最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

雑学・豆知識・疑問解決

キッズとは何歳から何歳まで?チルドレンやジュニアの違いは

更新日:

キッズやベイビーというと普段何気ない場面で耳にすることが多いですよね。

さらに、似ている単語としてティーンズやジュニア、チャイルドという言葉もよく見かけると思います。

 

しかし、実際に似ている言葉であってもどのような違いが存在するのかご存じの方も少ないです。

そこで、キッズやベイビーといった、似ているようで実は意味合いが異なる言葉をご紹介していきたいと思います。

 

キッズ(Kids)とは

まず最初にご紹介するのはキッズです。

キッズはチルドレン・ジュニアといった子供を指すような言葉で最も使われる言葉ですが、キッズは英語で若者たちという意味合いになります。

この点においては、最近では中学校や小学校の授業などで習うのでご存じの方が多いと思います。

 

キッズは複数形で、単体を指す場合は「キッド」となります。

ここで気になる人が多いと思う点がキッズは何歳から何歳までの範囲かという点だと思います。

この点についてはキッズの年齢の幅は特にこれと言って決まってはいません。

というのも、先ほどもご紹介したように、キッズは若者たちを指す言葉でもあるので、大人から見たらまだまだ子供と感じる年齢の場合もあると思います。

 

このような場合でもキッズやキッドと使われることが多いので、大人から客観的にみて若いと感じる年齢3歳から24.5歳ぐらいまではキッズという場合が多いです。

最近では年齢の細分化も行われ始めたので、キッズは6歳児から8歳児までを指す場合も多いです。

 

ベイビー(Baby)とは

次にご紹介するのはベイビーです。ベイビーもキッズと同様で耳にする機会や、目にする機会が多いと思います。

ベイビーも多くの方がご存じのように英語で赤ちゃん・赤ん坊という意味になります。

ベイビー、またはベビーと書かれることが多いのですが、ベイビーはどの年齢くらいまでを指すのか疑問に思う人もいると思います。

 

このベイビー・ベビーについてもひとによって解釈の違いが異なるので、振れ幅はあるのですが、およそ2歳までの子供のことをベイビーと呼ぶことが多いです。

海外では3歳でもベイビーと呼ぶことも多いようなので、その場に合わせて使ったのでも大丈夫なようです。

 

プレスクラーズとは

次はプレスクラーズについてご紹介したいと思います。

プレスクラーズは先ほどご紹介したキッズやベイビーとは異なってほとんど耳にする機会も少ないと思います。

しかし、このプレスクラーズは最近になって徐々に世界中で浸透しつつある言葉でもあるのです。

 

というのも、プレスクラーズはキッズやベイビー同様に子供を指す言葉でもあるのですが、キッズやベイビーだけでは年齢層の幅が広いためわかりづらいということで最近になって英語圏内で使われだした細分化された呼び方となっています。

プレスクラーズもそのうちの一つで、プレスクラーズは「3歳児から5歳児」までの間の子供を指します。

このように呼び方を細分化することによってより明確にわかりやすい状態になっています。

 

トドラーズ(Toddlers)とは

次にご紹介するのはトドラーズ(Toddlers)です。

トドラーズ(Toddlers)もプレスクラーズと同様にあまり普段から耳にしない言葉ですよね。

トドラーズ(Toddlers)はキッズというよりも、どちらかというとベイビーと近い呼び方です。

 

このトドラーズ(Toddlers)もキッズやベイビーを細分化してよりわかりやすくした名称なのですが、トドラーズ(Toddlers)は0歳児から3歳児までの間の子供を呼びます。

このことからもわかるように、トドラーズ(Toddlers)はベイビーから幼稚園に行くまでの間と同じ意味合いという認識でも問題ないかと思います。

 

トウィンーズとは

次にご紹介するのはトウィンーズです。

トウィンーズは細分化したキッズよりもやや成長した年齢の子供を指す場合が多いです。

細分化した場合にキッズは6歳児から8歳児までの子供を指すとご紹介しましたが、トウィンーズの場合は9歳児から12歳児までの間の子供のことを指します。

 

ティーンズ(Teens)とは

次にご紹介するのはティーンズ(Teens)です。

ティーンズは英語圏では使われることが多かったのですが、日本でもなじみのある言葉になりつつあると思います。

 

ティーンズはやはり多くの方がご存じのように10代の子供のことを指します。

そのためティーンズ(Teens)は10代の少年少女の事を指すので、ぜひ次に目にする機会や耳にする機会がある場合はご参考にしていただけたらと思います。

 

細分化されてさらに詳しく指す場合は同じティーンズと言っても13歳児から15歳児を指します。

そのため、トドラーズやトウィンーズというような言葉が一緒にある場合はティーンズの場合は13時歳児から15歳児を指していることが多いので注意しましょう。

 

ジュニア(Junior)とは

次にご紹介するのはジュニア(Junior)です。

ジュニアも意外と使われることが多い言葉でもありますよね。

主に、スポーツクラブなどに入っている子供たちなどに使う機会が多いのですが、ジュニアは英語では年下のことを表します。

もちろん年下だけでなく、自分の息子のことをジュニアと呼ぶことも多いのですが、ジュニアはキッズと同様に幅広い年齢層です。

 

こちらのジュニアは年齢層の幅が細分化されていないので、細かく年齢を指す言葉ではないのですが、主に3歳児から18歳児までの間をジュニアと呼ぶことが多いです。

ただし、このジュニアにおいても人や状況によって解釈が大きく異なります。

 

というのも、先ほどご紹介したように、ジュニアは幅広い年齢層を指すのですが、ゴルフ協会などでのジュニアは先ほどご紹介した18歳児までをジュニアとしてみます。

しかし、車に乗せる際のジュニアシートなどでは10歳児までが目安となっているため、先ほど触れたように時と場合によって使い分けされることが多いです。

 

チャイルド(child)とは

次にご紹介するのはチャイルド(child)です。

チャイルドはチャイルドシートなどといった言葉で多くの方が聞きなれた言葉だと思います。

チャイルドは多くの方がご存じのように、子供・赤ん坊のことを総じて呼ぶ場合が多いです。

 

お子様として使われることも多く、息子や娘という意味もあるので、チャイルドを使っている状況によって判断していただけたらと思います。

さらに、先ほども少し触れたチャイルドシートは5歳児までの使用義務となっています。

 

もちろん5歳児を過ぎたからといっても外すのではなく、子供の安全を守るためにも重要な点なのでチャイルドシートは5歳児を過ぎた後でも使う人が多いです。

このチャイルドシートの5歳児までの義務を守らなかった場合は減点1点なので、減点や子供の安全を守るためにもしっかりと守りましょう。

 

チルドレンとは

最後にご紹介するのはチルドレンです。

チルドレンも最近でこそあまり言わなくなりましたが、〇〇チルドレンという言葉が一時期はやり、使うことが多い時がありました。

このチルドレンは多くの方がご存じのように、先ほどご紹介したチャイルドの複数形となっています。

そのため、その人の子供・または子供のような存在の人たちをチルドレンという言葉を使って表す場合も多いので、こちらのチルドレンという言葉も時と場合によってどのような意味か判断するようにしましょう。

 

「まとめ」

今回はキッズやチルドレン・ジュニアなどといった子供に関する言葉についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

キッズやチルドレンというように似たような言葉が多いですが、ご紹介したことからもわかるように最近ではどんどんわかりやすいように細分化された言葉も登場しています。

ぜひ、皆さんも目にする機会がありましたらご参考にしていただけたらと思います。

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-雑学・豆知識・疑問解決

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2023 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.