最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

10月の話題・行事・イベント 今日は何の日・記念日

缶詰の日とはいつ?意味や由来、イベントに缶つまジャズナイト

投稿日:

SPONSORED LINK

▪はじめに

現在多くの種類があり、普段だけでなく災害時などの非常食としても重要な缶詰ですが、その歴史は意外と古く有名な偉人の依頼によって生まれたものだったのです!

そこで今回は、缶詰の歴史と関係の深い記念日や雑学などについてご紹介していきましょう。

 

スポンサードリンク

缶詰の日とは

缶詰の日は、毎年10月10日にあります。

この記念日は、1877年(明治10年)の10月10日に北海道石狩町に設置されたで日本初の缶詰工場で本格的に缶詰の製造が開始されたことに因んで1987年(昭和62年)に日本缶詰協会(現・日本缶詰びん詰レトルト食品協会)が制定したものです。

初めての日本製の缶詰は、石狩川で獲れた鮭を使った鮭缶でした。

 

▪意味

缶詰の日には、日本で初めて工場での本格的な缶詰製造が開始された日を記念するという意味があります。

 

▪由来

缶詰の日は、1877年(明治10年)10月10日に北海道石狩市に設置された缶詰工場で、本格的に鮭の缶詰の製造が開始されたことに由来して制定された記念日です。

 

▪イベント

メディアでも取り上げられたことのある、お酒に合う美味しいおつまみを缶詰めにした「缶つま」シリーズを製造・販売している国分グループ本社株式会社では、毎年「缶つまジャズナイト」というイベントを開催しています。

「オシャレなBarでJazzを聞きながらおいしいお酒と豪華缶つまオリジナルメニューを堪能!」というコンセプトンのもと開かれるこのイベントは、会員限定のイベントです。

 

過去には12月9日の19:00~21:00に行われ、砂田BB&ミツキータによるジャズ生演奏にプラスして、ワインやウイスキーの飲み放題、缶つまを使ったフルコース料理食べ放題という豪華なものでした。

毎年多くの応募があるので抽選になりますが、参加したい方はぜひ「缶つま倶楽部」に会員登録をして応募してください!

缶つま倶楽部HP 

 

スポンサードリンク

缶詰の雑学

<缶詰はナポレオンが遠征用食料のアイディアを募集して生まれた!>

現在では世界中で販売されている缶詰ですが、じつはかの英雄・ナポレオンの声掛けから生まれたものだったのです!

ナポレオンは、ヨーロッパ各国を遠征しフランスの勢力を広めていましたが、その時に問題となっていたのが食糧についてでした。

当時の軍用食糧は、塩漬けや燻製、酢漬けや乾燥させたものなどしかありませんでした。

これらの保存食は味を重視していないうえに、腐って食べられなくなることもしばしばありました。

このことを重要な問題と考えたナポレオンは、新しい保存食のアイディアを懸賞金を付けて募集したのです。

 

このアイディア募集に対して、フランスの二コラ・アペールが1804年に瓶詰めを発明しましたが、重たく割れやすいという欠点がありました。

そして、瓶詰めが誕生した6年後の1810年にイギリスのピーター・デュランドが瓶詰めよりも軽くて丈夫な缶詰めを発明したのです。

 

しかし、缶詰も誕生したばかりの頃は殺菌処理がうまくいかなくて中身が発酵してしまし爆発することもあったようです。

また、はんだ付けで蓋を閉めていたので、はんだに含まれる鉛が中身に混じって鉛中毒になってしまう人もいました。

その後改良が進んで現在のような形となり、缶詰は保存食には欠かせないものとなったのです。

 

<缶切りが生まれたのは缶詰が生まれてから約50年後だった!>

近年、缶詰はプルトップのものが主流になってきて、缶切りを使わずに開けることができますが、少し前までは缶詰と言えば缶切りで開けて食べるものでした。

しかしその缶切りも、じつは缶詰が発明されてから48年も経ってから生まれた画期的な発明品だったのです。

それまで缶詰は、ハンマーとノミを使って開けると缶詰に表示されていました。

缶詰は軍事用の食料だったので、ハンマーとノミを使わず銃剣でこじ開けたり、ひどい場合は銃で撃って開けたりとかなり乱暴な開け方をしてたそうです。

これらの方法では下手をすると中身が破損してしまうので、食べられないことも少なくなかったとか。

 

そんな中、1842年にアメリカのエズラ・J・ワーナーが尖った先端と鎌形状の刃をもったこて式缶切り「P38 CAN OPENER」を発明したのです。

この缶切りはアメリカ軍史上最高クラスの発明品とまでいわれるもので、缶を切る以外にも縫い目をほどいたり釣り糸を切ったり魚の内臓を取り除いたりと、じつに39通りもの使い方もできる兵士たちには欠かせないツールとして重宝されました。

P38という名前は長さが38cmであることから付けられたとされ、現在でもネット通販などで購入することができるロングセラー商品です。

 

▪まとめ

いかがでしたでしょうか?

缶詰めの誕生にナポレオンが関係していたことも驚きですが、缶切りが誕生するまで半世紀近く経っていたことやワイルドな開け方をしていたことにも驚きでした!

最近の缶詰はおいしさも重要視されるようになり種類も豊富になりました。

これは、災害時おいしくないと食が進まず健康面にも大きな影響出るからです。

おいしくなった缶詰を非常食としてだけでなく、普段の食事やアウトドアなどでも活用してください!

10月10日は何の日?誕生日の有名人や星座、花言葉・運勢・性格は

 

他にもおもしろい記念日がたくさんあります!

今日は何の日?毎日が記念日カレンダー

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-10月の話題・行事・イベント, 今日は何の日・記念日

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.