最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

花言葉・誕生花

サンシュユ(山茱萸)の花言葉。特徴や別名、名前の由来とは

更新日:

サンシュユと言われ、春に黄色の花をつける木と知っている人は少ないかもしれません。 

春は黄色に染まり、秋は赤に染まるサンシュユは、薬として古くから人々の生活を支えていました。

サンシュユには、人々を支えていることを象徴するような花言葉がついていました。

 

サンシュユ(山茱萸)とは

サンシュユは中国や朝鮮半島が原産の花木です。

花が咲くのは春先で、黄色の花を咲かせます。

小さな花がたくさん集まり、2、3㎝の房を作るのが特徴です。

また、サンシュユの花は、若葉が育つよりも先に花を咲かせます。

そのため、木全体が淡く優しい黄色に彩られます。

 

秋には甘い果実が実ります。

甘味だけでなく、酸味や渋みも感じられる果実です。

真っ赤に熟す実は、グミの実のようであると言われます。

果実の収穫期は10月から11月ごろです。

サンシュユの果実は、漢方や薬として古くから利用されています。

今では、ジャムや果実酒などの趣向品に加工されることもあります。

 

サンシュユの名前の由来

サンシュユは中国から朝鮮半島を介して、日本に伝えられました。

中国ではサンシュユを漢字で、「山茱萸」と書きます。

この漢字は音読みで「サンシュユ」と読めたことが、名前の由来とされています。

 

サンシュユには、木にまつわる名前もついています。

春に木全体を黄色に彩ることから「ハルコガネ」、秋に赤く光沢のある実をつけ、その実をつけた姿がサンゴ礁のように見えることから「アキサンゴ」という呼び名があります。

 

西洋名は「Japanese cornel(ジャパニーズコーネル)」です。

cornelはミズキやヤマボウシのいみがあります。

日本にあるミズキ科の植物ということで、この名前がついたのでしょう。

 

サンシュユの学名は「Cornus officinalis(コーナス オフィキナリス)」です。

Cornusは「角」を意味するラテン語です。

サンシュユの木は硬く強いことからこの名前がついています。

officinalisもラテン語で、薬に使われる植物の学名につけられる単語です。

 

サンシュユが誕生花となる日にち

1月18日、2月21日、2月29日、3月17日

 

サンシュユの花言葉

「強健」「持続」「耐久」「気丈な愛」がサンシュユの花言葉です。

「強健」「持続」「耐久」は、サンシュユの実が薬として、古くから重宝されてきたことに由来します。

サンシュユの実は、さまざまな病を治し、健康を維持することができるため、「強健」「持続」「耐久」といった花言葉がついたとされています。

 

「気丈な愛」もまた、サンシュユが薬として利用されることに由来しています。

どんな人の病でも寄り添って治すということから、「気丈な愛」という花言葉がついたそうです。

 

サンシュユの色別の花言葉

サンシュユの花は黄色の花のみです。

そのため、色別の花言葉はありません。

 

サンシュユの怖い花言葉

サンシュユは、人々の病を治す薬として、重宝されており、それにちなむ、「強健」や「持続」 などといったポジティブな印象の花言葉ばかりです。

そのため、サンシュユには怖い花言葉はついていません。

 

サンシュユの雑学 

サンシュユは中国や朝鮮半島が原産で、日本には江戸時代に伝えられたとされています。

日本に伝わった時は、サンシュユが薬になる植物として教えられ、種が持ち込まれました。

現在日本んでサンシュユを栽培している地域は、東北から九州まで幅広いです。

薬用の植物として持ち込まれたサンシュユでしたが、今では花を鑑賞する目的で、植えられることも多いです。
黄色の花を木にいっぱいつけるサンシュユの木が、自宅の庭にあると、春が明るく彩られそうですね。

 

サンシュユの実からできた薬は、さまざなま効能があると言われています。

滋養強壮をはじめ、頻尿、冷え性、不眠症、止血などさまざまな効果があります。

サンシュユの実の果実酒にも、同じ効果が期待されるそうです。

 

サンシュユの黄色い花が満開になる様子は、イチョウの木が紅葉しているような黄金色で、あたりを華やかに彩ります。

秋には真っ赤な実を木にいっぱいつけ、またちがった木の姿を見せてくれます。

季節によってさまざまな色に変化するサンシュユは、見ている人を楽しませてくれる花ですね。

→ 花言葉 誕生花月別一覧

→ 花言葉 五十音順一覧まとめ

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-花言葉・誕生花

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.