10日の「世界人権デー」は、約160ある国際デーのひとつで、1950(昭和25)年の国連総会で制定されました。

日本では毎年12月4日から世界人権デーまでの1週間を「人権週間」とし、各自治体や関係団体が人権の趣旨、重要性を啓発するため、シンポジウム、座談会、映画上映などのイベントを全国各地で展開しています。

 

■世界人権デーの意味と由来

2度の世界大戦は人権抑圧や人種迫害はおろか大量虐殺をも招いたため、国際連盟に代わって設立された国際連合が、人権の保障が世界平和の礎であるとの考えから、1948(昭和48)年の第3回総会で「世界人権宣言」を採択しました。

宣言なので法的拘束力は持ちませんが、「全ての人民と全ての国とが達成すべき共通の基準」として、初めて国際的に人権の保障を標榜する宣言となりました。

 

■世界人権デーのイベント

2018年、日本での人権週間は「みんなで築こう人権の世紀」を合言葉に、全国各地でイベントの開催や、マスメディア、インターネットを通じた啓発活動が実施されました。

 

一方、海外で目を引くのは、12月10日に世界の有名な建造物を青くライトアップするイベントで、2018年はアメリカのエンパイアステートビルをはじめ、カナダ、スイス、カタール、イギリスなどの30カ所で実施しましたが、残念なことに日本の参加はありませんでした。

SPONSORED LINK

 

スポンサードリンク

世界人権デーの雑学

▽ヒューマン・ライツ・ウォッチ(Human Rights Watch)

12月10日の世界30カ所のライトアップは、非営利の国際人権非政府組織「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」の呼びかけで実施されたもので、ライトアップの青は同組織のシンボルカラーです。

 

1978(昭和53)年、ソ連のヘルシンキ条約違反による人権侵害を監視するために設立された「ヘルシンキ・ウォッチ」の活動が国際的に注目され、数年後の民主化につながったことで、以後、次々に設立されたアメリカやアジア、アフリカなどのウォッチ委員会と統合し、世界90カ国をモニターする「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」となりました。

 

同組織の人権擁護活動は、所属する法律家やジャーナリスト、各分野の専門家などによる現地調査から客観的な現状を把握、メディアを通じて世界に発信することで、国家に国際的な圧力をかけて改善を促すものです。

地雷禁止キャンペーンがオタワ条約成立につながったことで、1997年にはノーベル平和賞を受賞し、ルワンダ虐殺、クラスター爆弾、人身売買などの廃絶にも貢献した他、LGBTや表現の自由、女性の権利などにも活動範囲を広げています。

しかし、当然ながら問題提起や提言は、政府と対立するものが多く、有形無形の圧力とも闘わねばなりません。

 

▽国連による人権条約

国連の世界宣言中に記された各権利に法的拘束力を持たせるため、経済的・社会的・文化的権利に関する国際A規約と、市民的・政治的権利に関する国際B規約が採択されました。

そのほか個別の人権保障のため、人種や女性の差別撤廃、拷問禁止、児童の権利保護、移住労働者や障害者の保護・差別禁止など、様々な条約が採択されています。

 

■最後に

日本国憲法は基本的人権の尊重を謳い、第14条以下で各権利について記していますが、時代の変遷によって規定の解釈が微妙に揺れる「環境権」「知る権利」「肖像権」「プライバシー権」などが物議を醸す場面も多く見られるようになりました。

12月10日は何の日?誕生日の有名人や星座、花言葉・運勢・性格は

 

他にもいろいろな記念日がたくさんあります!

今日は何の日?毎日が記念日カレンダー

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-12月の話題・行事・イベント, 今日は何の日・記念日

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.