最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

花言葉・誕生花

ヒトリシズカの花言葉。静御前(しずかごぜん)のような美しい花

更新日:

ヒトリシズカという、少し暗い印象をもつ花の名前。

名前のイメージとは裏腹に、白く美しい花を、野山や森林に咲かせます。

その名前の由来は、日本で有名な偉人と深い関係があったのです。

 

ヒトリシズカとは

ヒトリシズカは日本をはじめとして、極東ロシアから朝鮮半島、中国東北部から東部の広い範囲で見られます。

日本では全国各地の野山や森林に、自生しています。

湿り気のある場所を好み、寒さに強い花です。

そのため、森林がある場所で見られることが多く、日陰でも成長します。

暑さに弱い花ではありませんが、直射日光があたる場所よりも、日影がオススメです。

開花時期は4月から5月で、ブラシのような白い花を咲かせます。

害虫や病気に強く、比較的育てやすい花です。

 

ヒトリシズカの名前の由来

ヒトリシズカは漢字で「一人静」と表記されます。

日本や東アジアで見られるヒトリシズカですが、その名前の由来の起源は、平安時代の日本です。

平安時代の武将である源義経の愛人として有名な、関係しています。

 

雨が降らない日が続いたため、後白河法皇が僧にお経を読ませ、容姿端麗な白拍子(しらびょうし)に舞をおどらせました。
しかし、一向に雨が降ることはありませんでした。

そんな中、静御前が1人舞をおどると、その後3日間雨が続いたと言われています。

ヒトリシズカの花が咲いた様子は、美しい静御前が舞を1人踊る姿のように見えたため、この名前がついたとされています。

 

一方で、フタリシズカという花との対比で、ヒトリシズカの名前が広がったという説もあります。

フタリシズカは、静御前とその霊が舞う様子を描いた謡曲「二人静」からつけられたそうです。

どちらの説も、ヒトリシズカという花の名前には、容姿端麗な静御前が関係していたのですね。

 

ヒトリシズカの学名は「Chloranthus japonicus」です。

「Chloranthus」は、ヒトリシズカの科名と属名である、センリョウ科チャラン属を表します。

「japonicus」は、「日本の」や「日本固有の」という意味をもつため、日本や東アジア原産の花であることからつけられたのでしょう。

 

ヒトリシズカが誕生花となる日にち

1月9日、2月4日

 

ヒトリシズカの花言葉

「隠された美」「愛にこたえて」がヒトリシズカの花言葉です。

名前の由来と言われる、静御前はとても美しい女性であったと言われています。

そんな静御前は、源義経の愛人であったため、隠された存在でした。

そのため、「隠された美」という花言葉がついたのでしょう。

また、静御前は源義経の子供を身ごもりましたが、男の子であったため、子供の命を絶つように命じられたそうです。

愛する人の子供を身ごもっても、所詮は愛人であったため、源義経は静御前の愛にこたえられなかったのでしょう。

ヒトリシズカの花言葉は、まさに静御前を表しているようですね。

ヒトリシズカの色別の花言葉

ヒトリシズカの花の色は白一色ですので、色別の花言葉はありません。

 

ヒトリシズカの怖い花言葉

ヒトリシズカには怖い意味の花言葉はないようです。 

 

ヒトリシズカの別名と由来

ヒトリシズカには、別名がいくつか存在します。 

まずは「吉野静(よしのしずか)」です。

「吉野静」という名前は、観阿弥作が作ったとされる能「吉野静」が関係しています。

能「吉野静」は、源義経が衆徒(しゅうと)から逃げるのを、家臣の佐藤忠信と静御前が、手助けするという話。

吉野山で静御前が美しい舞を踊った姿と、花の美しい様子が似ていたため、「吉野静」と名付けられたとされています。

他にも、花の形が、眉を整える、ブラシのように見えたことから「マユハキグサ」とつけられました。

「蛍草(ほたるそう)」、「次嶺(つぎね)」、「及己(ぎゅうい)」などといった別名があります。

 

人里はなれた野山や森林に、ひっそりと美しい花を咲かせるヒトリシズカ。

その名前は、静御前という1人の美しい女性の姿を由来としていたのですね。

→ 花言葉 誕生花月別一覧

→ 花言葉 五十音順一覧まとめ

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-花言葉・誕生花

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.