最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

花言葉・誕生花

スイートピーの花言葉、ピンク色・白色・黄色・紫色と色で変わる意味も

更新日:

SPONSORED LINK

スイトピーといえば、フリルのような花弁に鮮やかな色が印象的な花です。

華やかで女性らしいイメージから、贈り物として花束に入れられることも多いですが、その花言葉をご存知でしょうか?

スイトピーは品種が多い分、花言葉もいくつか存在します。

 

スポンサードリンク

スイートピーの花言葉

スイトピー全般の花言葉は「門出」「別離」「ほのかな喜び」「永遠の喜び」「優しい思い出」です。

スイートピーが開花する3月~4月は卒業や入学などの頃で、別れと出会いの季節になります。

友との別れもありますが、新しい門出として出発する希望に満ちた花言葉でもあります。

 

色別の花言葉

スイトピーはピンク色のものが多いのですが、実はとてもカラフルな花です。

明るいものだけではなく、暗い色や淡い色もあります。

そんなスイトピーは、色によって花言葉が異なります。

 

ピンク色のスイトーピー

「繊細」「優美」

ピンク色のかわいらしい印象です。

 

白色のスイトーピー

「ほのかな喜び」

純白のウェディングブーケにも使われる色です。

 

黄色のスイトーピー

「分別」「判断力」

黄色のかわいらしさの中にも、冷静さを感じさせます。

 

紫色のスイトーピー

「永遠の喜び」

プレゼントも適した意味ですね。

 

他にも赤色やオレンジ色といった色のスイトピーがありますが、それらには特に決まった花言葉は付けられていないようです。

 

西洋での花言葉

西洋での花言葉は、「departure(門出)」「good-bye(別れの言葉)」「delicate pleasure(ほのかな喜び)」「tender memory(優しい思い出)」「blissful pleasure(至福の喜び)」です。

海外でも旅立ちや新しい始まりを感じさせる花言葉になってます。

 

実は怖い花言葉

スイートピーの花言葉には様々なものがあります。

スイートピーには「永遠の喜び」という意味がありますが、「永遠の別れ」という意味もあります。

別れの時期に咲く花ですが、「永遠」とつくと「死別」を予感させる怖さがありますね。

 

使ってはいけない花言葉

ありませんでした。

 

スポンサードリンク

スイトーピーとは

スイトーピーの特徴

開花時期は3月~6月頃で、大きな蝶形でパステルカラの花を咲かせます。

春咲き品種が一般的ですが、夏咲き品種や冬咲き品種もあります。

原産地はイタリアのシチリア島で、マメ科レンソソウ属のつる性植物です。

 

スイトーピーの名前の由来

スイートは甘い、ピーは豆のことで、甘い香りのする豆科の植物という意味になります。

学名は「ラティルス」で、「ラ(極めて)」「ティルス(原動力になる)」植物ということです。

 

スイトーピーの種類

スイトピーは花の色も様々で、春咲き種、夏咲き種、冬咲き種など開花時期によって品種も異なってきます。

 

スイトーピーの品種

スイトピーは世界中に100種類以上ともいわれる数の品種があり、その形や名前もそれぞれ個性的で、同じスイトピーでも全く違う美しさがあります。

 

「ロイヤル」

花色が豊富で、花径4cmほどの巨大輪が咲き、切り花にも向きます。

 

「リップル」

花色が多彩で、覆輪に吹きかけ模様が花弁に入ります。

 

「キューピッド」

矮性品種でつるがあまり伸びません。

 

「宿根スイトピー」 

6月から8月にかけての暑い時期に咲きます。

 

色や大きさによって、違う花のように特徴がありますが、どの種類も優雅で女性らしく、とても綺麗です。

卒業式や入学式、結婚式などのライフイベントにも使いやすく、アレンジにも向いているお花です。ぜひみなさんも育てたり誰かへ贈ってみたりしてみませんか?

→ 花言葉 誕生花月別一覧

→ 花言葉 五十音順一覧まとめ

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-花言葉・誕生花

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.