最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

花言葉・誕生花

水仙の花言葉。実は怖い花言葉や白色・黄色と色で変わる意味も。

更新日:

水仙といえば、ラッパのような形の花弁に明るい色が印象的な花です。清楚で女性らしいイメージから、贈り物とされることも多いですが、その花言葉をご存知でしょうか?水仙は品種が多い分、花言葉もいくつか存在します。

 

スポンサードリンク

水仙(スイセン)の花言葉

水仙全般の花言葉は「うぬぼれ」「自己愛」です。

「うぬぼれ」「自己愛」は、水鏡に映った自分の姿に恋をしてスイセンになってしまった美少年ナルキッソスの伝説に由来します。

 

色別の花言葉

水仙は白色のものが多いのですが、実はとてもカラフルな花です。白色だけでなく、黄色やオレンジ色もあります。

そんな水仙は、色によって少し花言葉が異なります。

 

白色の水仙

「尊敬」「神秘」

シンプルですが存在感のある白の水仙には、相手を敬うような花言葉が付けられています。

尊敬の念を伝えたい相手には、プレゼントできる花色ですね。

 

黄色の水仙

「もう一度愛してほしい」「私のもとへ帰って」

爽やかな黄色の水仙は、淋しげな花言葉ですね。

切ない失恋の気持ちや、大切な人を失ったことを連想しますね。

 

他にもオレンジ色やピンク色などといった色の水仙がありますが、それらには特に決まった花言葉は付けられていないようです。

 

西洋での花言葉

西洋での花言葉は、「self-love(自己愛)」「egotism(自己中心、うぬぼれ)」「unrequited love(報われぬ恋)」です。

日本語の花言葉と同じくナルキッソスの神話に由来していると考えられます。

 

実は怖い花言葉

ここまでご紹介した通り、水仙の花言葉にはネガティブな意味が多く含まれています。

これは、ギリシア神話に由来しています。

自分以外の人を愛せなくなる呪いをかけられたナルキッソスの神話です。

ナルキッソスは自他ともに認める美貌の持ち主でしたが、高慢な態度で女性を受け入れず傷付けてきたそうです。

苦しみのあまり自害する女性までいたそうです。

女神メネシスは、ナルキッソスに自分以外誰も愛せなくなる呪いをかけました。

ナルキッソスは水面に映る自分に恋したまま、水辺で衰弱死してしまいます。

水辺にうつむくように咲く水仙は、ナルキッソスの化身とされました。

この神話が由来して、水仙の花言葉はネガティブな意味が多くなっています。

 

使ってはいけない花言葉

水仙は贈り物に適した花ではありますが、あまり良くない意味の花言葉もあるので注意しなければいけません。

品種によって良い花言葉もありますので、プレゼントの際には気を付けてみてくださいね。

 

スポンサードリンク

水仙(すいせん)とは

水仙の特徴

水仙はヒガンバナ科スイセン属の植物です。種類はさまざまありますが、総称として「スイセン」とまとめて呼んでいます。

種類によって開花時期はやや差がありますが、だいたいの開花時期は12月から5月です。

水仙の見た目はすらっとしていて、葉はニラに似ています。花は横向きに咲き、ホウを破って開花します。中心に筒状の花弁があるのが特徴です。

中心の筒状のものは副花冠と呼びます。花弁は6枚ですが、そのうち3枚はガクです。

 

水仙の名前の由来

属名の学名「Narcissus(ナルシサス)」は、前述しましたギリシア神話に登場する美少年ナルキッソスに由来します。

「水仙」という漢名は、中国の古典の「仙人は、天にあるを天仙、地にあるを地仙、水にあるを水仙という」に由来し、水辺で咲く姿を仙人にたとえたものと考えられます。

 

水仙の種類

水仙の系統は二つに大別されます。一つ目は11月ごろに房状に咲くニホンスイセン、二つ目は3月ごろに一つの茎に大きな花を一つ咲かせるラッパスイセン系統です。

花色は、主に黄色系統と白色系統があります。

現在では、30種類の原種とそれからなる1万種以上の園芸品種が出回っていますが、英国王立園芸協会によれば、カップの形や咲き方、交配親などの違いから、12系統に分類されています。

 

水仙の品種

水仙は世界中に1万を超える数の品種があり、その形や名前もそれぞれ個性的で、同じ水仙でも全く違う美しさがあります。

「ピンクパラソル」 

水仙ピンクパラソルは、サーモンピンク系で美しい色味が特徴です。

ラッパ咲き品種で、草丈は30センチから40センチほどです。花期は3月から4月です。

 

「ナルキッスス・バルボコディウム」 

ミニスイセンの一種です。

草丈は15センチから25センチと小さく、寄せ植えにも利用しやすいといえます。

1月から2月に開花し、愛らしい可憐な花を咲かせます。

 

「スイセンマウントフット」 

草丈が30センチから40センチです。

副花冠はやや短めで薄い黄色だったのが開花するにつれ白く変化します。

花期中に色の変化が楽しめる種類ですので、人気ですよ。花期は3月から4月です。

 

「日本スイセン」 

日本スイセンは古くから日本で親しまれてきた植物で、房咲きの水仙です。

和風の雰囲気があり、庭園に植えられているのをよく見かけます。

花期は12月から2月です。花弁に香りがあるのも特徴です。

 

「スイセンタリア」 

白い花弁で、ややうつむき加減に開花します。

華奢な印象の水仙で、英語名では「Angel’s tears(天使の涙)」と呼ばれます。

 

「ペチコートスイセン」

女性のスカートのような見た目の副花冠が特徴的です。

原種または原種に近い形で流通しているため、「原種水仙」の一種です。

ペチコートスイセンの花期は1月から3月です。この季節になると、花茎を伸ばして横向きに開花させます。花色は黄色が多いですが、白のペチコートスイセンもあります。

 

「黄房スイセン」

日本水仙に似ています。黄色い花弁の中心にオレンジ色の副花冠が開花する房咲きの水仙です。花つきがよい特徴があります。香りも楽しめる品種で、花期は2月から3月です。

 

大きさや色、副花冠の特徴などさまざまな違いがありますが、どの種類も清楚で女性らしく、とても綺麗です。

扱いやすく人気の水仙を、ぜひみなさんも育てたり誰かへ贈ってみたりしてみませんか?

→ 花言葉 誕生花月別一覧

→ 花言葉 五十音順一覧まとめ

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-花言葉・誕生花

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.