最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

長寿の祝い

皇寿のお祝いの仕方やプレゼント、メッセージは何がいい?

更新日:

皆さんは長寿のお祝いはどのくらいまでご存知ですか?

長寿のお祝いと一言で言っても実は長寿のお祝いはいろいろな種類が存在します。

その中でも特に有名なのが還暦ですが、還暦以外にも古稀や米寿・白寿などがあります。

長寿の中でも茶寿や皇寿・大還暦などはかなり珍しいとされているのですが、長寿のお祝いはそれぞれ意味や由来もあります。

長寿でも皇寿のお祝いをする人も出てき始めているので、皇寿とはどのような意味や由来なのか、皇寿のお祝いの仕方についてご紹介したいと思います。

 

皇寿とは

皇寿の読み方は?

まず最初は皇寿の読み方についてご紹介したいと思います。

多くの方が漢字から読み方をなんとなく予想できるかと思いますが、皇寿と書いて「こうじゅ」と読みます。

皇寿は気品のある雰囲気の名前ですが、気品がある名前のように実際にお祝いをすることができる場合はかなり珍しくすごい状態であると言えます。

昔では平均寿命も短く、多くの方が50歳や60歳で寿命を迎えていましたが、今ではそうではないですよね。

医療技術の進歩や健康食品なども登場によって今では平均寿命も83歳となっています。

このような平均寿命が伸びたことから長生きする方も多く登場し、昔では考えられなかった皇寿のお祝いをする人も出ています。

そのため、皇寿をお祝いできることはやはりかなりすごいと言えます。

 

皇寿の年齢は?

長寿のお祝いでは種類もたくさんあるため、知識が混合してしまうことが多いのですが、長寿の年齢は意味や由来と合わせると比較的覚えやすいです。

その中でも中々お祝いすることが少なく、珍しいとされている皇寿の年齢は「111歳」のお祝いとなっています。

111歳はかなりすごいですよね。

今ではこのような長寿はテレビでも取り上げられることも多いのですが、皇寿の111歳のお祝いをできる人は少ないです。

 

皇寿の由来や意味は?

次は皇寿の由来や意味についてご紹介したいと思います。

先程もご紹介したように、長寿の年齢は混ざってしまい、勘違いしてしまいがちなのですが、由来や意味を把握すると覚えやすいです。

皇寿の由来や意味は年齢の「111歳」と長寿のお祝いの一つ白寿が大きく関係しています。

というのも、長寿のお祝いの一つ白寿は99歳をお祝いする長寿です。

なぜ白寿が関係あるのかと言うと、皇寿の「皇」の漢字の中には「白」という漢字が含まれていますよね。

さらに、白だけでなく「皇」の下の感じ「王」を分解すると「一」と「十」と「一」に分けることができると思います。

この白寿の99歳と1歳と10歳と1歳を全部足すと「111歳」になります。

このような意味から皇寿と呼ばれるようになったとされています。

 

皇寿の花は何がいい?

皇寿のおすすめの花について次はご紹介します。

皇寿を始めとした、長寿のお祝いではそれぞれおすすめの花が存在します。

というのも、長寿のお祝いでは花束をプレゼントする人が多いのですが、花によっても縁起がいいものと悪いものがあります。

縁起が良くて皇寿のお祝い時にもおすすめとされているのが、次のような花です。

○バラ

花言葉:尊敬

○胡蝶蘭

花言葉:幸せが寄ってくる

○カーネーション

花言葉:感謝の心

上記のような花が特におすすめです。

 

ただし、注意していただきたいのがよく花束を作る際には相手の好きな色から選ぶことが多い人もいます。

しかし、花束は複数の色から組み合わせることが多いのですが、黒や白・紺といった葬儀を思わせるようなあまり縁起が良くない色も存在します。

白だけなどと言った組み合わせはいいのですが、このような葬儀を思わせるような縁起があまり良くない色の組み合わせはできるだけ避けるようにしましょう。

 

皇寿の色は何色?

次は皇寿の色についてご紹介したいと思います。

長寿のお祝いでは実はそれぞれイメージカラーが存在します。

特に有名なのが長寿のお祝いの中でも還暦の「赤色」です。

他にも古稀や喜寿は紫色・傘寿や米寿は金茶色というような色があるのですが、皇寿の場合はイメージカラーがありません。

ただし、やはり皇寿のお祝いは珍しいので名前の高貴なイメージから金色などを中心にしたデザインなどを採用すると特別になりやすいです。

 

皇寿にちゃんちゃんこは着るの?

