最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

花言葉・誕生花

リンゴ(林檎)の花言葉。別名や名前の由来、誕生花や言い伝えとは

更新日:

日本でも生産が盛んで、良く食べられるリンゴ。

美味しいだけでなく、栄養価の高い果物です。

禁断の果実として知られるリンゴには、さまざまな言い伝えがありました。

 

リンゴ(林檎)とは

ヨーロッパの東南部やアジアの西部が原産と言われており、その中でも北部コーカサスの地域が有力であると言われています。

品種が非常に多く、7500以上の種類があるそうです。

温帯や亜熱帯、亜寒帯などさまざまな環境で成育することができますが、熱帯の地域だけは栽培が難しいです。

また、病害虫の被害が大きいことから、家庭での栽培も難しいとされています。

品種により異なりますが、樹高は2から5mが一般的で、大きいものでは8mにまで成長する物もあるそうです。

4月から5月にかけて、花を咲かせます。

つぼみはピンク色で、花が開くと白色です。

5枚の花びらからなり、梅の花に似ています。

秋ごろに果実が収穫期をむかえます。

 

リンゴ(林檎)の名前の由来

「林檎(りんご)」という名前は日本で、一般的な名称ですが、その由来はいくつかあります。

私たちが普段食べているのはセイヨウリンゴと呼ばれるものです。

西洋から1800年代に伝えられたリンゴで、こちらが一般的になる前には、中国から伝えられた「ワリンゴ」をリンゴ呼んでいました。

平安時代にはワリンゴのことを「利宇古宇(リウコウ/リウゴウ)」と呼んでいたそうです。

リウコウが変化しリンゴと言うようになったと考えられています。

 

もう一つに、中国で「林檎」と呼んでいたことが、由来になっていると言います。

リンゴの果実を食べるために、鳥が集まっていたそうです。

中国では鳥のことを「禽(キン)」と呼び、林に集まることから、「林檎」という漢字があてられました。

日本に伝えられた時には「林檎」をリリンゴと言い、いつの間にかリンゴへと変化したそうです。

 

西洋では「Apple(アップル)」と言われますが、これは果物を代表するからと言われています。

かつては、果実のことを「apple」と表していたそうです。

たくさんの品種があり、古くからあるリンゴを果物の象徴とし、リンゴが「apple」という名前を引き継いだそうです。

 

リンゴ(林檎)が誕生花となる日にち

5月2日、5月11日、9月29日、10月29日

 

リンゴ(林檎)の花言葉

全体の花言葉は「選ばれた恋」「最も美しい人」です。

この花言葉はギリシャ神話の中の「パリスの審判」が大きく関係しています。

神々が招待されたとある結婚式がありました。

争いの女神エリスだけ、呼ばれておらず、エリスは怒りだします。

結婚式で争いごとを起こそうと、黄金のリンゴを持ち出し、「最高に美しい女神に黄金のリンゴを与える」と言い出したそうです。

そこで名乗りをあげたのが、神ゼウスの妻であるヘラ、知恵の女神アテナ、愛と美の女神アフロディーテでした。

見かねた神ゼウスは美少年のパリスに、誰に黄金のリンゴを与えるか決めるように言います。

その際に、選んだ女神によってちがう報酬を与えるとしました。

パリスは、アフロディーテを選び、世界一美しい女性を手に入れることができる報酬を得ます。

実際にヘレナという美女と結ばれることになったのです。

この神話から、「選ばれた恋」「最も美しい人」という花言葉がつきました。

 

リンゴ(林檎)の色別の花言葉

リンゴの花色は白です。

1色しか無いため花色別の花言葉はありません。

その代わりに、花、果実、木それぞれの花言葉があります。

 

【花】

「好み」「選択」「preference(優先)」

パリスによって、黄金のリンゴをもらえる人が決められたことから、ついた花言葉と言われています。

 

【果実】

「誘惑」「後悔」「temptation(誘惑)」

禁断の果実と言われることから、ついたとされています。

 

【木】

「名誉」「honor(名誉)」

黄金のリンゴを手に入れると、合わせて「女神の中で最も美し美女である」という称号が与えられたも同然であることから、つけられました。

 

リンゴ(林檎)の怖い花言葉

全体の花言葉には、怖い印象のものはありません。

果実の花言葉は、「誘惑」や「後悔」といったネガティブなものがつけられています。

これは、旧約聖書にある、アダムとイブの話が関係しています。

 

リンゴ(林檎)の言い伝え 

ギリシャ神話の「パリスの審判」以外にも、言い伝えがあります。

旧約聖書「創世記」には、アダムとイブの物語が書かれています。

エデンの園は楽園であり、外には木や草など何も生えていません。

そこで最初に生まれた人間がアダムです。

アダムを生み出した神は、エデンの園にさまざまな木を植えました。

どの木にも食べることができる果実を実らせますが、善悪の知識の実は絶対に手を出しては行けないと言います。

後にイブが生み出され、悪魔のささやきをするヘビが、イブに善悪の知識の実を食べるよう言いました。

ヘビの言葉に惑わされたイブは、果実を食べてしまいます。

さらには、アダムにも果実をすすめました。

神の言いつけを守らなかったことから、後に2人は追放されてしまいます。

このことから、「誘惑」や「後悔」といった花言葉につながったそうです。

 

リンゴは古くからあった果実で、果物を代表するものでもあります。

ヨーロッパでは、「1日1個リンゴを食べれば、医者を遠ざける」や「赤いリンゴの実がなれば、医者の顔が青くなる」などと言われます。

それほどまでに、栄養価が高く、古くから人々の健康を支えてきた植物でした。

→ 花言葉 誕生花月別一覧

→ 花言葉 五十音順一覧まとめ

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-花言葉・誕生花

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.