最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

2月の話題・行事・イベント 今日は何の日・記念日

気くばりの日とはいつ?意味や由来、イベントは。

更新日:

「2月13日  気くばりの日」

■はじめに

気くばりをしたつもりが、相手はとんでもない強欲で、思わずカタマってしまいました。

これで「気配り、欲張り、金縛り」と相成ります。

あんまり面白くなかったですね、スイマセン。

 

スポンサードリンク

気くばりの日とは

名古屋市中区にある一般社団法人「日本あいさつ検定協会」が2月13日を「気くばりの日」に制定しています。

何故この日なのかはさっぱりわかりません。

 

同協会は他にも、5月13日を「2文字スピーチの日」、8月13日を「深読みの日」、11月13日を「あいさつの日」と、大盤振舞で制定しています。

4つとも13日なので、このへんに謎を解くカギがありそうです。

 

一説には、13を「あいさつ」とするそうで、「1」はアルファベットの「I」で「3」が「さつ」…。

ちょいと苦しいですね。

 

気くばりの日の意味と由来

筆者、寡聞にして「あいさつ」にも検定があるとは知りませんでした。

「あいさつ」の検定が必要な世の中になっちゃったということでしょうか。

 

気くばりの日のイベント

先程の検定協会が4つの記念日に、それぞれの記念日テーマに沿った標語や川柳を募集し、「○○大賞」として表彰しています。

他にイベントの気配はなく、世の中はバレンタインデー前日とあって気もそぞろ、「気くばり」よりも「チョコくばり」の用意で忙しいようです。

 

スポンサードリンク

気くばりの日の雑学

▽「気」とは

さて、「気くばり」の「気」ですが、試験で「『気』とは何か、○○字以内で説明せよ」なんて出題されたら、それだけで時間いっぱい使ってしまいそうです。

そもそも「気」は大昔の中国思想から、やがて「邪気」「血気」「脚気」などの中国医学の概念になり、これが日本に伝わると、何事にも白黒つけず穏便にすませる風土が反映したせいか、「気」の意味は限りなく広まって、あれこれと便利に使われるようになりました。

 

「気」(き)を辞書でひも解いてみると、「大辞林」は

SPONSORED LINK

・生まれつき持っている心の傾向、性質、性格(-が小さい)

・物事に積極的に立ち向かう心の動き、意欲(-がはやる)

・物事に引き付けられる心の動き、関心(彼女に―がある)

・物事に影響を受けて変わる感情(-が変わる)

・状況を的確にとらえる注意力、配慮(-が回る)

などですが、まだまだこの他にも列記されています。

 

しかし、どれも用例から遡って意味を解説している、いわば対症療法的解説で、これだっ!という明確な共通項でまとめられていません。

これでは、やはり試験では時間が足りません。

 

「大辞泉」では5項目に分かれていて、その最初に「生命・意識・心などの状態や働き」とありますが、これではまとめすぎなので、やはり大辞林同様の内訳が解説されています。

「大辞林」中に面白い解説があったので引用しておきます。

「宋学で「理」が万有を支配する原理であるのに対して、万物を形成する元素を「気」という。「こころ」という語が精神活動を行う本体的なものを指すのに対して、「気」はその「こころ」の状態・反応など現象的な面をいう傾向が強い。「気は心」という言葉も、表面的な「気」の働きは本体としての「心」の表れであるという考えに基づく」

う~ん、わかったような、わからんような…。

 

▽「気が置けない」の誤用多し

「気が置けない」「気の置けない」とは、「相手に対して遠慮をする必要がなく、気を使わずにすむ間柄」を表す言葉ですが、国語に関する世論調査では、この意味を正しく知っていた人は42%で、48%が逆の理解をしていました。

「置けない」という否定形のためだと思われますが、同じような意味を持つ言葉である「気の張らない」や「気兼ねない」は否定形ですが、間違って使う人はあまりいませんね。

 

■最後に

厳しいだけがリーダーではありません。

「目配り、気配り、心配り」の3つを備える優しさも必要条件だと言われています。

2月13日は何の日?誕生日の有名人や星座、花言葉・運勢・性格は

 

他にもおもしろい記念日がたくさんあります!

今日は何の日?毎日が記念日カレンダー

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-2月の話題・行事・イベント, 今日は何の日・記念日

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.