最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

10月の話題・行事・イベント 今日は何の日・記念日

テディベアズ・デーとはいつ?意味や由来、イベントは。アメリカ大統領との関係とは

更新日:

「10月27日  テディベアズデー」

■はじめに

テディベアはライオンや犬などと同様、筆者にはただのぬいぐるみとしか思えませんが、聞けばなかなか歴史と由緒があるんだそうです。

 

スポンサードリンク

テディベアズデーとは

イギリスのテディベア愛好者の間では、10月27日に「心の支えを必要とする人たちにテディベアを贈る運動」が行われていました。

例によって日本では1998(平成10)年に、日本テディベア協会がこの日に「テディベアズデー」という肩書を与えました。

 

■テディベアズデーの意味と由来

この日が「テディベアズデー」とされたのは、米26代大統領セオドア・ルーズベルト(1858~1919)の誕生日だからです。

ちなみに第二次世界大戦中の32代大統領のフランクリン・ルーズベルト(1882~1945)とは別人物です。

 

では、大統領の誕生日とクマのぬいぐるみがどう結び付いたのか、ちょいと話が長くなりますが、「テディベアズデー」の由来です。

1902(明治35)年の秋、セオドアは友人たちと趣味のハンティングに出かけましたが、その日は今一つ振るわず、気を利かせた友人が自分で追いつめた年寄りグマへのトドメの一撃をセアドアに譲ろうと声をかけました。

しかし、さすがは大統領、「瀕死のクマを撃つのはスポーツマンシップにもとる」として撃たなかったのを、同行していたワシントン・ポスト紙の記者が「テディベア」と記したイラスト付きの記事にしたため、この「美談」はあっという間に国内に広まりました。

記者が好意的だったのか、政府広報担当者が腕利きだったのかはわかりませんが、一歩間違えば「瀕死のクマを放置、苦しむにまかせた大統領」と書かれたかもしれません。

 

とにかく、その「美談」をヒントにある夫婦が「テディ」と名付けたクマのぬいぐるみを発売したところ、これが大当たりして大儲けしたそうで、ではなぜ「テディ」かと言うと、セオドアのニックネームが「テディ」だったからなんです。

アメリカでこのぬいぐるみが売り出されたころ、偶然にもドイツ女性のマルガレーテ・シュタイフ(1847~1909)がテディとは関係なしにクマのぬいぐるみを製造していて、これを目にしたアメリカのバイヤーが大量に輸入したことも手伝って、アメリカ中にテディベアが繁殖しまくりました。

テディベアという名前の出処は新聞記事で商標登録もなく、その後次々と現れたクマのぬいぐるみは、すべてテディベアと呼ばれることになり、今では世界中で愛されるぬいぐるみとなっています。

SPONSORED LINK

 

■テディベアズデーのイベント

当然、心優しい人がハンティングなんかするか、という声もあるとは思いますが、そういう時代だったということで納得しましょう。

「テディベアズデー」の趣旨は、「子グマの命を救った」心優しい大統領にちなんで、家族や友人にとどまらず、思いやりを必要とする世の中の人すべてに「あなたを思う気持ちを伝えよう」ということで、ずいぶんと手広い趣旨になっています。

10月27日の当日にはカネやタイコの派手なイベントはないようですが、白樺湖畔にある「蓼科テディベア美術館」では年に数回、謎解きスタンプラリーやクマの着ぐるみ記念写真などの企画でフェスティバルを開催しています。

 

また、各地のECショップではこの日にテディベアはもちろん、ブーケやジュエルボックス、ペアネックレスを贈ろうなんて販売キャンペーンが展開されています。

しかし、中古車販売店まで1枚加わっているのは、もう笑うしかないですね。

ところで、いつの間にか、老いたクマが子グマに、トドメを刺さなかったのが救ったことになっていますが、これも大目に見ることにしましょう。

 

スポンサードリンク

テディベアズデーの雑学

▽ぬいぐるみの癒し効果

女性の部屋には1つや2つ、ぬいぐるみがころがっているようです。

悲しいときにぬいぐるみを抱きながら涙したり、話しかける光景は容易に想像がつきますね。

中年男性のこういった光景は想像したくもありませんが…。

 

ぬいぐるみを抱くことで「幸せホルモン」と呼ばれるオキシントンが体内に分泌されるので、ぬいぐるみには癒し効果があります。

癒し効果は植物やペット、親しい友人や恋人にもありますが、植物は抱きつけませんし、ペットは思い通りにならないこともしばしば。

友人や恋人ではつい相手がどう思うかなんて余計なことも考えてしまいます。

その点、ぬいぐるみは愚痴や悩みをいつまでも黙って聞いていてくれますね。

 

▽国によって異なるベアの特徴

テディベアのメーカーは世界中にありますが、ドイツ、イギリス、アメリカが有力どころで、国によって顔や形に違いがあるようです。

ドイツのベアは顔立ち、体形がしっかりしていて、特に他の国より目、鼻がキリッとしています。

イギリスの特徴はキャラクター性に重点が置かれ、アメリカはデザインの多彩さが目立っています。

 

■最後に

皮肉っぽい記事になりましたが、これもテディベアに対する高齢男性のひねくれた愛情の表現だと思ってくださいませ。

10月27日は何の日?誕生日の有名人や星座、花言葉・運勢・性格は

 

他にもおもしろい記念日がたくさんあります!

今日は何の日?毎日が記念日カレンダー

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-10月の話題・行事・イベント, 今日は何の日・記念日

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.