最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

花言葉・誕生花

シクラメンの花言葉。赤、白、ピンク、青と色で違う花言葉も

投稿日:

SPONSORED LINK

シクラメンといえば、大きめな花弁に鮮やかな色が印象的な花です。女性らしいイメージから、贈り物とされることも多いですが、その花言葉をご存知でしょうか?シクラメンは品種が多い分、花言葉もいくつか存在します。

 

スポンサードリンク

シクラメンの花言葉

シクラメン全般の花言葉は「遠慮」、「気後れ」、「内気」、「はにかみ」です。

昔、イスラエルのソロモン王が花の形を王冠に使おうとして花たちに断られたとき、「私の形を使ってください」とシクラメンが恥ずかしそうにささやき、その時からうつむいて咲くようになった、という伝説からこの花言葉がつけられたそうです。

また、これら花言葉は、シクラメンの植物的な特徴も由来になってます。

シクラメンは雨から花粉を守るために、下向きに咲く事から恥じらって咲いているように見えるからです。

 

色別の花言葉

シクラメンはピンク色のものが多いのですが、実はとてもカラフルな花です。明るいものだけではなく、暗い色や淡い色もあります。

そんなシクラメンは、色によって花言葉が異なります。

 

赤色のシクラメン

「愛情」「きずな」「はにかみ」「嫉妬」

これは反り返って咲く花びらを、炎のように見えるから、燃え上がる嫉妬心を連想したものと言われています。

また、愛情も燃え上がる愛という意味で付けられたのかも知れませんね。

贈る相手やシチュエーションによって花言葉の意味合いが変わってくるといえます。

 

白色のシクラメン

「清純」「綿密な判断」「思いやり」

白というのは、無垢さや透明感といった印象をあたえるので、このような花言葉がついたのでしょう。

シクラメンの花の色には、もともと白の種類はありませんでしたが、品種改良をして白い花を作り出しました。白いシクラメンを贈るとちょっと珍しがってもらえそうです。

 

ピンク色のシクラメン

「憧れ」「内気」「はにかみ」

シクラメンが持つ、控えめな慎ましさがよく表れている花言葉ですね。

ピンクは赤を少し薄めた色なので、うぶな愛情表現とも受け取れます。

憧れの人に贈る際にぴったりな花言葉なので、花言葉も一緒に伝えてみるといいですね。

 

青色のシクラメン

「遠慮」「恥じらい」

白や赤のシクラメンに比べて出回っている数が少なく、希少性があります。品種にもよりますが、花びらは青より紫に近い色をしています。

その奥ゆかしい佇まいから、この花言葉になったのかもしれません。

 

他にも紫などの色のシクラメンがありますが、それらには特に決まった花言葉は付けられていないようです。

 

西洋での花言葉

シクラメンの西洋での花言葉は、timid hope(遠慮がちな期待)、shyness(内気・はにかみ)、resignation and good-bye(退職と別れの言葉)です。

日本で用いられている花言葉とは違う意味合いになりますね。

「退職と別れの言葉」は言葉的に会社を辞める人に、贈るのがおすすめかも知れませんね。

 

実は怖い花言葉

ありませんでした。

 

使ってはいけない花言葉

シクラメンは贈り物に適した花ではありますが、あまり良くない意味の花言葉もあるので注意しなければいけません。

前述しましたが、「気後れ」や赤のシクラメンの花言葉「嫉妬」といったものです。

気後れは怯む、尻込みするといった心持ちを意味する表現で、嫉妬は自分より優れている人を羨み妬むこと、自分の愛する者の愛情が他の人に向けられるのを恨み憎むこと、やきもちとあります。

ネガティブな言葉ですが、基本的には良い意味の花言葉が一般的に使われているので、あまり気にする必要はないと思います。

 

スポンサードリンク

シクラメンとは

シクラメンの特徴

シクラメンはサクラソウ科シクラメン属の多年草で原産国は西南アジアです。

花の少ない冬に多くの花を咲かせてくれる球根植物で、茎先に花冠が5つに裂けた花が1輪ずつ咲きます。

シクラメンの花期は秋から春になり、冬の花としても有名です。

花の色は、赤、白、紫色、ピンクなどがありますが、現在グラデーションのかかるものや多弁咲きのものなどが開発されています。

 

シクラメンの名前の由来

「シクラメン」の英名は「Cyclamen」です。

語源はギリシア語で円(Circle)を意味する”kuklos”に基づき、球根の形が丸いことにちなむそうです。

和名は、花茎の先に反り返って咲く花の様子から「篝火花(かがりびばな)」といいます。

また、豚が根茎を食べることから、英語でsowbread(豚のパン)ともいい、その訳語で「豚の饅頭」とも呼ばれます。

 

シクラメンの種類

シクラメンの花形は、八重咲きや花弁にウェーブが入るロココ咲きなど、さらには香りをもつ品種まで、毎年次々と新品種が発表されています。

八重咲き品種はタネがつきにくく、花もちがよいといった特徴があります。

また、個性的な斑の入る緑葉のほかに、シルバーリーフあるいはプラチナリーフと呼ばれる銀葉があり、花とのコントラストが美しく、より気品高い印象を感じさせます。

株と花の大きさによって、大輪系、中輪系、小輪系(ミニシクラメン)にタイプ分けされ、さらに寒さに比較的強く庭植えにもできるガーデンシクラメンがあり、それぞれ栽培の最低温度が異なります。

育て方には、葉を枯らして球根だけの状態で夏越しさせる「休眠法」と、葉を残して生育させながら夏越しさせる「非休眠法」の2つの方法があります。

 

シクラメンの品種

シクラメンは品種改良がさかんにおこなわれています。

その形や名前もそれぞれ個性的で、同じシクラメンでも全く違う美しさがあります。

「フローレット・ピンク」 

「サットン・パペット・ピンク」という品種に、野生の「ペルシカム」という品種を掛け合わせて作られた小型品種です。

高さ10〜12cmに生長し、縁が波打ったピンク色の花を咲かせます。

「いづものかおり」 

高さ10〜15cmとやや大型のシクラメンの品種です。

中心が濃いピンク、周りは薄いピンクと2色の花びらが美しく、濃い緑色の葉っぱをたくさん生やします。

「フローレット・ホワイト」 

「ザルトローザ・ミット・アウゲ」と「ペルシカム」を交配して作られた小型品種です。

中心が紅紫色、周囲が淡いピンク色の花は、強い香りを帯びています。

 

色や大きさによって、違う花のように特徴がありますが、どの種類も冬の間に咲いている貴重な花です。

人気のシクラメンを、ぜひみなさんも育てたり誰かへ贈ってみたりしてみませんか?

→ 花言葉 誕生花月別一覧

→ 花言葉 五十音順一覧まとめ

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-花言葉・誕生花

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.