最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

長寿の祝い

還暦のお祝いの仕方やプレゼント、メッセージは何がいい?

更新日:

還暦のお祝いといっても、そうそう経験するものではありません。

なのでどのようにお祝いしたらいいのか知らない方も多いでしょう。

 

還暦と言えば人生で一度しかないので、大変貴重でもあり、今まで頑張ってきた人を労うお祝いでもあります。

特に還暦のときのちゃんちゃんこなどは有名なのですが、還暦のときにおすすめのお祝いの仕方やプレゼントなども存在します。

そこで、実際に還暦のお祝いの際にはどのような物がいいのか・お祝いの仕方も合わせてご紹介したいと思います。

 

還暦とは

還暦の読み方とは?

還暦の読み方はご存ですか?

還暦とかいて「かんれき」と読みます。

長寿の中の一つでもあり、長寿の中でも多くの人がご存知のお祝いの日でもあります。

 

還暦の年齢はいくつ?

先ほど還暦は長寿の中の一つということをご紹介しましたが、長寿の中でもそれぞれお祝いする年齢が存在します。

基本的には生まれた年を1歳として数え年で考えるのですが、数え年のときの還暦の年齢は「61歳」となります。

しかし、多くの方が60歳を迎えたときにお祝いすることが多いです。

 

還暦の由来や意味は何?

次は還暦の由来や意味についてご紹介したいと思います。

還暦にはやはり意味や由来が存在します。

還暦は干支が人生で初めて一巡して回ってくる年にもなります。

 

というのも、多くの方がご存知のように十二支は12年に1度巡ってきますよね。

実際には十二支は十干が存在し、十二支は十干十二支のうちの一つであるのです。

十干は「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の10が存在するのですが十二支同様に一日おきに変わっていきます。

そのため、自分が生まれた日の十干十二支は60年に一度しか巡ってこないと言われています。

その十干十二支が巡ってくる日が還暦の日と言われています。

 

さらに、名前からもわかるように、還暦は「暦が還る日」ということがわかると思います。

元々は中国のお祝いでもあり、中国では年祝として還暦がお祝いされていました。

日本には奈良時代の頃にこの還暦をお祝いする文化がやってきたのですが、今もなおこの文化は続いています。

昔では60歳の還暦を迎えるとお仕事が終わり、老後生活を楽しく過ごしてくださいということでお祝いをするのですが、最近では60歳の還暦を過ぎても働いている人が多いので、一種の人生の区切りとして捉える人が多いです。

 

還暦の花は何がいい?

還暦にはプレゼントを贈る人が多いのですが、還暦に花を贈る人は非常に多いです。

中々普段花をもらうことがない人も多いと思いますが、そのことからも特別感を演出することができるだけでなく、花言葉などもあり縁起が良いためとされています。

還暦に人気がある花は次の3つが特に人気です。

○バラ

○胡蝶蘭

○アルストロメリア

上記の3つの花が特に人気です。

 

バラはどの場面でも花束として渡しやすく、色も華やかでおしゃれなのですが、60歳の還暦に合わして60本のバラを贈る人も多いです。

 

胡蝶蘭は縁起が良いということで購入する方も多く、新店開店などときなどにも贈られることが多いですよね。

胡蝶蘭では幸運が訪れるという花言葉もあり、今後の生活にも幸福が訪れるようにという意味で渡す方が多いです。

 

アルストロメリアもピンクが美しい花ですが、幸いという花言葉がある花です。鮮やかな花が印象的で、特に女性人気が高い花でもあります。更に気配りという花言葉もあるので、相手を思いやる気持ちとして贈る人もいます。

【長寿のお祝いの花束:楽天】

 

還暦の色は何色?

