最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

花言葉・誕生花

クロッカスの花言葉。春の訪れを告げる花でも、実は怖い花言葉が

更新日:

クロッカスといえば、大きな花弁に鮮やかな色が印象的な花です。

春の訪れを感じさせるイメージから、贈り物とされることも多いですが、その花言葉をご存知でしょうか?クロッカスは品種が多い分、花言葉もいくつか存在します。

 

スポンサードリンク

クロッカスの花言葉

クロッカス全般の花言葉は「青春の喜び」「切望」です。

春に咲く花は、青春の意味を含むとされるケースが多く、「青春の喜び」の花言葉もクロッカスがヨーロッパにおいて、古くから春の訪れを告げる花とされてきたことに由来します。

「切望」の花言葉は、クロッカスが花開く春を待ち望むという意味であるともいわれています。

 

色別の花言葉

クロッカスは実はとてもカラフルな花です。明るいものだけではなく、暗い色や淡い色もあります。

そんなクロッカスは、色によって花言葉が異なります。

 

紫色のクロッカス「愛の後悔」

ミステリアスな紫色のクロッカスはいつもと違う雰囲気を演出するのにぴったりです。

マイナスのイメージが強いこの花言葉も、クロッカスとスミラックスのお話が由来とされています。

 

黄色いクロッカス「私を信じて」

存在感のある黄色のクロッカスには、切願するような花言葉が付けられています。喧嘩やすれ違いのあった人であったり、プロポーズや結婚記念日のプレゼントにいかがでしょうか?

 

他にも白色などのクロッカスがありますが、それらには特に決まった花言葉は付けられていないようです。

 

西洋での花言葉

西洋での花言葉は、「youthful gladness(青春の喜び)」「cheerfulness(上機嫌、元気)」です。

日本の花言葉と同様、春の訪れを告げる花とされてきたことに由来していることが分かります。

 

実は怖い花言葉

春の訪れを意識させるイメージの花言葉が多いですが、花言葉に「裏切らないで」というものがあります。

こちらの花言葉は、クロッカスとスミラックスのお話が由来とされています。

 

美青年のクロッカスは、羊飼いの娘スミラックスと恋に落ち、結婚の約束をしました。

しかし、神々は二人の結婚を許しませんでした。

絶望のあまりクロッカスは自殺し、残されたスミラックスは悲しみのどん底につき落とされてしまいます。

二人を哀れんだ花の女神フローラは青年をクロッカスの花に、娘をスミラックス(サルトリイバラ)の花に変えたのだといいます。

このお話から「裏切らないで」という花言葉が生まれました。

 

使ってはいけない花言葉

クロッカスは贈り物に適した花ではありますが、あまり良くない意味の花言葉もあるので注意しなければいけません。

紫色のクロッカス「愛の後悔」といったものです。

マイナスのイメージが強いこの花言葉も、クロッカスとスミラックスのお話が由来とされています。

この花言葉からわかるように、好きな人や恋人に紫クロッカスを贈るのは避けたほうが良さそうです。

しかし、他の花と組み合わせることでプラスの意味の花言葉に変えることができます。

例えば、黄色クロッカスと紫クロッカスです。

黄色クロッカスの花言葉である「私を信じて」と紫クロッカスの花言葉である「愛の後悔」が合わさって「後悔したくないから私を信じて」という花言葉に変わります。

そうすることで、プラスの花言葉になり自分の気持ちをしっかり伝えることができます。

 

スポンサードリンク

クロッカスとは

クロッカスの特徴

耐寒性秋植え球根植物で、あやめ科サフラン属の多年草です。

花期は3月~4月になります。

原産地はヨーロッパ南部や地中海沿岸から小アジアになります。

晩秋に咲き、花を薬用やスパイスとして用いるサフランに対し、クロッカスは早春に咲き、観賞用のみに栽培されるため、春サフラン、花サフランなどと呼ばれています。

球根は直径4cmくらいの球茎で、根生葉は革質のさやに覆われていますが、細長く、花の終わった後によく伸びます。

花はほとんど地上すれすれの所に咲きます。

植物学上は、クリサントゥスCrocus chrysanthusを原種とする黄色種と、ヴェルヌスC. vernusを原種とする白・紫系の品種とは別種ですが、園芸では同一種として扱われ、花壇・鉢植え・水栽培に利用されています。

 

クロッカスの名前の由来

クロッカス属の学名「Crocus(クロッカス)」は、ギリシア語の「krokos(糸)」を語源とし、長く糸状に伸びるめしべをもつことにちなんでいます。

 

クロッカスの種類

クロッカスは種類も豊富で約80種類以上あると言われています。

花の色も黄色、紫、白、赤紫、薄紫や縦の筋や網目状の模様が入っているものもあります。

 

クロッカスの品種

クロッカスは世界中にたくさんの品種があり、その形や名前もそれぞれ個性的で、同じクロッカスでも全く違う美しさがあります。

 

「アードシェンク」 

開花は2〜3月で、花は白で中心部は黄色いのが特徴的です。

 

「ブルーパール」 

開花は2~3月です。花はごく淡い薄紫色で、花弁の外側に薄紫色のすじ模様が入り、中心部は黄色になります。

 

「サフラン」 

秋咲き種です。赤の雌しべが特徴的です。大きな球根で、植えつけずそのまま机の上においても咲きます。

 

「クロッカス・スペシオサス」 

秋咲き種で10月頃咲きます。‘コンケロール’などいくつかの品種があり、葉はあとから出ます。

 

「クロッカス・シーベリー」 

寒咲き種です。2月上旬ごろに咲く早咲き種です。

 

「アドバンス」

寒咲きクロッカスと呼ばれるクリサンサスハイブリッドの1品種です。このグループは品種がバラエティに富んでいます。

 

「イエロー・マンモス」

明るいオレンジ色や黄色い花を咲かせるC・フラバスの交配種です。春咲き種で、2月から3月に開花します。

 

「ジャンヌ・ダルク」

3月から4月咲きの大輪種で、ダッチクロッカスと呼ばれるC・ベルナスの園芸品種の一つです。

 

色や大きさによって、違う花のように特徴がありますが、どの種類もとても綺麗です。

育てやすく、女性に人気のクロッカスを、ぜひみなさんも育てたり誰かへ贈ってみたりしてみませんか?

 

→ 花言葉 誕生花月別一覧

→ 花言葉 五十音順一覧まとめ

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-花言葉・誕生花

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.