最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

5月の話題・行事・イベント 今日は何の日・記念日

スズランの日とはいつ?意味や由来、イベントは。愛する人に贈ろう!

更新日:

■はじめに

スズランは鈴の形をした可愛らしい花で、漢字では「鈴蘭」と書き、葉の陰で隠れるように咲くので「君影草」とも呼ばれます。

また、スズランはバラ、ジャスミンと並んで、三大フローラルノートと呼ばれていて、透明感のあるさわやかな香りですね。

クリスチャン・ディオールがスズランを愛したことは有名で、その香りを再現した「ディオリッシモ」と命名された香水が、ディオールの生涯最後のプロデュースです。

 

スポンサードリンク

■スズランの日とは

スズランの日はフランス独自の風習で、5月1日に愛する人や家族、親しい友人にスズランを贈ります。

そして、それをもらった人は幸せになると言われています。

 

スズランはフランス語で「ミュゲ」ですから、「ミュゲの日」とも呼ばれます。

 

残念ながら、日本ではあまり浸透しているとは言えません。

花屋さんたちがこんな好機を見逃すはずはないんですけど、やはり直後にカーネーションの大イベント、母の日が控えているせいですかね。

 

■スズランの日の意味

スズランの花言葉は「幸運の再来」「純潔」「純粋」です。

愛する人、敬愛する友人がいつまでも幸せであるように、という願いをスズランに込めて贈るのがスズランの日なんです。

花嫁のブーケに使われるのも、さもありなんといったところでしょうか。

 

■スズランの日の由来

1561年5月1日、幸福の花とされるスズランをプレゼントされた国王シャルル9世は大感激!

以後、毎年のこの日、宮廷の女性たちに幸せのおすそ分けとして、スズランを贈ることにしたのが始まりと言われています。

 

■スズランの日のイベント

この日だけは販売許可のない人でも花売りになれるそうで、5月1日のフランスはスズランの花売りでにぎわい、スズラン一色の街になってしまいます。

しかし、5月1日にちょうど開花するように栽培する生産者も大変ですよね。

 

日本でも5月中旬から6月にかけて、各地ですずらん祭りが開催されていますが、本家フランスのスズランの日とは趣旨が違うようです。

 

スポンサードリンク

■スズランの日の雑学

▽ニホンスズランとドイツスズラン

北海道を代表する花として知られるスズランは野生で、観賞用に栽培されるものは欧州原産のドイツスズランです。

ドイツスズランのほうが少し大きめの花ですね。

スズランはフィンランドの国花でもあるんです。

 

▽スズランの毒

スズランは可憐な花なのに毒があるんです。

行者ニンニクに似ていて、誤って食べて中毒を起こしたり、ペットが活けた水を飲んで死ぬなど、多くの事故も起きています。

食卓に飾るのは厳禁ですよ。

 

▽エイプリルフール

スズランの日の大功労者シャルル9世ですが、実は良からぬ噂もあるんです。

1564年、シャルル9世が暦を変更したんですが、4月1日を「嘘の新年」だと反発して騒ぎ立てた国民の多くを処刑してしまいました。

これがエイプリルフールの始まりだという説がありますが、確証が得られないので、今のところ仮説止まりなんです。

 

▽スズランの伝説

森の守護神セント・レオナードが大蛇と闘い、どうにか打ち倒したものの重傷を負って、草の上に倒れてしまいます。

その時、血だらけのレオナードを包み込むように、一斉に白いスズランが咲き始めて、傷を治し、精神を癒しました。

森の精霊が大蛇退治のお礼をしたんですね。

この伝説から、スズランは「癒し」「幸福」を意味するようになったとのことです。

 

また「聖母の涙」という別名もあって、これはキリストが磔にされた時、聖母マリアの流した涙がスズランの花になったというものです。

 

■まとめ

スズランは幸せを象徴する花です。

「相手の幸せを願う気持ちをスズランに託す」

いつか日本にスズランの日が根付いたとしても、この気持ちだけは忘れないでいてほしいと思います。

5月1日は何の日?誕生日の有名人や星座、花言葉・運勢・性格は

 

他にもおもしろい記念日がたくさんあります!

今日は何の日?毎日が記念日カレンダー

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-5月の話題・行事・イベント, 今日は何の日・記念日

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.