次は還暦をお祝いするときの色についてご紹介したいと思います。

この還暦の色は由来のところとも少し関係があるのですが、途中でもご紹介したように還暦は60年に一度で暦が還ることから赤ちゃんに還るという意味があります。

その際に、赤ちゃんは生まれると赤いが魔除け効果があると伝えられていたため赤ちゃんに赤色の産着を着せていました。

そのことから還暦のお祝いの際にも赤色のものがベースとしてイメージされているのです。

 

還暦にはなぜちゃんちゃんこ?

ちゃんちゃんこは実際にどのようなものかご存知ですか?

私自身も子供の頃よくちゃんちゃんこを着て家の中で過ごしていたのですが、ちゃんちゃんこは袖なしの羽織のことを指します。

最近ではおしゃれなちゃんちゃんこも多いのですが、さきほどご紹介したように還暦では赤ちゃんに還るという意味からちゃんちゃんこを贈る・または着るという風習が残っています。

そのため、先程の色のところでもご紹介しましたが、還暦の際には赤いちゃんちゃんこを身に纏い、お祝いする人が多いです。

 

還暦のお祝いの仕方はどのようなものがいい?

還暦では赤いちゃんちゃんこでお祝いするとご紹介しましたが、大勢で集まる場合はやはりちゃんちゃんこを身にまとってお祝いする方が多いです。

しかし、そこまで大掛かりでお祝いしないときは誕生日のような形でプレゼントを贈って簡略式でお祝いするところが多いです。

どちらかというと、昔の風習よりも最近は60歳過ぎてもバリバリで働き現役という方も多いので、人生の区切りのイメージのほうが強く、プレゼントを贈ってご飯を食べてちょっとしたお祝いをする方が多いです。

 

還暦のメッセージ・お祝いの言葉は?

次は還暦の際のメッセージ・お祝いの言葉についてご紹介したいと思います。

こちらも時代によって少しずつ変わっているのですが、昔は今までお疲れ様という言葉のほうが多かったです。

しかし、やはりまだまだ現役で働いているという方が多いので、「いつもありがとう」という言葉を増やすと今の還暦のお祝いのイメージに近づきやすいです。

 

還暦のお祝い金額の相場は?

次は還暦のお祝い金額の相場についてご紹介したいと思います。

相場については相手との関係がやはり大きいのですが、自分との繋がりがある父母の場合だと1万円から3万円が相場と言われています。

その他親戚の場合や上司などの場合は1万円程度が好ましいです。

もちろん自分にとって特別な人物だと相場以上のプレゼントを贈っても大丈夫なのですが、5千円をきると多少マナーに反しているようなイメージを与えかねないので注意しましょう。

 

還暦のお祝いのプレゼントは何がいい?

還暦のお祝いではプレゼントを一緒に渡すことが多いと思います。

還暦のお祝いのプレゼントとして人気があるのはさきほどご紹介した花束やその人物の趣味のもの、最近では名入のプレゼントや還暦お祝いと入れた特別なプレゼントなどを贈ると喜んでいただきやすいです。

→ 長寿のお祝いに似顔絵プレゼント

 

還暦のお祝いのプレゼントを父には何がいい?

自分の父親が還暦を迎える際にはやはり趣味のものを上げるのが一番ですが、お父さん人気が高いのはやはりお酒関連なども人気です。

ゴルフをするお父さんであればゴルフグッズなども人気が高いのですが、できれば普段から使うものをプレゼントしてそのプレゼントに名入などのサービスを行ってもらうのがおすすめです。

 

還暦のお祝いのプレゼントを母には何がいい?

次にご紹介するのは自分のお母さんが還暦を迎える場合です。

女性の場合は花束でもかなり喜んでもらいやすいのですが、先ほどお父さんのところでも触れた名入のプレゼントが喜んでいただきやすいです。

さらに、女性では特に今体験型エステなどの体験サービスのプレゼントなども喜ばれ、自分で体験したいものを選んで行くというようなプレゼントも人気が高いです。

 

還暦のお祝いの食事はどんなのがいい?

