最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

雑学・豆知識・疑問解決

30日と31日ある月の覚え方!どうして2月は28日しかないの?

更新日:

SPONSORED LINK

月によって30日だったり、31日だったりと、「何月に31日あったかな?」っていうことありませんか。

規則正しく交互に30日、31日の月がくればすぐわかるのに、なんでこんな変則的な暦になっているでしょう?

そんな暦のおもしろい由来と、これさえ知っておけば、どの月が31日なのかすぐわかる方法を紹介します!

 

スポンサードリンク

大の月・小の月

31日ある月のことを大の月31日ない月を小の月(小月)といいます。

 

地球が太陽の周りを一周するのにかかる日数は365.2422日とされており、この0.2422日という端数があるため、4年に一度の閏年(うるう年)を設けて調整します。

 

今の暦のもとは「ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)」によって作られました。

この初めの暦は「大の月」と「小の月」が順序良く並んでいます。

◆ユリウス暦

1月31日

2月29日(閏年30日)

3月31日

4月30日

5月31日

6月30日

7月31日

8月30日

9月31日

10月30日

11月31日

12月30日

 

この暦だと2月は4年に1回閏年がきて30日となるのです。

 

スポンサードリンク

大の月が7月と8月に連続する理由

のちに、ローマの皇帝のアウグストゥスが、自分の誕生月の8月が「小の月」になっていることが気にいらなず、2月の1日をとってきて8月に付けたのです!

それまでの2月の29日が28日に減り、8月の30日が31日に増えることになったのです。

 

しかしそうすると、7月8月9月が3連続で31日となってしまうので、9月以降の大小を入れ替えてしまいました。

 

◆アウグストゥス暦(現在使われている暦のこと)

1月31日

2月28日(閏年29日)

3月31日

4月30日

5月31日

6月30日

7月31日

8月31日

9月30日

10月31日

11月30日

12月31日

 

権力者のわがままでこのように暦も変わっていってしまったのです!

30日の月と31日の月の覚え方

覚えやすいユリウス暦から変則的なアウグストゥス暦になり、何月が31日なのか覚えにくくなったので、ここで覚え方を2つ紹介します。

 

西向く侍(にしむくさむらい)

西向く侍を平仮名に直して、「にしむくさむらい」としましょう。

ニ・シ・ム・ク・サムライ

二→二→2

シ→四→4

ム→六→6

く→九→9

サムライ→士→11

サムライのことを「士」といいます。

士を分解すると「十と一」。よって11となります。

 

つまり2月・4月・6月・9月・11月が小の月(31日でない月)になります!

 

げんこつでの覚え方

子供でもすぐわかるのがこぶしの凹凸を使った覚え方です。

げんこつをつくり、骨が出た出っ張った部分凸を「31日の月」として、へこんだ部分凹を「30日の月」とします。

 

人差し指の凸部分から1月スタート、小指の凸部分を7月・8月として折り返します。

これで小さな子供でも指をなぞりながら覚えられます!

※転載・出典禁止画像

以上、30日と31日の月の覚え方でした。

暦の由来は、意外な権力者の影響でした。

 

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-雑学・豆知識・疑問解決

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.