最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

02018年イベント 10月の話題・行事・イベント 11月の話題・行事・イベント お祭り 出雲大社行事・イベント 年中行事

出雲大社神在月・神在祭2018年の日程と内容

更新日:

神在月とは

現代では10月を「神無月(かんなづき・かみなづき)」といいますが、出雲では旧暦の10月を「神在月」といいます。

 それは、出雲大社の大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)の元に全国から神々が集まるとされているからです。

 

全国の他の地域には神さまが不在になるため「神無月」といいますが、

出雲には神々が集まるので「神が在る月」で「神在月(かみありづき)」といいます。

唯一、伊勢神宮の内宮の神さま「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」だけは、神在月の期間中も神宮におられます。

 

神在月では、出雲大社に集まった神様が「神議(かむばかり)」という会議します。

出雲大社の大国主大神は広く縁結びの神様として知られており、「すべてのもの縁を結びつける」といった会議がされます。

 

そこで集まった神様が男女の縁や人の縁、仕事の縁、お金との縁などをどのように結びつけるかについて決定します。

 

神在月(神在祭)とは

旧暦の10月に全国の神様が集まる場所が、伊勢神宮とならぶ日本の神道を代表する出雲大社です。

 出雲大社の神在月は旧暦の10月に実施するため、年毎に日程が変わります。

 神在月の期間は、2018年11月18日(日)夜 から 11月24日(土)です

 

SPONSORED LINK
 

神在月期間の日程

神迎神事(稲佐の浜)・神迎祭(神楽殿) 2018年11月17日(土)19時~

神様をお出迎えする神事です。

古来より、神様たちは稲佐の浜から出雲にみえられるとされ、お出迎えを稲佐の浜で行います。

稲佐の浜から出雲大社の神楽殿までを龍蛇神の先導で一緒にお供するというもので、この神迎神事に参加すると「神迎御幣(かみむかえごへい)」をいただけます。

お供された方が神楽殿で実施される「神迎祭」に優先して案内されるようです。

 「神迎祭」は集まられた神様に歓迎の意味を込めて実施する会で、出雲国造が祝詞を奏上、巫女が舞を奏上して神々のおもてなしします。

 

 神在祭 (御本殿) 2018年11月18日(日)9時 ~

出雲の地で、人には予めそれとは知ることのできない人生諸般の事「神事」を神、議りにかけて決められるといわれています。

 

 龍蛇神講大祭(神楽殿) 2018年11月18日(日)11時~

龍蛇神とは、各々の家庭の開運、繁栄をお導きいただく”縁結びの神””福を授ける神”、特に関西では商売繁盛の神様として信仰されています。

 

 神在祭・縁結大祭 1日目(御本殿) 2018年11月22日(木)10時~

 人々の幸縁を祈願する神事です、縁結大祭には全国から多くの参拝者が訪れます。

幸縁むすび祈祷というものがあり、良縁・福縁をいただくためのご祈祷で、定員制になっています。

事前申込みが必要で、毎年実施日の約1月前からです。

 縁結大祭の幸縁むすび祈祷には、祈祷料:5000円が必要で、申込方法は出雲大社のホームページで公開されます。

 

 神在祭・縁結大祭 2日目(御本殿) 2018年11月24日(土)10時~

 

 神等去出祭(仮拝殿) 2018年11月24日(土)16時~

神様をお送りする送別会で、神様たちが仮拝殿で神在祭と神儀りが無事に終わったことを祝うそうです。

 

 神在祭・夜神楽祈祷(神楽殿) 2018年11月18日~11月23日 19時~

期間中の11月18日~11月23日の間は、19時から夜神楽が実施されます。

神在祭の期間中に限らず10月~11月の出雲大社は年間でもっとも参拝者が訪れますので、混雑に気をつけてください

 

出雲大社神在祭の体験談

●ペンネーム:あんでぃさん

彼女がなかなか出来ないため同じような境遇の友人と二人で縁結びを目的に行きました

勿論目的は縁結大祭で混雑が予想されるために早くから列に並びました

 

そこから午前10時に受付を担当の方から幸縁むすび祈念絵馬呼ばれるものを頂きました

お祭りが行われる間にこれを持って祈ると素晴らしい良縁を結ぶことが出来るそうです

 

時間になると神職の方がこられて神在祭と縁結大祭の祝詞が奏上されました

そこから普段は一般人の立ち入りが禁止されているにわという場所で良縁を願いながらお祭りを見物しました

私と友人を含め殆どの方がスーツ姿でおられ私語も全く無いどころかスマホさえ誰も触らないような感じでした

少し物々しい雰囲気だなとは思いましたが緊張感があり素晴らしい経験が出来たなと思いました

 

お祭りは2時間ほどで終了しそこから先程頂いた絵馬を奉納して帰路に着きました

幸いにもその後良縁に恵まれ行ってよかったと感謝する次第です

●ペンネーム:ラバさん

神在祭の行事の中には一般人が入れないものもありましたが、神迎祭は一般人も自由に参加出来ました。

夜の7時から始まって9時前後に終わったのですが、正直参加した当初は友人に誘われただけだったので興味を持てなかったです。

しかし、お祭りの最中に巫女が神を迎える意味合いがあると聞いて理解したため、以降は巫女の方の行動に注目しながら見ていました。

 

暗闇の中に白装束の集団が沢山いて、ちょっと体験したことのないような光景でした。

近所の神社で行われる定例行事では全く見たことのない光景で、鮮明に印象に残っています。

 

火を扱う機会も多かったのもとても記憶に残っています。

縁結大祭昼間に行われ参加したのですが、女の人の数が凄く多く、これだけの人が集まっていることにびっくりしました。

さすが縁結びの神社だけあるのでしょう。

 

出雲にいくなら楽天トラベルで

出雲へは楽天トラベルを利用してはいかかでしょうか。

 

出雲大社ついてはこちらも

出雲大社が縁結びで有名な理由とは!お守りや参拝方法は

出雲大社のお守りの種類や効果、期間は

出雲大社初詣の混雑予想と参拝者数

出雲大社の御朱印帳。種類やオリジナル限定品

 

この時期は、こちらの記事がよく読まれています。

晩秋?小春日和?秋晴れとは?意味や時期は

秋の七草とは秋の花の代表!覚え方は?

七五三とは?意味や由来は?男の子と女の子の年齢は何歳?

さつまいもの由来、お菓子や焼き芋にあう種類は?

ボジョレーヌーボーの解禁日!どうして解禁日が11月の第三木曜日

文化の日とはいつ?由来や意味は?意外に知らない「明治節」!?

十六夜とはいつ?意味や由来や読み方は?月待ち講とは?

十三夜の月とはいつ?意味や由来は?栗名月・豆名月の別名も

スポンサードリンク

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-02018年イベント, 10月の話題・行事・イベント, 11月の話題・行事・イベント, お祭り, 出雲大社行事・イベント, 年中行事

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.