還暦祝いの食事は地域によっても風習などが残っているようですが、赤飯やちらし寿司、鯛料理などが特に人気です。

ゲンを担ぐような料理が特に人気で、自宅で作る場合は是非用意していただけたらと思います。

さらに、外食でもレストランや旅館などで一緒に食事を取るというのも人気が高いのですが、できればやはり時間を作って忙しくても一緒にご飯を食べるということが好ましいです。

 

還暦のお祝い体験談

●ペンネーム: ハマゾウ

義父が還暦を迎えたので家族で長野への一泊二日の旅行をプレゼントしました。

長野は義父と義母が出会った場所ということで選定しました。

義理の妹家族も参加し、夕食は旅館の一室で家族全員で食べました。

義父はお酒が大好きなので、美味しい日本酒を用意しておいたところ、普段それ程話さない人なのですが、酔いが回ったのか、結婚当初の思い出話を語り出しました。

初めて聞く話ばかりで義父自身もとても楽しそうにお話されていました。

あまりじっくりと義父が話をする機会もなかったので、そういう機会を設けられたのも旅行とともに良いプレゼントになったようです。

●ペンネーム: マイママ

夫婦ともに還暦になるのを待って、自分たちで「祝!還暦・赤い船」として、屋形船を借りきりました。

ドレスコードは着物。必ずどこかに「赤」を使うこととしました。赤い半襟の方、赤い着物の方、長襦袢が赤の方、小物に赤い色を使った方、それぞれに工夫して集いました。

何か記念の品を買おうと思っていたのですが、記念の品は買わずに、落語家をよんで、船に一緒にのってもらいました。

女性の落語家の方なので、赤い着物で来てくださり、この集いをとても盛り上げてくれました。

「物より思い出!」ということで、とても楽しい集いになりました。

あれから10年近くたちますが、いまだに「あの時は~」と、語り草になっており、とても良い思い出になっています。

●ペンネーム: あいり

実用的なものでなおかつ確実に使ってもらえることを考え、我が家では父の還暦のお祝いにウォシュレットを贈りました。

カバーをしていても冷たいトイレの椅子に座ることはストレスになっていたようで、おしゃれなプレゼントではありませんがとても喜んでもらえました。

男の人は年を取ると特に排便に時間がかかったり、長時間トイレにこもることで痔になる方も多いようで、ウォシュレットを使うことで時間も短くなり、排便もスムーズになったとのことです。

周りの方は名入りのお酒のボトルや旅行をプレゼントした方も多かったですが、病気をして以来、お酒がほとんど飲めなくなったこと、食べられる物にも制限があること、家をなかなか空けられないこともふまえてウォシュレットにしました。

父以外の家族も使えますし、長く使ってもらえるものなので大正解でした!!

