最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

1月の話題・行事・イベント 今日は何の日・記念日

求婚の日とはいつ?意味や由来、イベント。サプライズのプロポーズ!

更新日:

「1月27日  求婚の日」

■はじめに

いまどき「求婚」なんて言葉は使いませんが、なんだか乾坤一擲、そんな切羽詰まった感じもあって、はるか昔の想い出になっている人は、その日を振り返ったときどんな思いが胸をよぎるんでしょうね。

これからの人は、向こう何十年の人生にも影響しますから、しっかりとしたプランを用意しましょう。

 

スポンサードリンク

■求婚の日とは

1883(明治16)年1月27日、中尾勝三郎なる人物が、

「先頃女房を離縁して不自由勝ゆえ、貧富を論ぜず、十七歳以上二十五歳にて嫁にならうと思ふ物は照会あれ」

という広告を伊勢新聞、三重日報に出しました。

これが本邦初の求婚広告で、いつからか、これを記念して「求婚の日」となったようですが、では誰がその旗振り役になったのか、その経緯はどんなものかは一切不明です。

 

■求婚の日の意味と由来

ふつうは親戚や知人が嫁さんを世話しそうなもので、時代を考えれば、新聞広告とはかなり大胆な作戦に打って出たものだと思います。

だから本邦初なんですけど、しかし、今だったらツッコミどころ満載、炎上間違いなしの文面にも思えます。

離縁されたならともかく、「離縁して不自由」はなんだか勝手なヤツだと思いますし、17~25歳って「中尾さん、あんた何歳?」と言いたくなるところですが、「貧富を論ぜず」はなかなか感心ですね。

結果として、19歳の女性が応募、めでたしめでたしとなりました。

 

■求婚の日のイベント

求婚の日は「制定管理人」不在のため、公式イベントはありませんが、ブライダル関連企業がそれらしい企画でこの日を活用しています。

たとえば、シネコンの1スクリーンを貸し切りにしてサプライズのプロポーズを演出、函館の夜景とグルメでプロポーズ、ふたりだけの貸し切りゲレンデのプライベートナイター、それに海の向こう、落ち葉のNYセントラルパークでプロポーズ…などなど。

SPONSORED LINK

プロポーズからずいぶんとお金がかかりそうですね。

 

スポンサードリンク

■求婚の日の雑学

▽「不自由勝ゆえ」

明治の広告文ですが、だいたい意味はわかりますね。

しかし「不自由勝ゆえ」の部分で、なんで「勝」があるんだ? 誤植か? なんて思いませんでしたか。

「勝」とは、相手を負かすとか、優れているという意味で、小学生で習う漢字ですが、「たえる、こらえる」という意味もあったんです。

ですから、「不自由に耐えている」という解釈になりますね。

 

▽勝三郎ではなく、藤三郎?

そもそも、この中尾勝三郎とはどういう人なんだろうって調べてみても、この求婚広告以外に歴史上には登場しません。

唯一、三重県立図書館に伊勢新聞のマイクロフィルムが残っていて、それによれば名前は「中尾藤三郎」で1文字違います。

どうやら、冒頭の旧仮名遣い文も、かつて誰かが翻訳したようで、その過程で「藤」が「勝」に化けたようです。

広告原文はこうです。

縁談広告  

「拙者義某妻離別し虎独身者にて家事不行届甚だ困却致し間今般更○妻娶り度有志の諸君○貧富を不論〇照会ありたし。但し年齢十七年以上廿五年以下の者に限る」(○は不明)

 

▽プロポーズの日もある

6月の第1日曜日は「プロポーズの日」で、全日本ブライダル協会がジューンブライドにちなんで、プロポーズに踏み切れないカップルの背中を押そうと、1994年に制定しました。

ブライダル協会の会長はブライダルファッションデザイナーの桂由美さんなので、毎年、いろいろな企画でにぎわいそうですね。

 

■まとめ

結婚式は多くの人に囲まれ祝福される大きな想い出ですが、プロポーズはたいていふたりきり、しかもyesかnoか、微妙なところで勝負に出なければならないシチュエーションもあったりします。

いい思い出の日になることを願っていますよ。

1月27日は何の日?誕生日の有名人や星座、花言葉・運勢・性格は

 

他にもおもしろい記念日がたくさんあります!

今日は何の日?毎日が記念日カレンダー

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-1月の話題・行事・イベント, 今日は何の日・記念日

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.