最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

5月の話題・行事・イベント 今日は何の日・記念日

メイストームデーとはいつ?意味や由来、別れを切り出す日!?

更新日:

■はじめに

5月といえばゴールデンウィークがあって家族、恋人、友人などと旅行を計画するという方が多いのではないでしょうか。

そんな5月には「メイストームデー」という記念日があります。

直訳すると「5月の嵐の日」という記念日ですが、いったんどんな記念日なのでしょうか。

 

スポンサードリンク

■メイストームデーとは

メイストームデーは毎年5月13日にあります。

どこの団体がいつ制定したのかは調べてみましたがわかりませんでした。

「メイストーム」という言葉自体が和製英語であるため、日本国内の団体が制定したものと思われます。

 

■意味

直訳すると「5月の嵐の日」となるメイストームデーですが、天気が荒れやすいからこういう名前になったわけではないのです。

実は、別れを切り出すのに最適な日、別れ話を切り出していい日などとされ、いわゆる「離活」の日という意味だそうです。

何故、「別れ」というキーワードが出てきたのかというと、古くから伝わる八十八夜にまつわる「八十八夜の別れ霜」という慣習から来ているそうです。

八十八夜とは、立春から88日目のことであり、八十八夜の頃に降りる霜はこの季節最後の霜であることから八十八夜の別れ霜というようになりました。

霜が降らなくなることから、畑などに種子をまいても大丈夫な目安とされてきました。

 

■由来

なぜ、5月13日がメイストームデーとなったのかというと、意味の欄で説明させていただいた「八十八夜の別れ霜」と、「バレンタインデー」が関連しています。

メイストームデーである5月13日はバレンタインデーである2月14日から88日後に当たるのです。

八十八夜の別れ霜ということで、別れ話を切り出すのに最適な日ということになったそうです。

 

他にもバレンタインデーに関連する記念日は多くあります。

まずは3月14日のホワイトデー。

バレンタインデーの返礼をする日としてメジャーな記念日ですね。

 

次に4月14日にはオレンジデーという記念日があります。

SPONSORED LINK

ホワイトデーでお返しした後にオレンジ、もしくはオレンジ色のプレゼントをもって相手を訪問するという日です。

欧米ではオレンジが多産であることから繁栄のシンボルとなっていることから、花嫁がオレンジの花を飾る風習があり、オレンジは結婚と深く関連しているものとされています。

 

そのあとにやってくるのが今回紹介している5月13日のメイストームデーです。

別れ話という障害がやってくるのです。

そこを乗り越えて、6月12日を迎えると、その日は恋人の日という記念日になっています。

恋人の日はブラジルでポピュラーな記念日であり、親しい人と贈り物をしあって縁や愛情を深める日です。

 

■イベント

現在、メイストームデーに関連する定期的なイベントは行われていない様です。

別れ話をするのに最適な日に定期的なイベントがあるのもどうかと思いますが…

 

ここまで想定してメイストームデーを制定したのかはわかりませんが、カップルが最も別れやすい季節は春であるとされています。

実はしっかりと理由付けもあり、新生活として進学、就職、転勤などといった環境の変化などをきっかけに離れてしまうカップルが多いことが関係しています。

2番目に分かれやすいのはカップル向けのイベントが多く、慌てて作った恋人とすぐ分かれてしまうことが多くなりがちな冬だそうです。

 

■まとめ

今回はメイストームデーについて紹介させていただきました。

名前からあまりよくない記念日なのかと感じた方も多いと思いますが、恋人に関連するような記念日だと想像はつかなかったと思います。

自分の心の中で、メイストームデーを超えられたから大丈夫だという自信をひそかに付けられる日と考えれば案外悪い日でもないかもしれませんね。

別れには断捨離などのように前向きな別れというものもあるのでそういうきっかけ作りとなる

5月13日は何の日?誕生日の有名人や星座、花言葉・運勢・性格は

 

他にもおもしろい記念日がたくさんあります!

今日は何の日?毎日が記念日カレンダー

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-5月の話題・行事・イベント, 今日は何の日・記念日

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.