次は皇寿の際にちゃんちゃんこを羽織るのかについてです。

還暦だと赤いちゃんちゃんこを身に纏うのですが、赤いちゃんちゃんこを身に纏う意味は魔除けの意味と還暦が暦が還るという意味で第二の人生を歩むため、生まれたばかりの赤ちゃんが羽織る赤い産着をイメージして着ます。

皇寿では第二の人生ではないのですが、おめでたいという意味合いからもちゃんちゃんこを羽織る方が多いです。

さらに、最近では先程触れたように長寿にはイメージカラーがそれぞれあるため、長寿ごとのちゃんちゃんこの色も存在します。

そのため、赤色を始めとした黄色や桃色などのちゃんちゃんこなどもあるので、ちゃんちゃんこを着てゲン担ぎをしていただきたい場合はぜひチェックしていただけたらと思います。

 

皇寿のお祝いの仕方はどうすればいい?

次は皇寿のお祝いの仕方についてご紹介したいと思います。

皇寿のお祝いの仕方についてはできるだけ控えめにしたほうが好ましいです。

とても珍しいお祝いでもあるので、大勢でお祝いをしたい方もいるかと思いますが、やはり皇寿のお祝いということもあってお祝いする相手は「111歳」のご高齢です。

そのため、大人数でお祝いをしても相手に負担をかけてしまう可能性が十分あります。

ですので、いろいろな人でお祝いをしたいと考える場合はまずは自分たちの身内・家族だけでお祝いをしてその後にお祝いをしたい人が別々に訪れるような形が好ましいです。

皇寿を迎える方の調子が悪いときは日にちを変えるようなことも考えるようにしましょう。

 

皇寿のメッセージ・お祝いの言葉は何がいい?

皇寿を迎えるということはやはり健康的な体でないと不可能です。

そのため、これからも元気でいてほしいというような気持ちや日頃の感謝の気持ちを言葉にして伝えてあげるのが好ましいです。

111歳となると耳が遠い場合や視力が低下して見えない場合などもありますが、そのような場合は目が見えにくい場合は耳元で伝える・耳が遠い場合はカードなどに感謝の言葉を書いて渡すというようなことがおすすめです。

 

皇寿のお祝い金額の相場は?

次は皇寿のお祝いをする際の相場についてご紹介したいと思います。

この相場については相手との付き合い・関係でも大きく上下するのですが、基本的には家族・身内の場合は相場が1万円から2万円と言われています。

家族や身内以外の方が皇寿を迎える場合はだいたい1万円が相場です。

もちろん日頃から良くしてもらっている場合は1万円以上でもいいので、相手との関係もしっかりと考えるようにしましょう。

 

皇寿のお祝いのプレゼントは何がいい?

次は皇寿のお祝いの際におすすめのプレゼントについてご紹介したいと思います。

皇寿の方に贈ると言ってもかなり種類が限られてきますよね。

どのような環境で過ごされているのかにもよりますが、多くの方が喜びやすいのが普段から使っている日用品・コップやお皿に名前入りのものをプレゼントするです。

やはり特別で世界で一つしかない贈り物になるので、どのような方でも喜んでいただきやすいです。

→ 長寿のお祝いに似顔絵プレゼント

 

皇寿のお祝いのプレゼントを父には何がいい?

次は自分の父親が皇寿を迎える場合です。

自分の父親が皇寿を迎える場合の一番のプレゼントはやはり一緒に過ごすということが一番のプレゼントと言えます。

さらに、モノという形で贈りたい場合は、最近は似顔絵入りの時計や家族の写真などが見ることができるフォトフレームなどの人気です。

 

皇寿のお祝いのプレゼントを母には何がいい?

次は母親が皇寿を迎える場合についてです。

こちらも父親のとき同様に一緒に過ごすのが一番のプレゼントです。

女性の場合はやはり花束をプレゼントするだけでもかなり喜んでいただきやすいのですが、感謝のポエムや普段使う日用品などをプレゼントするのがおすすめです。

 

皇寿のお祝いの食事はどんなのがいい?

皇寿のお祝いをする際の食事はできるだけ消化しやすい物を選びましょう。

やはり高齢ということもあって消化器官はだいぶ弱まっている可能性があります。

これからも元気でいてもらうためにもそのような点を意識しながらメニューを選ぶようにしましょう。

 

「まとめ」珍しい皇寿のお祝いは特別に!

今回は皇寿のお祝いについてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

皇寿はとても珍しいです。

昔ではほとんど考えられなかったことですが、今では十分可能性はあります。

そのため、ぜひ皇寿を迎える方がいらっしゃいましたら相手に負担がかからないようにお祝いをするようにしましょう。

 

長寿の祝い一覧。還暦・古稀・喜寿・傘寿・米寿・卒寿・白寿・百寿・茶寿・皇寿・大還暦

 

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-長寿の祝い

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.