最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

10月の話題・行事・イベント 今日は何の日・記念日

ミニスカートの日とはいつ?意味や由来、女子テニスウェアがミニスカートなのはなぜ?

更新日:

▪はじめに

現在ミニスカートは、日本でポピュラーなファッションアイテムの1つとなっていますが、昭和40年代まではあり得ないものでした。

そんな日本でミニスカートを大流行させるきっかけとなったツイッギーが来日した日が記念日となっていますのでご紹介しましょう!

 

スポンサードリンク

ミニスカートの日とは

ミニスカートの日は、毎年10月18日にあります。

この記念日は、1967年(昭和42年)10月18日に「ミニスカートの女王」と呼ばれたイギリスの人気モデル・ツィギーが来日したことに因んで制定されました。

ツィギーの来日により、日本では空前のミニスカートブーム(第一次ミニスカートブーム)が起こったのです。

 

▪意味

ミニスカートの日には、1967年(昭和42年)10月18日にミニスカートの女王・ツィギーがイギリスから来日したことで第一次ミニスカートブームが起こったことを記念するという意味があります。

 

▪由来

ミニスカートの日は、1967年(昭和42年)の10月18日に日本のミニスカートブームの火付け役となったツィギーが来日したことに由来して制定された記念日です。

 

▪イベント

ミニスカートの日に関するイベントは、残念ながら見つけることができませんでした。

 

スポンサードリンク

ミニスカートの雑学

<ミニスカートはロンドンのストリート生まれだった⁉>

現在、女性のファッションの1つとして浸透しているミニスカートですが、いつどこで誕生したのでしょうか?

 

ミニスカートが生まれたのは、1960年前後のイギリス・チェルシー地区だとされています。

チェルシー地区は、イギリスの中でもとくにオシャレに敏感な女の子たちが集まる場所でした。

彼女たちは「チェルシーガール」と呼ばれ、当時の最先端のファッションを身に付けていたのですが、そんなチェルシーガールたちの間でミニスカートは自然発生的に生まれたといわれています。

 

それまでのイギリスでは、女性は肌を見せないことが常識であるとされていました。

しかしそれは男性から強制された「女らしさ」であって、女性は自らの価値観で女性らしさを主張していいのだという風潮が1960年代前後にいわれるようになっていきます。

この新しい風潮がファッションにも影響を与え、若い女性を中心に肌を露出した開放的な新しい女性らしさを象徴するミニスカートがファッションに取り入れられたのではないかとされています。

 

そしてチェルシーガールの間で流行していたミニスカートを、1961年にイギリスのデザイナー、マリー・クワントが自身のデザインに取り入れ「ミニスカート」と名付けたことや、1965年にフランスのデザイナー、アンドレ・クレージュがパリコレでミニスカート取り入れたデザインを発表したことなどからミニスカートの評価は上がり、イギリスのスーパーモデルのツイッギーやジーン・シュリンプトンなどによって世界中に発信され、大流行したのです。

SPONSORED LINK

 

ちなみに日本で最初にミニスカートを履いたのは、1966年(昭和41年)から1年間にフランス留学していた女優の野際陽子さんでした。

まだ日本でミニスカートが流行する前の1967年(昭和42年)に帰国した際、ミニスカートを履いていて、日本のお茶の間に大変な衝撃を与えたといわれています。

 

<女子テニスウェアがミニスカートなのはなぜ?>

テレビでテニスの世界的な大会などを見ている時、昔から女子テニスウェアはオシャレでかっこいいなあと思っていました。

ウィリアムズ姉妹やシャラポワ選手、最近では大坂なおみ選手のウェアも素敵でした!

でも下着が見えるほどのミニスカートじゃなくてもよくない?と思いませんか?

じつはテニスウェアは最初からミニスカートではなかったのです!

 

もともとテニスというスポーツは、18世紀から19世紀のフランス貴族の間で流行した遊びでした。

当時はもちろんミニスカートなんてものは無く、貴族らしくコルセットで腰を絞ったうえにロングドレスというマリーアントワネットが着ていたようなロココファッションでプレイしていました。

靴ももちろんハイヒールでしたから、当然現在のような激しく動くことはできませんでした。

 

そんなテニスウェアに大きな変化をもたらしたのは、イギリスで行われるようになったウィンブルドン選手権です。

ウィンブルドン選手権は1877年から始まり、1884年に女子テニスが追加されました。

その時大会に参加したワトソン姉妹がくるぶしまでの丈のスカートを履いてプレイしたのです。

当時はまだ足を全て隠すロングドレスが主流でしたから、ワトソン姉妹のスカート丈はとても衝撃的だったといわれています。

 

1919年の大会では、スザンヌ・ランラン選手がひざ下丈のスカートにコルセットも外し、頭にはバンダナを付けるといったより動きやすい服装で大活躍します。

そして1949年のウィンブルドン選手権で、ガートルード・モラン選手がひざ上丈のミニスカートを履いてプレイし、世界中の人たちを驚かせました。

モランのミニスカートはテニスの品位を下げると批判されましたが、動きやすく実用的なウェアだったことから、その後の大会でほかの選手にも取り入れられ、女子テニスウェアとして定着していったのです。

 

ちなみにテニスなどのスポーツ用ミニスカートは「スコート」と呼ばれますが、これは一般的なミニスカートと区別するために「スコート」と呼ぶようになったとされています。

 

▪まとめ

いかがでしたでしょうか?

ミニスカートは、昔も今も女性の自由を象徴するファッションなのですね。

テニスウェアのスコートが段々短くなっていったのも、時代背景とテニスの発展が感じられて納得しました。

ミニスカートの日には、自分の「かわいい」や「カッコいい」を表現できるファッションに身を包んで街を歩いてみてはいかがでしょうか。

10月18日は何の日?誕生日の有名人や星座、花言葉・運勢・性格は

 

他にもおもしろい記念日がたくさんあります!

今日は何の日?毎日が記念日カレンダー

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-10月の話題・行事・イベント, 今日は何の日・記念日

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.