最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

02020年イベント 10月の話題・行事・イベント

10月の満月ハンターズムーン2020年はいつ見られる。名前の意味や由来は

更新日:

SPONSORED LINK

▪はじめに

10月と言えば日本では「中秋の名月」と呼ばれる月が見られるお月見の季節ですよね。

じつはアメリカにもかつて毎月の満月に名前を付けていて、10月の満月はハンターズムーンと呼ばれ現在の日本でも注目を浴びつつあります。

そこで今回は、このハンターズムーンについて解説していきます!

 

スポンサードリンク

ハンターズムーン2020年はいつ見れる

2020年のハンターズムーンは、10月2日(金)に見られます。

この日の月の出は17時55分で月の入りは5時33分です。

そのなかでも1番大きな満月になる時間は6時6分になります。

ギリギリ見ることができない朝の月ですので、観察をしたり写真を撮ったりする場合は、月の入り間近の5時30分ごろがおすすめです。

 

また、2020年は10月31日(土)にも満月が訪れます。

この日の月の出は16時51分で月の入りは5時19分です。

そのなかでも1番大きな満月になる時間は23時50分になります。

このように1か月に2回見られる満月のことを「ブルームーン」といい、3年に1度訪れる珍しい現象です。

「ブルームーン」の名前の由来は「Double Moon(2度目の満月)」が変化したものといわれています。

また、とても珍しい現象であることから英語では「blue moon」を「極めて稀なこと」を意味する言葉として使っているそうです。

1回目と2回目、どちらの満月をブルームーンと呼ぶのかは決まっていませんが、一般的には2回目の満月の方を「ブルームーン」とすることが多いようです。

→ブルームーンはいつ見られる!時間や方角、名前の由来とは

 

スポンサードリンク

ハンターズムーンとは

ハンターズムーンとは、「10月の満月」のことを指します。

ハンターズムーンという呼び方は昔のネイティブアメリカンが毎月やって来る満月を農作業の指標にするため、その季節にちなんだ風景や生き物の名前などを付けたカレンダーのようなものの1つです。

 

ハンターズムーンの名前の意味や由来は

ハンターズムーンは日本語で「狩猟月」といいます。

これは、10月ごろになるとシカやキツネなどの動物が太って狩りをするのにちょうど良い時期であることに由来しています。

 

ハンターズムーンを英語でどう書く

ハンターズムーンは英語で「Hunter’s Moon(狩猟月)」と書きます。

英語圏では10月の満月のことを他にも「Travel Moon:トラベルムーン(移動月)」「Dying Grass Moon:ダイインググラスムーン(枯れ草月)」「Kindly Moon:カンドリームーン(親切な月)」「Blackberry Moon:ブラックベリームーン(ブラックベリー月)」「Blood Moon:ブラッドムーン(血月)」などと呼んでいます。

 

ハンターズムーンの周期

ハンターズムーンは毎年10月にやってきますが、決まった日ではありません。

10月の満月になるので、その年によって異なる日になります。

 

ハンターズムーンを見ると願い事がかなう?

2020年のハンターズムーンには、「お金」「物」「所有物」「蓄積」「資金」「物的ね快適さ」「マッサージ」「味覚」「香り」「センス」「感謝」「観賞」「満足」「固執」「鑑賞」「満足」「徹底」「忍耐強さ」「根気」「信用」「独占欲」などのキーワードがあり、これらに関係する願いごとが叶うとされています。

 

願いごとを叶えたいときは、願いを紙に書いてからハンターズムーンに向かって読み上げ、その後すぐに破り捨ててしまうというおまじないをするとよいでしょう。

おまじないをする時は、1番大きな満月になる6時6分がおすすめです。

 

また、季節を問わず満月には恋愛運や金運をアップさせる力があるとされています。

恋愛運をアップさせたい場合は満月の写真を携帯電話やパソコンの待ち受けにするおまじないが、金運をアップさせたい人は満月に向かって空の財布を3回振るというおなじないがおすすめです。

 

 

他の月にも様々な呼び方があり、神秘的ですので、こちらもどうぞ。

→各月の満月の名前・呼び名(英語名)は?満月の日時一覧

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-02020年イベント, 10月の話題・行事・イベント,

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.