●ペンネーム: まなみ

叔母の還暦祝いに赤いブランケットとテレビを見る為の一人用のリクライニングソファーをプレゼントしました。

ソファーは背もたれが自分にとって楽な姿勢に合わせる事が出来るもので、ブランケットは足が冷える時などの利用してもらおうと思いました。

テレビを見るのが大好きな叔母だったのでとても喜んでくれました。

それから二年経ちましたが、おしりの部分のクッションが凹んでしまいましたが、座布団を敷いていまだに大事に使ってくれています。

プレゼントして良かったと思います。

●ペンネーム: ほそ

今年3月、父親の還暦祝いを行いました。

といっても赤いちゃんちゃんこを着るのは絶対に嫌だ、特に欲しい物もないとのこと。

悩んだ挙句、普段はなかなか食べれないようなちょっといい食事を家族で食べに行くことにしました。

父(と母)の希望を聞くと、高級な中華料理を食べたいとのことだったので名古屋市栄にあるホテルオークラレストランに行きました。

そこで一人2万円のコース料理をオーダーし、食事を楽しみました。

庶民である私たちはこの金額の中華料理を食べるのは初めてでしたが、とても美味しくいただくことができました。

家族5人で食べたのでなかなかなお支払いになりましたが、親孝行出来てよかったと思います。

●ペンネーム: よし

還暦のお祝いは、まずなかなか揃わない家族に声をかけて、家族で集まりました。

そして、還暦のお祝いや百日のお祝いで使われるようなお店を予約して、少し豪華な料理を食べました。

家族全員が久しぶりに揃ったことだけで喜んでもらえましたが、美味しい料理もとても喜んでもらえました。

また、今までずっと仕事を頑張ってきてくれていたので、まだ仕事は辞めませんが、節目のお祝いということで、エステ券をプレゼントしました。

なかなか自分ではエステに行く機会もないと思ったので、とても喜んでもらえました。

●ペンネーム: そらまま

父が還暦を迎えた時に家族みんなで少しお高い焼肉屋さんを予約して行きました。

コースになっていて、お店もなかなか予約できないとこなので、2か月前から予約していました。

子供達に「じぃじ、おめでとう!」と言わせて乾杯しました。

そして、花束と大好きな日本酒をプレゼントしました。父は口下手であまり喋らないのですが、この時はすごく嬉しそうでした。

やはり、孫たちに囲まれておめでとう!と言われた事が1番嬉しかったんだと思います。

●ペンネーム: ぽちかさ

父の還暦の時ですが、パソコンを姉と共同でプレゼントしました。

本人パソコンにはそんなに興味がなかったようなんですが、趣味に囲碁をすることがあり、ネットで囲碁をいろんな人とできることを、とても喜んでくれました。

また、私がそのすぐ後に上京したので、メールでやりとりしたりするのも嬉しかったみたいです。

誕生日の当日は、家族で料亭を予約してお食事をしました。お酒の大好きな父ですが、糖尿病だったため、いつもは制限されていたお酒も、この日ばかりは存分に楽しんでいました。

終始ニコニコしてくれていた父の顔が忘れられません。

●ペンネーム: mia

義理の父の還暦のお祝いを今年の年始に行いました。

遠方に住んでいる姉家族が帰省するタイミングに合わせて家族全員で祝いました。

赤いちゃんちゃんこと帽子を用意し、いつもより豪華目の食事会を自宅で行いました。

特にプレゼントは渡しませんでしたが、家族全員が集まったこと、そして食卓をみんなで囲めたことが何よりのお祝いになったようです。

またお酒が大好きな父なので少しお高めのお酒を用意しましたところそれが一番喜んでいたようです。

●ペンネーム: ちょ人

還暦ということで赤い身につける物は、本人に選んでもらいました。

渡す側が選ぶより、本人が使う物、使いたい物を選んでもらった方が良いと思ったからです。

実際、とても喜んでもらえました。

合わせて、イタリアンレストランで好きな物をたくさん食べてもらい、お祝いしました。

写真を撮ったりは本人が希望しないので、プレゼントと食事の二つでお祝いしました。

満足してもらえたようです。

使用予定がある品があり、追加で他にもプレゼントを買いました。(赤い物関係なく)

● ペンネーム:あちち

母の大還暦のお祝いに、子供達みんなで旅行のプレゼントをしました。

東武ワールドスクウェアのテーマパークで遊び、近くの温泉でゆっくり過ごしました。

美味しい夕食を食べて温泉でのんびりとし、家族わいわいと賑やかに過ごしとても喜んでいました。

東武ワールドスクウェアは世界の建築物のミニチュアが見られるので、世界旅行へ行った気分になりとても喜んでいる様子でした。

写真もたくさん撮って良い思い出の大還暦のお祝いになったと思います。

 

「まとめ」還暦をしっかりお祝いしよう

今回は還暦についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

還暦と言うと多くの方がご存知ですが、実際にどうしたらいいのか迷う方も多いです。

そのため、ぜひ皆さんの周りの方で還暦を迎える方がいましたらご参考いただけたらと思います。

 

長寿の祝い一覧。還暦・古稀・喜寿・傘寿・米寿・卒寿・白寿・百寿・茶寿・皇寿・大還暦

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-長寿の祝い

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.