最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

10月の話題・行事・イベント 今日は何の日・記念日

印章の日とはいつ?意味や由来、イベントは。10月1日は印鑑供養も

更新日:

SPONSORED LINK

■はじめに

8月5日ははんこの日。

では、10月1日は?

印章の日です。

印鑑やはんことは違うの?

どんな日なの?

そんな疑問にお答えさせて頂きますね。

 

スポンサードリンク

■印章の日とは

印章の日とは、毎年10月1日にあります。

公益社団法人全日本印章業協会によって制定されました。

他にも10月1日はネクタイの日、コーヒーの日、日本酒の日などさまざまな記念日があります。

 

■意味

印章の日は、現代では印章に関する啓発などの意味合いが強いですね。

実印が使われるようになったことを記念して制定されています。

今までは曖昧だった書類への認識が、実印を使うことで色々と変わりました。

より信頼性を持つようになったのです。

10月1日の印章の日は、そんな印章の重要性を紹介する大切な日です。

 

■由来

印章の日は、明治6年の10月1日に太政官布告が制定されたことを記念して制定されました。

それより以前は、実印というものが無かったんです。

それ以前は花押(かおう)や爪印(つめいん)が使われていました。

花押は署名の代わりに使用する記号のことです。

爪印は今で言う拇印(ぼいん)のようなものです。

爪や指に墨を塗って、それを押していました。

正確には拇印が指の腹で押すもので、爪印は指の先を使って押すものです。

 

スポンサードリンク

■イベント

大切に使ってきた印章だからこそ、そう簡単には捨てられない。

そんな方には、10月1日に行われる印鑑供養がおすすめです。

実は、毎年10月1日になると日本各地でこの印鑑供養が行われているんです。

神社で行われていることが多いですね。

 

直接持っていっても良いですし、はんこ屋さんに聞くと持っていってくれるところが多いです。

この時、お願いすれば名前部分を削ってくれることもありますよ。

ただし、ゴム印に関しては受付していないところもあるので、事前に確認しましょう。

 

■印章の雑学

印章の日にちなんだ雑学をご紹介します。

 

□印鑑とはんこ、印章の違いは?

よく間違えてしまう方が多いのですが、印鑑とは押した際に残った絵や文字のことを言います。

「契約書に使う印鑑をお持ち下さい」

というのは、間違っています。

契約書にはんこで押したものが印鑑です。

そして、印章とははんこのこと。

つまり、印章=はんこ。

印章を書類などに押して残ったものが印鑑となります。

特にビジネスの場面では間違えないようにしたいですね。

 

□目上の人には斜めに押す?

SNSでも少し話題になりました。

特に金融業界で見られた慣習で、部下は印鑑が斜め左になるように押印するというものです。

実際に押してみるとわかるのですが、なんだかお辞儀しているように見えるんですよね。

ちなみに、なぜ右ではなく左なのかと言いますと、偉い人の印鑑部分が左側に来る書類が多いからです。

 

最近ではあまり見られなくなってきている慣習ですが、会社によってはこれが常識というところも。

会社で印章を使う場合、そういったルールが無いかチェックしておきたいところです。

 

■まとめ

印章の日についてご紹介させて頂きました。

まさに私達の生活にとって無くてはならない物ですね。

印章の日には、所有している印章を綺麗にしたり、確認したりしてみてはいかがでしょうか。

一年ごとの良い習慣になると思います。

10月1日は何の日?誕生日の有名人や星座、花言葉・運勢・性格は

 

他にもおもしろい記念日がたくさんあります!

今日は何の日?毎日が記念日カレンダー

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-10月の話題・行事・イベント, 今日は何の日・記念日

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.