最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

今日は何の日・記念日

3分間電話の日とはいつ?意味や由来、「もしもし」って何のこと

投稿日:

「1月30日  3分間電話の日」

■はじめに

今や「3分間電話」という言葉は完全に死語で、若い人で知っている人はいませんね。

それどころか「携帯電話」でさえ近いうちに「スマホ」に取って代わられそうです。

ところで、なぜ3分間なんでしょうか。

はじめの1分で用件、次の1分は相手の話、最後の1分は話の結論だそうですが、本当でしょうかね。

 

スポンサードリンク

■3分間電話の日とは

1970(昭和45)年1月30日、日本電電公社(現NTT)の公衆電話の市内通話料金が、3分間10円と決められました。

それ以前は1通話10円で時間無制限だったため、長電話の利用者が多く、これを制限する措置が求められていました。

現在は10円で60秒、NTTの固定電話間の料金は3分間9円弱になっています。

 

■3分間電話の日の意味と由来

3分間電話以前の話になりますが、1900年9月、新橋と上野駅構内日本に初めて公衆電話が設置され、翌10月には初の電話ボックスが京橋に登場しました。

当時は公衆電話ではなく「自働電話」と呼ばれていて、まず交換を呼び出し、相手の電話番号を告げ、交換の指示に従って15銭を入れてやっと相手につながるという手順でした。

 

1925(大正14)年10月、ダイヤル式電話の出現と同時に「公衆電話」の呼称が使われるようになりました。

やがて二次大戦後、公衆電話がタバコ屋、薬局、書店などの店頭に置かれ、目立つようにと赤い色となって、これが赤電話の始まりです。

しかし、この段階ではまだ電話の色が赤くなっただけで、硬貨投入口はなくて、その都度、店員に頼まなくてはならず、料金も後納式でトラブルも多発しました。

 

公衆電話が爆発的に普及したのは、10円硬貨の流通と、1955(昭和30)年に前納式の「5号自動公衆電話機」が登場したことによります。

そして市内であれば10円で延々と長話ができるために、これを防止しようと3分間打ち切りになったのでした。

 

■3分間電話の日のイベント

そもそもイベントと言えば、派手で楽しく前向きな催し物という印象がありますね。

しかし、3分で打ち切りになってしまうわけですから、電話を使う側にとってはうれしい話ではなく、おめでたい行事のやりようがありません。

それにイベントっていう時代ではありませんね。

そういうことなので、いくら調べてもイベントらしきものはみつかりませんでした、ゴメンナサイ。

今は携帯大手3社が競うようにしていろんなイベントの花盛りですが、これは3分間電話とは何の関係もないですよね。

 

スポンサードリンク

■3分間電話の日の雑学

▽「もしもし…」

電話をかけるとき、自然と「もしもし…」と口にしてしまいますが、これは一体どういう日本語なのでしょうか。

当初、電話交換手が「申し上げます、申し上げます」と言って中継ぎをしていましたが、これがやがて「申す、申す」に変わり、さらに短く「もしもし」となって、ずいぶんと省略されました。

「もしもし」は省略した言葉なので、ビジネスで使用するのは失礼に当たるとビジネスマナーの本にありました。

う~ん、長い間、気にもしないで自然に使っていたので、社会人になって急にダメと言われても…気をつけましょう。

 

▽「#」

電話機のプッシュボタンの「9」の下にある記号ですが、一般に「シャープ」で通用していますが、実はシャープではなくて「スクエア」または「ハッシュ」「いげた」と言うんですね。

2つ並べてみないと違いはわかりませんが、シャープは縦棒が真っ直ぐで横棒が斜め、スクエアは逆に縦棒が斜めで横棒が真っ直ぐなんです。

もっとも、どう呼ぼうと機能に支障はありませんし、縦横とも真っ直ぐという文字デザインの機種もあります。

それにシャープだったら、「7」の下のコメ印は「フラット」でないとヘンかも…って、そのコメ印のしてもちょっと違いますよね。これは「アスタリスク」か「スター」と呼ぶそうです。

 

▽公衆電話を知らない小学生

スマホの普及で公衆電話を使った経験のない小学生が85%もいることが、2017年12月のNTT東日本の調査で明らかになりました。

当然、テレホンカードも知らないですよね。また、スマホは検索や電話帳、リダイヤルで電話がかけられるので、家や親の携帯番号も覚えていないようです。

ふだんはそれでもかまいませんが、事故や災害時に携帯が使えない場合もあるため、NTT東日本は小学校で公衆電話の使い方や災害伝言ダイヤル「171」を覚えてもらう活動を展開しています。

 

■まとめ

公衆電話数は1993(平成5)年の93万4903台がピークで、2016年には16万1375台に減少しています。しかし、東日本大震災をはじめ自然災害が続く中で、緊急時の連絡手段確保のため、公衆電話が見直されて、再び設置が急ピッチで進められています。

 

他にもおもしろい記念日がたくさんあります!

今日は何の日?毎日が記念日カレンダー

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-今日は何の日・記念日

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.