最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

貴族階級・称号

大公(たいこう)とは?意味や英語の読み方。知る人ぞ知る君主の称号

更新日:

ルクセンブルク大公宮殿

日本ではあまりなじみ深いものではないですが、世界各国に行くと君主の称号や貴族の称号といったものがあり、その国の秩序、政治、外交への道が明確に変わったりします。

 

中でも有名な君主の称号は、「皇帝」「国王」「大公」や貴族の称号では「侯爵」「公爵」「子爵」「男爵」などといったものが有名で、どの称号が付いているかによって力関係が明白です。

 

このような複数の称号がありますが、観て頂いたらわかるように、君主や貴族の称号の中で君主の称号の方が上級階級の人に授けられます。

 

そのような君主の称号でも、「皇帝」や「国王」の違いだけでも難しいという人がいますが、3つの中で知っている人が少ないのが「大公」という君主の称号です。

 

ぜひ皆様にもこの「大公」という君主の称号について知っていただきたいので「皇帝」や「国王」とは違う場所など比較できるようにご紹介していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

大公とは?意味や由来

「大公」とは先ほども少し触れましたが、「皇帝」や「国王」といった一国、または異種民族などを治めるといったような、最高権力者達がなる「君主の称号」の一つです。

 

ただ一般的に知られているのがやはり、「皇帝」や「国王」の方で、なかなか「大公」を知っている人はまだまだ少ないのが事実です。

 

「大公」とは英語に訳した場合二つの読み方に戻りますが、一つは「Grand duke(グランドデューク)」もう一つは「Prince(プリンス)」となります。

 

 

「Grand duke(グランドデューク)」は正確に言うと「King(王)」の下、「Duke(公)」より上の立場、地位を表しています。

特に、グランデュークの意味合いを持つ方は、王族の王以外の者や、分家の長といったような人たちを指すことが多いです。

 

ただし、王の下の公より上の立場とあるように、国王の家臣、第一人者として指される場合もあります。

 

「Prince(プリンス)」の方はご存知の方も多いと思いますが、よく国王の息子などに「プリンス」娘だと「プリンセス」といったようになると思います。

 

このことからわかるように、「大公」とは主に、小国を治める者の最高権力者を表したりすることが多く、「国王(King)」と同等として表されるところと、「プリンス(Prince)」として表される所があるため、国の捉え方、扱い方によって変わります。

一番わかりやすい捉え方は「大公」は「第一人者」と思っていただけたら分かりやすいです。

 

では、「皇帝」と「国王」とはどのように違うのかというと、まず「皇帝」は「王の中の王」とも訳されるように、「国」の中では最高権威者、様々な異民族を包括、統括する普遍的な国家の首長として指す場合が多いです。

 

一方、「国王」はご存知の方も多いように「国」を治める「王」として訳され、その国、集団、共同体の中での最高権威の者を指すことが多いです。

SPONSORED LINK

 

そして「大公」は王号の者がいない場合は、「王族(公族)」として表され、「王」と同等の意味合いを指したり、王号の者がいる場合は「王族の家臣」として指します。

 

このことからわかるように、治めている広さから考えると「皇帝」「国王」「大公」といった順になり、国の習慣、捉え方によって変わりはするのですが、「王の中の王(皇帝)」「一国を治める王(国王)」「小国を治める王(大公)」と思っていただけたらわかりやすいです。

 

ちなみに「大公」は王号の者がいない所を指す場合の方が多く、「公国」として扱われることが多いです。

 

日本では、明治時代に作られた制度での「公爵」に相当するとされています。

 

スポンサードリンク

イギリスでの英語の読み方(男性の時、女性の時)

先ほどもご紹介しましたが「大公」は二つの意味として読まれる、表されることが多く、英語圏での「大公」読み方としては「Grand duke(グランドデューク)」や「Prince(プリンス)」となります。

 

しかし、「大公」が公国の場合、君主とその妻はPrinceとPrincess、息子もPrince、娘もPrincessといったように君主並びに息子も「プリンス(Prince)」になります。

 

その他の外国での大公の読み方(男性の時、女性の時)

大公の場合は、英語圏の所と他の外国ではさほど読み方は変わりません。

 

変わる所といったら、ラテン語だとdux(ドゥクス)と読まれたり、フランスだとduc(デュク)ポルトガル・スペインだとduque(デュケ)イタリアだとduca(デュカ、デュッカ)となります。

 

大公の有名な人物(歴史上や現在)

大公は皇帝や国王とは違ってかなり少ないです。

 

というのもまず公国自体が少ないのが原因でもあるのですが、過去、歴史上で大公(公国の王)として挙げられるのが以下の

○トスカーナ大公

○バーデン大公

○リトアニア大公

○ルクセンブルク大公

だけです。

 

さらにこのうち現存するのが、ルクセンブルク大公国のルクセンブルク大公のみとなっています。

このことからわかるように「大公」として表されるのが極少数なのです。

 

大公の有名な漫画や映画などのキャラは

歴史上や現在の「大公」が少ないように有名な漫画や映画などでの「大公」のキャラはやはり皇帝や国王に比べたら少ないです。

 

主に有名な大公は「リボンの騎士」に出てくる悪の大公、「ジュラルミン大公」やマジンガーZに登場してくるミケーネ帝国の諜報軍の一人「ゴーゴン大公」が有名です。

 

このように「大公」は皇帝や国王とは違った小国の王に付けられる称号とされますが、やはり一国の王とされるように威厳、格式のある王であります。

 

ニュースなどで取り上げられることも少ないですが、世界の動きなどで公国の動きのニュースが流れるときには大公も出てくることが多いのでぜひ意識して観て頂けたらと思います。

貴族階級の爵位とは?順位や違いは。日本とイギリス(英国)で比較

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-貴族階級・称号

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.